« 耳夢、銀座ロッキートップで再演 | トップページ | 所沢カントリー・ミーティング2008 »

小樽フェスの所沢バージョン

Tcm_001 Tcm_004 10年間続けてきた西武鉄道沿線在住のカントリー、ブルーグラスバンド仲間たちによる内輪の新年会New Year's Picking Partyを少し発展させた、所沢カントリーミーティング2008が1/26(土)夕刻から所沢市並木公民館ホール(160席)で行われ、ブルーグラス3、カントリー2、フォーク1,ハワイアン1,ジャグ1の計8の玉石混淆バンド、カントリーダンス、フラダンス各1団体、一般リスナーを含め100名近くが集いました。幅10m、奥行き7mの舞台のバックには星条旗を中心にカントリー&ウエスタン音楽になじみの深いロンスター・テキサス旗など5州の旗と南軍旗が掲げられ、外部から音響システムとPAオペレーターを導入して賑やかに繰り広げられました。”小樽だけでなく地元(所沢市)でも出来ないのか”との地域長老諸兄に背中を押されロイ田沢がこの実験劇場の世話役を務めました。

写真左:Blue Sky Boys  右:Great Valley Boys 提供:前川 新

|

« 耳夢、銀座ロッキートップで再演 | トップページ | 所沢カントリー・ミーティング2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耳夢、銀座ロッキートップで再演 | トップページ | 所沢カントリー・ミーティング2008 »