« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の投稿

一足お先に札幌で

Doug_jacki Ocwf05 今年も小樽フェスのステージを軽快な踊りで彩るファーリー井口とリリー飯塚が米国から招かれたダグ&ミランダ「写真左」とともに、カントリーダンスジャムin札幌に出演いたします。

日時:2007年6月2~3日(土、日)、会場:札幌市生涯学習センター「ちえりあ」、参加費:¥5,000(前夜祭、講習会)、問い合わせ先:090-9436-3448(杉渕)

| | コメント (0)

小樽フェスまで4週間

Marinehall Stage 第4回小樽フェス(6/23)まで4週間を切りました。今年4月から会場マリンホール「写真」のロビーは全面禁煙となり、従来の喫煙ゾーンにはバーコーナーなどを仮設できるようになりました。当日はステージの合間に生ビールをサービス(有料)いたします。また、本番1週間前(6/16)には、ウイングベイ(小樽市築港)で北大ブル研・Star's Dreamの生演奏とカントリーダンスによる盛り上げPRイベント(入場無料)も行いますので、お気軽に遊びにおでかけください。

*Star's Dreamステージ(@ネイチャーチャンバー):2pm~、3:30pm~各30分予定

| | コメント (0)

母の日ライブ二つ

Sapporo Tokorozawa 母の日の5月13日、札幌ではWingrassの単独ライブが市内Logで、関東では金平隆主催の第12回ロンスターピクニックが所沢航空公園「写真右」で行われました。第4回小樽フェス(6/23)ではWingrassがトップバッターを務め、JT金平が大野真虎とフィナレーを飾ります。

| | コメント (0)

小樽フェス・プレイベント

Wingbay 小樽フェスの1週間前にPRイベントを開催します。会場はウオーターフロントモール、ウイングベイ「写真」の噴水ステージ。6/16土曜日の昼下がり、北大ブルーグラス研究会Star's Dreamの生演奏とカントリーラインダンスをお楽しみください。

<小樽フェス ニュースリリース>

1週間前プレ・イベント

                                                             2007-5-10

                                                            

名称:第4回小樽カントリー&ウエスタン・フェステバル・プレイベント                

場所:小樽ウイングベイ・ネイチャーチャンバー(噴水ステージ)

日時:2007616日(土)開演14:00  終演16:00

内容:

20046月に産声を上げた小樽ウエスタンフェスは、知名度も高まってまいりました。

今年度は更なる新規観客層拡大のため本番直前プロモーションイベントを開催いたします。

会場は小樽港マリナーや裕次郎記念館に面した大型複合商業施設・ウイングベイ(旧マイカル小樽)にある5層吹き抜けアトリウムです。

プログラム:①ブルーグラスバンドの生演奏とカントリー&ブルーグラス音楽の紹介 

     ②カントリーダンスの紹介、ワークショップとデモダンス

            ③一般カントリーダンサーの踊り

★入場無料

出演者:①ブルーグラスバンド、石丸貴史とスターズ・ドリーム(北大ブル研)

    ②小樽カントリー&ウエスタン・ダンススクール所属メンバー ほか

    ③カントリーダンス・インストラクター 柴岡好人

④司会 ロイ田沢(OCWF企画委員長)

主催:小樽カントリー&ウエスタン・フェステバル実行委員会

   

<問い合わせ先>

OCWF現地事務局(小樽市東雲町4TEL/FAX  0134-25-3632

★本部359-0041埼玉県所沢市中新井3-20 B708

イベント業務管理者(第940088号)ロイ企画代表 田沢良介

TEL04-2942-0552, FAX04-2942-0524, E-mail roy-ocwf@nifty.com

| | コメント (0)

ブルーグラスな二人旅

Sub2 Asanabe 小樽フェスに出演する6人編成のシャギー・マウンテン・ボーイズのお2人「写真左・朝倉、右・渡辺」がブラザー・デュオ・スタイルでおしゃれなライブをしてます。第3回目の次回は5/12(土)。定例会場は西宮の閑静な和邸宅、”壱服庵”です。モンロー・ブラザーズの心に響くハーモニーが聞こえてきそうですね。

| | コメント (0)

小樽フェスまであと50日

Logo2005 下記で前売りチケット(¥1,500)発売中です。

玉光堂・小樽駅前店 0134-34-3388

ファニー・ウイングベイ小樽店 0134-31-7711

光栄堂楽器店・小樽花園銀座街 0134-23-5288

オールドギターショップ・トーンポエム 0134-31-6628

<問い合わせ先>OCWF実行委員会

0134-25-3632 roy-ocwf@nifty.com

| | コメント (0)

