« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の投稿

いよいよ発売です。

Mimg_1027 小樽フェスの”応援団長”、マイク伊藤の著作「音楽から見えるアメリカ」~カントリー&ウエスタンとともに40年~が来る2月25日より全国書店で発売されます。6月28日の小樽フェス会場、マリンホールでも当日販売いたします。

発行:彩流社、 定価¥2,100(税込み)

| | コメント (1)

小樽・雪あかりの路

Yukiakari Yukiakariyoru 小樽名物の全市民参加型スノーイベント、第10回雪あかりの路(2/8~17)は過去最大の575,000人(昨年は560,000人)でにぎわい無事終幕しました。ちなみに昨年夏、この写真の撮影場所である小樽運河・浅草橋では地元ブルーグラスバンドGrass 07が演奏してます。

Grass07 写真提供:KOTO

| | コメント (0)

雪のはっぽん

0000321m 第5回小樽フェスに初参加するカントリーバンドOle Country Boysのライブを覗いてきました。北海道はさっぽろ雪祭り、小樽の雪あかりの路などスノーイベントが今たけなわ。東京も負けじと2/9は雪でした。ここ国立のはっぽんでは毎月第2土曜日が、ハーモニーボーカルが特にすばらしいOCBの出番です。店全体がステージを標榜するはっぽん、お客さんたちは自慢のカントリーナンバーを披露し、カントリーダンサーたちも狭いながら木の床で気持ちよさそうにブーツでステップを踏んでました。

写真提供:黒部一好

| | コメント (0)

所沢カントリー・ミーティング2008

26172509 所沢にもカントリー音楽フェスを
先ずは公民館で小手調べ

 所沢といえば西武鉄道の本拠地でコーポレートカラーはブルー、筆者の住む航空公園近くの所沢ニュータウンの高層集合住宅名はスカイマンション、こんなことから1986年地元で立ち上げたカントリー&ブルーグラスバンドをBlue Sky Boysと命名した。同名のブラザー・デュオの大先輩が本場・アメリカに存在してたのを知ったのは不覚にも後のこと。このBSBがホスト・バンドとなり、所沢市並木公民館多目的ホールを会場に10年続けてきた西武沿線在住のカントリー愛好者が集う新年演奏会・New Year's Pickiy Partyを衣替えして、昨今のおじさんバンドの増勢、カントリーダンス熱の高まりの中、実験的な意味合いも込め開催。以下進行順にバンド紹介と演奏曲をあげていこう。

 26174214  17:15 ~Blue Sky Boys Reunion Band(カントリー&ブルーグラス):1988年10月、国立リハビリセンターでママさんだけのマンドリンオーケストラ、ラス・マンドリーナスの前座として初演以降、公民館まつり、市文化祭、毛呂山民族音楽祭、都内・市内ライブハウスなどで1990年代後半まで活動。神戸の名門シャギーの元バンジョー弾き、森田を擁し、グラース・フリークのメインボーカル内野英治も在籍した。★森田福司(Fi,Gi&Vo)、豊田明(Ma&Vo)、佐藤正善(Bj,Fi)、田沢美鶴江(Vo)、ロイ田沢(Gi&Vo)、矢野忠(EBa&Vo)☆Blue Ridge Cabin Home、Blue Moon Of Kentucky、Foggy Mountain Breakdown、The Green Green Grass Of Home、Footprints In The Snow、Sunny Side Of Life                  

Littlebt1  17:45 ~ Bluegrass Tuesday(ブルーグラス):結成2003年。練習は火曜日がバンド名の由来。原宿・こんとん館や千葉フェス、軽井沢フェスで活躍。リーダー大庭など3名は中央大学時代のバンド仲間。★大庭進(Gi&Vo)、小林明人(Ma)、岸野克己(Bj&Vo)、北条夫妻(Ma,Do)☆ Fire Ball Mail、Soldier's Joy 、Before I Met You 、We'll Meet Again Sweetheart、Love Me Daring Just Tonight、Some Old Day 、I'm Waiting To Hear You Call Me Daring

 Littleor1 18:15 ~ Orange Blossom(ブルーグラス):東大和などで定期ライブ、昨年6月にはルネ小平大ホールで米軍基地・座間のビッグ・ジャズバンドとの競演を果たした。リーダー古谷(コタニ)は銀座・ロッキートップのレギュラーバンド・ライズ&シャインのベース弾きとしても活躍中。2002年小平で発足。
★クラレンス小林(Ma)、レスター河野(Gi)、ケリー柳沢(Bj)、ジョンソン古谷(Do)、岸野克己(EBa)☆ Pick Away、When You Kneel At Mother's Grave、Just Because、I'm Using My Bible For The Road Map、I Wonder Where You Are Tonight、Sweetest Gift、Dim Light Thick Smoke、Ruben

 26184352 18:45 ~所沢カントリーダンスクラブ(デモダンス  音源テープ):1997年にタングルフットとしてスタート。2007年春に再編成。毎月第1、4土曜日、並木公民館・講堂で踊り込み。インストラクター林ちひろを中心に総勢9名がヒット曲に乗せステップを踏んだ。☆Poor Boy Shuffle (同名曲by The Tractors)、How Long(同名 by The Eagles)、 Kill The Spiders(You Need A Man Around Here by Brad Paisley) 、Country Walkin'(Whiskey Under The Bridge by Brooks & Dunn)、Shy Waltz/Doors Of Life(人生の扉 by 竹内まりや)

 19:00~ Melody Jam(フォーク):所沢市役所職員が中心のフォークバンド。紅一点、大友は大学時代PPM崇拝バンドで鳴らした。3人はBSBにも所属しているが今回はこのバンドで。★野村義男(Gi&Vo)、糟谷実(Ma&Vo)、大友康乃(Gi&Vo)、田中淳(Gi&Vo)、 西嶋寛二(Gi&Vo)☆ 500マイル、There's No Room In My Heart、Can 't Help Falling In Love、竹田の子守歌

 19:15~Aloha Enjoys(ハワイアン): ジョン大谷の指導により富岡公民館で月2回練習に励む大所帯。さらにフラダンサーも加わる。結成1年未満。★角山一成(Gi)、吉田由美(Gi)、三島英雄(Uk&Vo)、町田仁子(Uk)、野村光一(Uk)、高橋秀雄(Uk)、下薗淑子(Uk)、岩田昭子(Uk&Hula Dance)、野矢麻由(Do)、大谷寿美子(EBa)、よつ矢安子(Hula)、金井久世(Hula)、岩田千津子(Hula)☆ハワイアン・パラダイス、カイマナヒラ、アロハオエ、珊瑚礁の彼方、ハワイの結婚の歌

 19:30 ~East City Ramblers(カントリー):さいたま市を中心に活動中のソロボーカリスト5名を含む大型カントリーバンド。平成のロイ・ジェイムスの異名を持つジーン大竹がMC。結成は2002年。★ジーン大竹(Gi&Vo)、マック関(Gi&Vo)、ボブ宮本(EG&Vo)、チャーリー杉江(Mh,Sn&Vo)、ウイリー市村(EBa&Vo)、ジョニー角山(Gi)、ハーブ湯沢(PSG&Fi)、ジョン大谷(EGi&Vo)☆Thanks A Lot、
Tomorrow Never Come、Time Change Everything、Westphalia Waltz、Thanks A Lot、Folsom Prison Blues、Air Mail Special、Little Red Wagon、San Antonio Rose、Babbles In My Beer
、I Hung My Head And Cry、Dreamy Montana Moon

 20:05 ~オープンステージ★はるばる大月からのお二人、藤本昌作(大月カントリー愛好会会長)が”私に人生と言えるものがあるなら(Faded Roses)”を、小宮長政が”フォートワースの思い出”(Does Fort Worth Ever CrossYour Mind)★東京のプロ・ミュージシャン矢野忠(ドブロ)&罪☆遊子(サックス)にドラムス白野とエレキギター原 功が応援共演。☆Saint Louis Blues 、Sweet Georgia Brownなど

26202733  20:25~Great Valley Boys(カントリー):リーダーはジョン大谷。市内唯一のハーモニーボーカルを重視するカントリーバンドを目指して、富岡公民館とスカイ103で特訓中。★ジョン大谷(PSG&Vo)、司城(ツカサキ)正明(EGi&Vo)、山田雅春(EBa)、白野(ハクノ)雅保(Dr)、ロイ田沢(Gi&Vo)、野村義男(ハーモニカ)☆ My Heart Skips A Beat、Together Again、Jambalaya、Four Walls、Truck Driving Man、Silver Wings、Hey Good Looking 、Your Cheatin'  Heart、Blues Stay Away From Me、My Shoes Keep Walking Back To You

 26210832 21:00 ~フィナーレ:出演者全員でI Saw The LightとWill the circle be unbrokenを。ダンサーたちはもステージ前で華を添えた。

   さて、今回は試行錯誤の面が多々あった。音響システムとオペレーターの外部導入、時間に追われてのPA調整、ワンマイクの使用(トップのBSBはリハなし、いきなりのワンマイクで戸惑う。ブルーグラス系3バントが使用)、ドリンクコーナーの設置、リスナー・演奏者とも会費制・・・。ブルーグラス系がホワイエでジャムを楽しむシーンなどはなかなか一般の人たちには見る機会はない。それにもまして屋内ホールでカントリー、ブルーグラス、カントリーダンスを同時に行う例も全国的に珍しい。今回はさらにハワイアンとフラダンスが加わったので、正に満艦飾のカントリー・エンタテイメント。ビギナーからベテランまで玉石混淆の出演陣とはいえ、高齢化コミュニテイにおける元気づけ音楽イベントとして、これからも継続できればうれしい。
                    (リポーター:ロイ田沢 2008-2-1)

写真提供:大庭 進、生田 直

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »