« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の投稿

小樽フェスこの一曲<続>

昨年の小樽フェスでGrass 07がお披露目した小樽ワルツの作詞・作曲は夕張出身の柴岡好人氏です。曲想はどこから生まれたのかうかがってみました。なお、小樽駅前の街頭放送ではこの曲が毎日流れております。もちろん今年も歌います!
Yorunounnga
<小樽ワルツ>
 小樽は昔から私の大好きな町でした。よく覚えているのは幼いころ、海水浴に通った「祝津」の海岸です。その後、北海道博覧会が開催され水族館ができましたね。海がよく見える観覧車がお気に入りでした。 もちろん、おいしそうなツブや鰊焼きも魅力的でしたが。町を歩くと、さまざまな建造物や商店など異国の声がするような、港町の賑わいがありましたね。そんな思い出をこの曲に、、、。(ディーン柴岡)

| | コメント (0)

小樽フェスこの一曲

Rawhide 第5回小樽フェスでの各バンド演奏予定曲のうちの1曲です。

<Rawhide>
ローリン、ローリン、ローリン・・・ローハイド、フランキー・レイン(1913~2007)が高らかに歌い上げる勇壮な牛の大群の移送劇。20名そこそこのカウボーイ達が3000頭ものキャトルをテキサス州からミズリー州など消費地に向け投げ縄と鞭で追い立てる。日本のお茶の間でも人気を博した米・西部劇TVシリーズ(1959~1966)の主題歌である。主演はこの作品が出世作となったクリント・イーストウッド「写真」。隣にあの娘がいるつもりで頑張るぞ。いまはなくてさびしいが、このキャトル・ライドが終わればうまい物も彼女のキスも待っている。牛に思いやりは無用だ、走れ、走れ、追いまくれ。生皮の鞭の乾いた音が響きわたる・・・。Ole Country Boysの重厚なハーモニー・ボーカルを堪能ください。

George_contents <青い瞳のステラ1962年夏>
真虎いわく”私自身この度のコンサートではいつもながらのカントリーを唄い、そのほとんどがカバーですが、この曲については特に思い入れがあります。さかのぼること28年前、僕は子供の頃からの憧れであったこの地北海道に初めて足を下ろし、ある農場で夏休みを過ごしました。牛舎の中でガーガー雑音の鳴るAMラジオから初めてこの曲を聴きました。 歌と生きながら30年、米軍キャンプから全国のライブハウスやらナッシュビルでの3年半の歌暮らし・・・そしてこの北海道にいます。さまざまな私の記憶が去来します。そんな僕にとっての大切な歌を皆様に感じとっていただきたい・・・”和製エリック・クラプトン、柳ジョージ「写真」のヒット曲をおおの真虎が心を込めてお届けします。

Mariya_08 <人生の扉>
慶応大学・英文科中退のシンガー・ソングライター竹内まりや(53)「写真」が歌い、中高年層カントリーファンを痺れさせてるワルツ曲。日本詞に英詞がバンランス良く混在、5分半と長い曲だけに内容も濃い。”春がまた来るたび ひとつ年を重ね 目に映る景色も 少しずつ変わるよ・・・”
”I say it's fun to be 20  You say it's great to be 30 ・・・”
”満開の桜や 色づく紅葉を この先いったい何度 見ることになるだろう・・・”
”I say it's fine to be 60  You say it's alright to be 70 ・・・”。Shy Waltz やDoors Of Lifeの振り付け名でカントリーダンサーたちも踊っております。3度目のナッシュビル修業から帰国早々の福森千花がどんな味付けで披露してくれるのか楽しみです。

| | コメント (0)

小樽フェス関連イベント

第5回小樽フェスまであと6週間。本番前後の関連イベントをお知らせいたします。

プレイベント:6/22(日)14:00~16:00@ウイングベイ小樽 無料

本番:6/28(土)14:00~18:30@小樽市民センター 

交流会:6/28(土)19:00~21:00@ニュー三幸 ¥2,000

後夜祭:6/29(日)18:45~21:45@小樽倉庫No.1 無料(飲食別)

記念ゴルフコンペ:6/30(月)07:42から4組 @レラGC   

 

問い合わせ先:04-2942-0552 ロイ企画

         0134-25-3632 OCWF実行委員会

★★交流会とゴルフ大会につきましては詳細追報します。

| | コメント (0)

小樽の食べどころ

Amatou 6月の小樽はウニが旬です。市場では一船¥1,800(赤、エゾバフンウニ)、¥1,000(白、紫ウニ)程度でしょうか。

Kamaei Komainametahokke Ramen Uni Daifuku

食べどころ

1.銀鱗荘の洋食。眺望抜群(ランチコース\2500)
2.ビストロ小泉の鮭スパゲッティ、ハヤシライス、北寄貝のサラダ
3.むかし風洋食店ニュー三幸(ポークチョップ、ほっけのすり身揚げ)
4.なると(稲穂3)の若鶏の姿唐揚げ。寿司もあります
5.鮮魚店直営居酒屋の魚一新(5~10PM)
6.寿司はどこもおいしい(ベスト3は伊勢鮨、都寿司、政寿司)
7.焼き魚、煮魚、汁物なら(かじか、きらく、かすべ)
8.行列のできる民宿青塚食堂(祝津)
9.ジンギスカンなら北とうがらし
10.焼き肉なら大仁門