北の師弟共演<8>

Shingojt 大野真虎(札幌、写真左)がかっての師匠、金平隆(東京、写真右)と第4回小樽フェスで共演します。さあ、どんな曲を聴かせてくれるのでしょう。

大野真虎とHoppers Ground                                     
大野真虎Shingo Ohno/1962東京生まれ プロ・カントリー・ミュージシャン。
21歳で金平隆のバンドに参加、米軍キャンプなどで修行後、Catfish Creekを結成独立。1994年渡米、本場ナッシュビルで活動帰国後、CDアルバム2枚(1996、1999)制作。2005年真吾から真虎に改名。2006年から札幌でアメリカン音楽の宴”南蛮ナイト”を主宰のほか札幌、小樽のライブハウスや関東ツアーで活動中。

●大野真虎=ギター&メインボーカル ●ミートマン橋本=エレキベース ●久保拓馬=ハーモニカ&ボーカル
●ビル・コンウエイ=ドラムス&ボーカル ●鈴木 裕=フィドル&ギター ●平岡 健=キーボード

金平 隆 Takashi(JT) Kanehira                 特別ゲスト
1946年島根県松江生まれ。プロ・カントリー・ミュージシャン。東京在住
明大時代から同大のバンド、Country Capersで活躍、米軍キャンプなどでの演奏活動を経て1982年にTexas Companyを結成。1998年には日替わりでカントリーライブを楽しめ、カントリーダンスも踊れるLonestar Cafe(高田馬場)をオープン。テキサス州、ナッシュビル、ブランソンなど本場への音楽ツアー(年2回)企画や、初夏のロンスター・ピクニック(5月第2日曜日、所沢航空公園)など多彩な音楽活動を展開している。昨年4月にはナッシュビルで5作目のCDアルバムを収録。

| | コメント (0)

★千花、ロンスターで歌う

Img_1205 ナッシュビルからヒューストン経由で成田に帰着した福森千花「写真上」は、札幌に向かう前にしばしの首都圏滞在。小樽フェスに初出演する金平 隆「写真左端」の店、ロンスターカフェ(東京・高田馬場)にも立ち寄り、Rose Gardenを披露。風邪気味とはいえ持ち前の声量でオープン・ステージ・ナイト*の客を魅了しました。同行のロイ田沢「写真下、右」も小樽フェスの宣伝を兼ね1曲。Img_1199

*毎月第2、4の月曜日に故ジミー時田のバンド所属のフィドラー高野秀臣を迎えて行う”客が歌う”ナイトショー。

| | コメント (0)

帰ってきた福森千花<7>

Chikakao_1 1年間のナッシュビル留学を終え、福森千花が帰国しました。小樽フェスでは、本場カントリーの栄養分をたっぷり吸収したすばらしい歌声を期待しましょう。また、今回は札幌「キャバーンクラブ」のオーナーでエレキ・ギターの名手、緒方命二が初参加、千花を引き立てます。

福森千花とCountry Rock Special                    カントリーロック
福森千花 Chika Fukumori/1971年北海道・岩内生まれ。プロ・カントリー・ミュージャン
札幌でOL勤務のかたわら歌の勉強、1997年鈴木塾門下生となる。1998年より2年連続、日本アマチュア・シャンソンコンクール北海道大会で優勝。2001年プロとして独立。2004年6月ナッシュビルを初訪問し、カントリーロック歌手としての進路を決める。2005年から小樽フェスに出演。同年10月ファーストCD”母からの便り”を発売。昨年5月からナッシュビルのバンダービルト大に語学留学。この間ボイス・トレーニングも続け、市内トゥッティーズなど有名ライブ店のステージに立ち1年の修行を重ね、この4月にナッシュビル・サウンドを満載して帰国。

●福森千花=メインボーカル&ギター ●青砥義隆=キーボード ●緒方命二=1st エレキギター
●青山浩之=2nd エレキギター&コーラス ●安部敏彦=アコースティツク・ギター&コーラス
●寺尾由孝=エレキベース ●塩尻修治=ドラムス  

| | コメント (0)

東京からカントリーダンサー5名<6>

Farylily Clogging_1 我が国トップクラスのカントリーダンス指導者、ファーリー井口&リリー飯塚「写真左」は4年連続小樽フェス出演。友原、黒田、山田などクラブ・ハウディ・ダンサーズも加わり華麗なデモダンスを繰り広げます。昨年、好評だったクログダンス「写真右」、今年も趣向を変えお届けします。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »