« あと一週間で小樽フェス、明日はプレイベ | トップページ | 第6回小樽フェス速報 »

小樽フェスのプレイベント速報

Pre1 Pre2 美しい小樽港に面した大型商業施設、ウイングベイ小樽の1階イベントスペース・ネイチャーチャンバー、噴水ステージの背後はヨットが停泊するマリーナー。6/21(日)の昼下がり、ここで第6回小樽フェスのプレイベントが北大ブルーグラス研究会精鋭選抜チームStar's Dreamを迎えて開催されました。女子学生2名が抜け、石丸貴史(Gi&Vo)が再加入、藤井慎哉(Ma&Vo)と星山博俊(Wba&Vo)に、続投のバンドリーダー功刀聰彦(Fi)と小笠原猛(Bj)の5人組は、さすが60人近くいるブル研の選りすぐりだけあり、Uncle Pen、Foggy Mountain Breakdown、Little Cabin Home On The Hill、Georgia Mailなどで切れのあるブルーグラスサウンドを炸裂させ、昔ながらのワンマイクを囲んでの絵になる機敏な動きと相まって200人越えのショッパー兼リスナーを魅了しました。ブルーグラスなる音楽を初めて見聞したかのような若者や年配者も多く、このイベントがブルーグラス普及のきっかけになればまたすばらしいこと。小樽市内在住の30代男性は“北大にブルーグラスがあるのになぜ小樽商大にはないのか”と素朴な質問を寄せておりました。また、札幌から馳せ参じたカントリーダンサーたちもおそろいの白ハットと白シャツ、黒ジーンズと黒ブーツでの華麗な踊りで4層吹き抜けのアトリウムの雰囲気を大いに盛り上げました。さあ、いよいよこの週末6/27はマリンホールで本番。ノスタルジック・ポート・シテイ小樽の初夏の風物詩として定着したカントリー音楽の祭典は、参加全10バンドとカントリーダンス3チームにより5時間半にわたって繰り広げられます。館内ロビーではウエスタングッツズ、カントリー&ブルーグラスのCD販売カウンター、地ビールスタンド、館外駐車場にはビザ販売車も出店いたします。

写 真:KOTO

|

« あと一週間で小樽フェス、明日はプレイベ | トップページ | 第6回小樽フェス速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと一週間で小樽フェス、明日はプレイベ | トップページ | 第6回小樽フェス速報 »