« 小樽フェス回顧2006 | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »

小樽フェス回顧2006<続>

今年の小樽フェスはリリー飯塚とクラブハウディ・ダンサーズによる北海道初公開のクログダンスで開幕Clogging中島美砂&ウイングラスが演奏するRocky Topに乗せパーカッシブ・シューズの軽快な音がマリンホールに響き渡った。 Wingrass_2 染田屋光高率いる北大ブル研のスターズ・ドリームはこの顔ぶれでは今年が最後。若さ溢れる演奏ぶりが翌日の道新に大きく報道された。Stars_dream_1

ファーリ井口によるカントリーダンス教室に続き、円熟のブルーグラス・ハーモニー・スインギングバンドザ・ウエイファーリング・ストレンジャーズが目下ナッシュビル留学中の福森千花と”母からの便り”を共演、400名の聴衆を魅了したChikawf大野真虎はしぶいホンキトンク・カントリーで今年もトリを務めた。Shingo

グランドフィナーレは全出演陣によるYou Are My Sunshine。カントリー&ブルーグラス、そしてカントリーダンスの3本立てホールコンサートはノスタルジックなこの港町で育まれている・・・。

06finale

|

« 小樽フェス回顧2006 | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽フェス回顧2006 | トップページ | 明けまして、おめでとうございます »