« 兄弟デュオと父娘デュオ | トップページ | 札幌ビートルズの殿堂で »

モダンフォークの祭典

Wfsogetsu 1960~70年代、キングストン・トリオやブラザーズ・フォーが一世を風Frontiers Weavers Kent 靡していたころ、日本ではスチューデント・フェスなどで学生バンドも華やかでした。来年の小樽フェス(6/27)で再演するThe Way-Faring Strangers(略称・ウエイファー写真左上)も当時のモダンフォークバンドに混じってブルーグラスを演奏してましたが、このほど開催されたモダンフォーク2008(11/2@東京青山・草月ホール、主催:PAMF)に久々の登場。500人超えの満席のファンはThe New Frontiers、Weavers Again、KENT(上掲3枚)など計11バンドによる絶妙のハーモニー・シンギングとドライブ感溢れる弦さばきに酔いしれました。Finaleグランドフィナーレ(写真左)はThis Land Is Your Landを高らかに歌い、打ち上げではウエイファーはMod-Ki(写真下)に合流し、焼き鳥を肴に乾杯。

Modki

写真提供:林 郁二

|

« 兄弟デュオと父娘デュオ | トップページ | 札幌ビートルズの殿堂で »

コメント

久しぶりの訪問です。
ニューフロンティアの森田玄氏、知合いです。
その昔、バンド名を「イースト」と変更し、和製フォークグループとし米国にて活躍していました。
LAに遊びに行った時に、「パロミノ」などに連れて行っていただいた思い出があります。
今復活し、フォークを楽しまれていますね。

投稿: harley | 2008年11月26日 (水) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兄弟デュオと父娘デュオ | トップページ | 札幌ビートルズの殿堂で »