« 小樽事務局クローズ | トップページ | ロイ田沢の小樽フェス速報 »

”港町に響くカントリー”

北海道新聞・札幌圏版で既報(6/25朝刊)のように、第3回小樽カントリー&ウエスタンフェスティバル(6/24、マリンホール)は、昨年を上回る総入場者400名を超える大盛況のもと、つつがなく閉幕いたしました。開幕と同時に、Wingrass (札幌)の演奏するRocky Topに乗せ繰り広げられたクログダンスに、和楽器演奏風のインストでの演歌”与作”とサプライズが続き、北大ブル研Star's Dreamの白シャツに黒のサスペンダー姿の4人と赤いドレスのフィドラーの若きエネルギーが爆発し、対照的に還暦ベテラン、ブルーグラスバンドThe Way-Faring Strangers(東京) の円熟のハーモニー、さらにナッシュビル帰りの福森千花(札幌)との”母からの便り”の競演。大野真虎(札幌)の渋くも甘いカントリー、ファーリー井口、リリー飯塚(東京)のカントリーダンスチームによる華麗な踊り、小樽カントリーダンス教室のミュージカル風カントリーダンスなどなどが、石橋やちよ(FMおたる)の総合司会とディーン柴岡、プリティ堺のアシストで4時間にわたり繰り広げられました。ご来場のみなさま、ありがとうございました。ご後援、ご協賛、チケット販売にご協力のみなみなさま、ありがとうございました。アーティストとスタッフのみなさまお疲れさまでした。

|

« 小樽事務局クローズ | トップページ | ロイ田沢の小樽フェス速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽事務局クローズ | トップページ | ロイ田沢の小樽フェス速報 »