« 所沢ローンスターピクニック速報 | トップページ | トレイン・ソングは11曲 »

横浜ブルーグラスフェス・LPP速報

横浜市の花、リリーに夢を託して
尾崎ブラザーズがゲスト出演

P1050954s P1050959s 今まで日程が合わず行けなかったブルーグラス愛好者による手作りイベント第11回Lily Picking Party(5/31@横浜・市従会館)に初参加できた。ハコモノフェスとしては歴史のある伊勢原のBig Mountain Opryと同じく、参加バンドが運営資金を出し合って10年以上も続けている入場無料のコンサート、いわば全国各地で行われているブルーグラスフェスの横浜版である。マンドリンの中村俊也の司会で11:45開演、首都圏ライブハウスなどで活動中の12バンドが数曲ずつ約5時間の熱演が続いた。日頃の切磋琢磨の結果を仲間と一般愛好者に。さらに業界関係者にも聴いてもらうショーケース的意味合いもあるのかもしれない。耳の肥えたリスナーが多いので、内輪の遊び半分という訳にはいかない。トップは小田原BG研究会(リーダー・清水晃Gi)、白いウエスタンシャツとストローハットで決めた4人組、カントリーナンバーからToday I Started Loving You Againなどで会場の雰囲気を一気に盛り上げた。他のバンドもそうだが、最近はカントリーをブルーグラスに採り入れる傾向があるようだ。高円寺のムーンストンプを中心に活動している桑原達也(Bj)など若手だけの5人編成Yellow Hammer Stringsも喝采を浴びた。Little Georgia Roseなど、若さへの期待だけの拍手とはいいきれないみごとなもの。見たことのある顔ぶれが異なるバンドで演奏するのもこの種フェスの特徴だ。トラとして乞われるのだからみな実力は折り紙付き。LPP実行委員長の和製チャールス・ブロンソン、杉崎勇(Gi)と同副委員長、女性マンドリン奏者、十鳥(トットリ)まことが所属するWindsはホストバンド。すばらしい4パートハーモニーLittle Mountain Churchなどで前半の最後を飾った。

5044_2 後半2番手にJ Project Bandが男女とも赤シャツのコスチュームで登場。日本のブルーグラスバンドに不足気味のエンターテイメント性を追求したいと関西名門私大OBのリーダー木村孔次は言う。選曲もTennessee WaltzやBye Bye Love などポピュラーなものを披露してくれた。New Clinic Bandの佐々木四郎(Bj)と富田聡(Gi)の2重唱もすばらしかったが、さあ、大御所・尾崎ブラザーズの登場である。5069 Eight More Miles To Louisville、 When I Stop Dreamingと続き、介護50751 士役の笹部益生(Gi)も加わった I Wonder Where You Are Tonightは、まるで真綿にくるまれたかのような円熟魅惑のハーモニーであった。賛美歌として知られるWhat A Friend We Have In Jesusでお別れ。ご兄弟、恭(ヤスシ80、Gi&テナー)、恒(ヒサシ76、Ma&バリトン)は来月下旬、アメリカに渡りオーエンズボロ(KY)で開催のフェスに出演するという。この元気ぶり、会場の古希、還暦組はこのまま老けてはおられぬぞと大いに勇気をもらったのではなかろうか。トリは銀座ロッキー・トップのレギュラー、New Expedition。本間正敏の世界最速級のマンドリンさばきには度肝を抜かれた。ピッキングは早ければ早いほどよしとされるブルーグラスだが、こと日本人の楽器演奏スキルは、もう本家に勝るとも劣らぬのではなかろうか。フィドラーの山崎規夫の出番、Orange Blossom Specialにおいても本間のマンドリンは炸裂していた。エンディングジャムでは30名近くがFoggy Mountain Breakdownを、続いてWe'll Meet Again Sweetheartはリスナーも一緒に歌い盛会のうちに閉幕した。

見晴らしのいいここ桜木町・市従会館4階の大ホールは200人超えでほぼ満席。
カントリー音楽評論の第一人者・島田耕や小樽フェスのフィナーレ曲「この町の青い空」の日本詞作者の西村丈彦、BMOの実行委員長・三瓶正行などの姿も見えた。
文中敬称略 (リポーター:ロイ田沢2009-6-1)

写真:内田不二雄 、木村孔次

|

« 所沢ローンスターピクニック速報 | トップページ | トレイン・ソングは11曲 »

コメント

KGの仲間と話をしていて木村さんの名前を知りました。
今年、KG神奈川同窓会支部で第一回JAZZコンサートを開催し好評を得、是非2013年の目玉にブルーグラス(横浜)に出演を依頼いたしたく思って記載いたしました。
一度 話をさせていただけたら幸いです。
参考:今年はKG商学部現役 永田氏を応援する意味で関東でコンサート開催
ちなみに 私(大嶋)はKG46年卒業 

投稿: 大嶋 瑩一 | 2012年8月28日 (火) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢ローンスターピクニック速報 | トップページ | トレイン・ソングは11曲 »