« アフター小樽フェス/大月でもカントリー | トップページ | アフター小樽フェス/山本繁夫写真集から »

アイアンホース生誕100年祭

2009horse 8/9(日)、小樽市総合博物館構内でカントリー音楽が流れる中、1909年アメリカ生まれのSLアイアンホース号が高らかに汽笛を鳴らしました。演奏は地元グラス07と北見から参加のC&Wバンド、ブロンコス。久々の猛暑・好天とあって市民の多くは海水浴へと流れ(実行委員会談)、リスナーはご覧のように少なめだったのは残念です。

2009garss 2009broncos 2009shihaku 写真:KOTO

|

« アフター小樽フェス/大月でもカントリー | トップページ | アフター小樽フェス/山本繁夫写真集から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフター小樽フェス/大月でもカントリー | トップページ | アフター小樽フェス/山本繁夫写真集から »