« フェスの翌日はどちらへ? | トップページ | ロイ田沢のライブ・リポート »

小樽の前哨戦

Dsc00683 Dsc00690 絶妙のアンサンブルを誇るThe Way-Faring Strangersは小樽フェスに先立ち、第21回ビッグマウンテンオープリー(5/28、神奈川県・伊勢原市民文化会館小ホール)で、出演した全14ブルーグラスバンドのトリを務めました。完ぺき主義に徹する彼らだけに楽屋「写真左」での練習も入念。オープリー方式*のため各バンドとも3~4曲で次々と交代するが、ウエイファーにはアンコールの声やまず、Chokoo Birdなどさらに2曲を歌い声援に応えました。

*本場ナッシュビルのラジオ生中継カントリー音楽番組、Grand Ole Opryでのショー形式

|

« フェスの翌日はどちらへ? | トップページ | ロイ田沢のライブ・リポート »

コメント

昨日、BACK IN TOWNでお会いした内藤です。

OTARU CWFのプログラム拝見しました。これだけ内容の濃いカントリーイベントを前売り1,500円の入場料で運営されていることにロイさんのカントリーと故郷に対する愛情をひしひしと伝わってきます。
(昨日前売り2,500円とお聞きしたような気がしますが、このブログでは1,500円となっていますが、1,500円ではさすがにムリではないかと・・・)

今回は、ちょっとお伺いできそうもありませんが、京都の先輩フアンが書かれていたように、ワタシもリタイアしたら「小樽カントリー」に合わせ梅雨のない北海道をゆっくりと回るつもりです。

イベントの成功をお祈りしております。

投稿: 夜の騎士 | 2006年5月30日 (火) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェスの翌日はどちらへ? | トップページ | ロイ田沢のライブ・リポート »