味自慢のラーメン店も多い
1.人工調味料無使用・全店禁煙の麻ほろ(色内。マリンホールの大通り向こう)
2.さっぱり塩味の桂苑(稲穂。都通り)
3.そば処・東家(南樽駅下)のラーメン(冷したぬきそばもうまい)
4.運河食堂内のラーメン店
5.ウイングベイ小樽(築港)内のラーメン街
6.むかし風の自来軒(花園銀座街・稲荷小路、深夜1時まで)
7.初代(住吉。南樽駅近く)
8.あっぱれ(手宮。新博物館向かい)みそラーメン.
9.一番(三角市場の向かい)

買い物・みやげもの
1.海・農産物なら新南樽市場、南樽市場、入船市場、三角市場、中央市場、手宮市場  などで、鮭トバ、ぬかほっけ(生食用)、いかすみさきいか、宗八かれい、なめたかれいの一夜干し、揚げたてかまぼこ、鮮魚各種、豆類(小豆、虎豆など)
2.ガラス工芸品、オルゴール、洋菓子、昆布類なら堺町通りで
3.かまぼこ老舗のかま栄、栗原(角焼きは有名)

小樽は手作り銘菓も豊富
1.干菓子の高山
2.ケーキの館
3.みなともちの黒豆大福、菊原もち店のべこもち
4.沢の露のアメ玉
5.花月堂の塩味ゼリー菓子、”蝦夷の香”

130店あるアイスクリームのベスト3
1.あまとうのクリームぜんざい(都通り。カップ入りも)
2.ミルクプラントのソフトクリーム(公園通り。しかも¥220と安い)
3.米華堂のアイスクリーム(花園銀座。ケーキもよし)

坂の街小樽
舟見坂、外人坂、地獄坂、見晴らし坂....

そして見頃の花は
ライラック(リラ)、アカシア、ラベンダー、桐の花、ぼたん                                           

| | コメント (0)

小樽の見どころ

第5回小樽フェス(6/28)には遠路本州から50名前後が参加される予定です。中には小樽が初めての方々もおられますので、ロイ田沢のおすすめ見どころを紹介させていただきます。Kenashiyama_2 Otamoi_2 Tenguyama Umikarano_2

Temiyakouenn

1.毛無山展望台から見る市街と港「写真上左」(旭展望台、天狗山「写真上右」、手宮公園「写真下右」、水天宮からも良い)
2.北海道ワインイベント広場からの展望(毛無山展望台への途中)
3.平磯岬の銀鱗荘からの展望(洋食ランチもおすすめ)
4.海から観る小樽の街と山々(小樽港第3埠頭から出る祝津までの遊覧船)
5.オタモイ遊覧船ではさらに絶壁と奇岩「写真下左」が(晴天・無風のときのみおすすめ)
6.ホテル・ノイシュロース(祝津・旧天望閣)からの眺望「写真上中」も抜群。大浴場は海水風呂
7.天然温泉”湯ノ花”(手宮殿、朝里殿。¥600)
8.裕次郎記念館(入場すると先ずBGMでジーンときます)
9.鰊御殿、小樽貴賓館(旧青山別邸、いまボタンが満開)
10.旧日本郵船小樽支店(すぐ前の北運河も風情あり)
11.日銀資料館(北のウオール街、旧日銀小樽支店)
12.新博物館(北海道開拓時代に米国から輸入したアイアンホースやしづか号は必見)

写真提供:田口智子

| | コメント (0)

チケット発売中です

08dm_mini Ocwf2008 第5回小樽フェスの前売券(¥1,500)販売窓口ご案内

玉光堂/小樽駅札幌寄り隣、第1ビル地下1階

光栄堂楽器店/花園銀座街

トーンポエム/花園3、オールドギターショップ

ファニー/ウイングベイ小樽・1番街2階、ウエスタン用品店

★おおの真虎、福森千花事務所または出演ライブハウス

★マリンホール(小樽フェスの会場)

★全国のローソンチケット(Lコード 13875)

★OCWF実行委員会事務局(0134-25-3632)

★OCWF企画本部(04-2942-0552)

| | コメント (0)

小樽フェスまであと7週間

2008_0510ole0608 2008_0510ole0279”蝦夷地遠征”まで2ヶ月を切った5/10(土)、オール・カントリー・ボーイズの定期演奏会がホームライブハウス国立はっぽんで行われ、フランキー・レインの歌でおなじみの米・テレビ西部劇映画”ローハイドのテーマ曲”を圧巻の5重唱で披露するなどファンを喜ばせました。

写真:黒部一好

| | コメント (0)

ロンスターピクニック

08lsp2 08lsp R0011249_r R0011255_r R0011270_r R0011307_r R0011316_r R0011319_r 第13回ロンスターピクニック(主催:金平隆)が5/6(祝)、好天に恵まれた所沢航空公園、野外ステージで開催され、昨年の小樽フェスにゲスト出演した金平隆とテキサスカンパニー、小樽フェス常連のおおの真虎、同初出演するオールカントリーボーイズなど計10バンドが千葉、神奈川、東京方面からのカントリーダンサーたちと一体となってカントリーの名曲の数々を披露しました。

写真提供:金子早苗、林 郁二

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »