« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の投稿

すすきのオープリー

2月28日(土)、小樽フェスのレギュラー、カントリーシンガーおおの真虎が東京からJT金平(第4回小樽フェス参加)を迎えホームのサニーズバー(札幌・すすきの、店主・サニー室谷)でライブを行いました。Susukino Susukino2 Sunnyバック陣もベース、ミートマン橋本、エレキギターは村越伸治と小樽フェスおなじみです。

写真提供:みゆき、柴岡好人

| | コメント (0)

テイプトン・ヒル・ボーイズ札幌公演

Tipton_hill_boys 小樽公演の翌日、北大ブルーグラス研究会の主催で行われます。ブルーグラス・ファンにはおなじみ元祖レスター・フラットの生まれ変わりクリス・シャープ(Gi&Vo)率いるTHBが道内の学生達やアコースティツク音楽ファンと交流いたします。バンジョーのジョージ・バックナーはスクラッグス奏法の完璧な継承者、ベースのデイビッド・スルーダーもトリオ・ボーカルの要として存在感大。小樽フェスでおなじみ日本のロレッタ・リン、ナッシュビルで磨きをかけた福森千花が共演いたします。札樽間は近いのでクリス一行の追っかけもできそう。

1.日 時:2009-4-17(金) 開場19:00 開演19:30

2.会 場:イベントスペース FIESTA(フィエスタ) 札幌市中央区南3西1-3-3 マルビル2F

3.入場料:一般¥4,000(当日¥4,500)、学生¥3,500(当日¥4,000)

4.主 催:北大ブルーグラス研究会

5.問合先&予約:080-5597-3270(石川)

| | コメント (0)

ノース・キャロライナの風、札樽ツアー実現

Thbs 映画「オー・ブラザー」のグラミー賞受賞者、奥方は日本人で大の親日家でもあるChris Sharpが今春は盟友と組んだブルーグラスバンドThe Tipton Hill Boysとして来日、北海道ツアーも実現できる運びとなりました。バンジョーは曽祖父から続くバンジョー一家の4代目George Buckner(2006年IBMAアワード・ノミニー)、ベースは同じくNC州生まれでカントリー音楽も大好きなKevin Sluder。30歳代半ばの前途有為な本場ミュージシャンたちのトリオ・ボーカル・シンギングとともに、F&S奏法やオズボン・ブラザーズ・サウンドを目の前でお楽しみいただけます。招聘元は小樽フェス協賛企業の一社であるBOM社(本社・宝塚市、渡辺敏雄社長)。同社長は今年もフェスに出演するThe Shaggy Mountain Boysのメンバーでもあります。日程は小樽が4/16(木)、札幌は4/17(金)、詳細は確定次第、逐次お知らせいたします。

| | コメント (0)

雪あかりの路も定着しました。

Yukiakari 小樽の北手宮小学校の雪まつり(Since 1935)をモデルにしたさっぽろ雪まつり(第60回、2/5~2/11)が始まりましたが、小樽雪あかりの路(第11回、2/6~2/15)はあすから開幕。運河会場「写真」には400個もの浮き玉キャンドルが今年も幻想的な明かりを灯します。

| | コメント (0)

マイク伊藤、厳寒のブランソンへ

恒例の一時帰国で日本各地で歌ったマイク伊藤は、活動拠点のミズリー州・ブランソンに戻り、今週から所属劇場ボールノバーズでのリハに入りました。初日は3/7とのこと。またこの一年、カントリー音楽の本場で全米各地から集まる観光客や日本ファンのツアーを迎えての舞台が始まります。ますますのご活躍を祈ります。

写真(自宅テラスからの風景):マイク伊藤

Winterbranson 

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »