« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の投稿

ご来場お待ちしております!

”梅雨のない北海道”らしくないうっとうしい日が続きますが、明日からは本来のすがすがしい天候となりそうです。第3回小樽ウエスタンフェスの会場・小樽市民センター(マリンホール)はカントリー・ウエスタンで盛り上がります。Y'all Come!

| | コメント (0)

いよいよ今週末、小樽フェス

見どころ、聴きどころ満載の第3回小樽ウエスタンフェスは、この週末6/24(土)、14:20から小樽市民センター(マリンホール)で開催です。

北海道初公開、5人編成で迫力のクログダンス!

中島ファミリーバンドの美砂、小樽初公演!

北大ブル研、ベストメンバーによる小樽最終公演!

カントリーロック、福森千花のナッシュビル帰り早々の小樽公演!

ウエイファーと千花のブルーグラス初共演!

小樽出身、ホンキトンクピアニストが大野真虎バンドで!

★ようこそ、ビル・コンウエイfrom アメリカ!

どうぞお見逃しなく!

| | コメント (0)

アフターフェス交流会

Info_15 Info_10 小樽フェス会場のすぐ裏手、海側にあるカフェBBCは3階建ての歴史的建造物・旧前堀商店(築1919年)です。今だ中身が確認されないままの大金庫が鎮座している内部には、PA完備のステージや木張りのカントリーダンススペースも。今年もマリンホール終演後、ここで打ち上げ交流会を行います。複数の出演バンドや東京のカントリーダンサーのみなさんを囲んで、どうぞフェスの余韻をお楽しみください。

日時:2006年6月24日(土)  18:45~20:45

場所:カフェBBC 小樽市色内2-9-22

会費:¥2、000(free food&drink)

予約・問い合わせ先:BBC 0134-22-9363

| | コメント (1)

小樽フェスまであと1週間

Ocwflogo  2004年6月に産声を上げた小樽ウエスタンフェスは、早や3年目を迎えます。全国でも珍しいコンサートホールでの、ブルーグラス、カントリー、カントリーダンスの3本立て。本州からも大勢のカントリー音楽ファンが観光を兼ね、緑したたるノスタルジック・ポート・シティを目指して参ります。どうぞお見逃しなく。

<出演予定>
★伝説のブルーグラスバンドThe Way-Faring Strangers(東京)
★北大ブル研の選りすぐり、染田屋光高とStar's Dream(札幌)
★カントリーダンスのトップ指導者、ファーリー井口とリリー飯塚(東京)
★カントリーロックの新星、福森千花とCountry Rock Special(札幌)
★道内No.1カントリーボーカリスト大野真虎と Hoppers Ground(札幌)
<初参加>中島ファミリーバンド末娘・美砂のWingrass(札幌)
★総合司会 石橋やちよ/FMおたるアナウンサー部長(小樽)

<後 援>
北海道教育委員会、在札幌米国総領事館、小樽市、小樽観光協会、小樽青年会議所、東京小樽会、北海道新聞ほか              
                                                                             
開催日時:2006-6-24(土) 14:00開場、18:00終演予定      
会  場:小樽市民センター(マリンホール)                              
入 場 料:前売り¥1,500 当日¥2,000

チケット好評発売中                    

<チケット取扱店>

玉光堂・駅前店 (稲穂2) 0134-34-3388             
光栄堂楽器店(花園1)0134-23-5288                              
トーンポエム(花園3)0134-31-6628
ファニーWing Bayオタル店(築港11)0134-31-7111                     

実行委員会事務局 (東雲町4) 0134-25-3632

                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフターフェス

Mimimu こんどの小樽フェスが最後の出番となる染田屋光高率いるStar's Dreamのうち2名は耳夢のメンバー。この耳夢が本州から小野彩子と村田哲郎を迎え札幌でリユニオン公演をします。"Cotton Fields"などすばらしいハーモニーは健在でしょう。

| | コメント (0)

Rocky Top

本場ではThe Osborne Brothersが歌うブルーグラスの名曲。東京・銀座には同名の山小屋風ライブハウスもありますね。実はこの曲、今度の小樽フェスの会場に響きわたります。故郷賛歌の歌詞(サビのみ)はこんな具合です。いつ、どのバンドが?どのように?お楽しみに!

♪Rocky top, you'll always be 

 Home sweet home to me

 Good ole rocky top

 Rocky top Tennessee

 Rocky top Tennessee

| | コメント (0)

アフターフェス観光

小樽フェスの翌日(6/25)、小樽港第三埠頭に大型クルーズ船”ぱしふぃっく びいなす”(26,518トン、入港08:00,出航22:00)の美しい姿を見ることができます。間近で見るもよし。毛無山展望台などから遠望するもよし。また、小樽には地元の人にも見逃されてる宝物が豊富です。数多くの坂道、古い建造物に残されてる屋号(印、ロゴマーク)、べこもち、大福など老舗の餅、日本そばもうまいし、蕎麦屋のラーメンもまたよし。どうぞ、存分に探訪してください。

| | コメント (0)

北大祭のスターズ・ドリーム

Cimg1166_1 会期中全面禁酒で話題となった今年の北大祭(6/1-4)ですが、白樺の若葉目にしみるキャンパスのブル研特設ステージではStar's Dream(通常のバンド名はHot Rice)も若きエネルギーを発散させました。小樽フェスでは最高の仕上がりでのパーフォーマンスが期待されます。

| | コメント (0)

南蛮ナイトのウイングラス

Cimg1176 アメリカ音楽の宴、第3回南蛮ナイト(6/4,@札幌LOG、主催:大野真虎)では、久々のフルメンバーでウイングラス「写真」が熱演しました。小樽フェスの舞台では彼らがトップを飾ります。

| | コメント (0)

余談/郷愁の小樽運河

Zpfile000東京美術館(上野)で開催中のたぶろう展(6/10まで。入場無料)には東京都議会議長賞を獲得した”郷愁の小樽運河”(作:佐藤弘次)が展示されてます。絵心をそそる風景に事欠かない小樽ですが、運河はその筆頭といえるでしょう。3週間後に開催される小樽フェス会場のマリンホールはこの運河まで徒歩5分です。

| | コメント (0)

前売りチケット、札幌では

小樽フェスの札幌市内でのチケット購入先をお知らせいたします。

ディーンズ・カレー(札幌市・豊平区)=TEL/FAX011-812-3383  Mobil 090-9435-9120(柴岡)

| | コメント (1)

二大トピックス

ブルーグラス専門誌、ムーン・シャイナー6月号に小樽フェスウイングラスの高瀬洋平・中島美砂夫妻が参加する中島ファーミリーバンドが特集されました。

<購入先・お問い合わせ先>

小樽販売店=トーンポエム(花園3,電話0134-25-3632)

発行元=O.B.M.サービス(宝塚市、電話0797-87-0561)

| | コメント (0)

夜の騎士

カントリー音楽の熱心なリスナーで、夜の騎士(Knight In Night)のペンネームを持つ神奈川県在住の内藤さんから、小樽フェスに関するうれしいコメントが寄せられました。

内容はコメント一覧をクリックしてご覧ください。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »