« 所沢カントリミーティングの反響ー追報 | トップページ | ブルーグラスライブ速報 »

モダン・フォーク2010コンサート速報

アラカンで賑わうモダン・フォークの祭典
冷え込み吹き飛ばす熱気

1992年に東京・深川で産声を上げたモダン・フォークの祭典は、一昨年11月の草月会館公演以来1年3ヶ月ぶりに、“古いギターに弦をはろ-”を合い言葉に、モダン・フォーク2010(2/14@中野ゼロホール、主催:PAMF)として開催された。The New Frontierなど11バンドが出た前回より、4バンド少なかったが内容的には各バンドの研鑽ぶりが反映されたのか充実したものであった。カントリーやブルーグラスと、あるいは和製フォークとも一線を画すモダン・フォーク・・・1960~1980代に一世を風靡したキングストン・トリオ、ブラザーズ・フォー、PPM、サイモン&ガーファンクル(S&G)などの演奏スタイル、つまりハーモニー・シンギングを重視し、ギターやバンジョー、ウッドベースなど電気なしの弦楽器(フィドルを使用しないのも特徴)を弾きながら歌い、曲調は全体に爽快であか抜け、ほどほどのスピード感・・・の世界にしばしひたってみた。以下演奏順に。14:00開演、17:15終演

Img_6548_r ★KENT(リーダー:石上巌/左)
昨年11月、結成40周年記念ライブを終えたばかりの勢いに乗り、いきなりアカペラ4重唱から。縦縞シャツに赤タイ、バンジョー、ギター×2、WBの4人編成。MCとギター担当の笹木がお得意のヨーデルを2曲、荒木一郎の曲なども折り込み、エンディングは♪これでおしまいかしまし娘~のパロディで会場を爆笑で包み、無事この日のコンサートの盛り上げ役を終えた。

Img_6603_r ★Mod-ki(リーダー:林 郁二/左2)
おなじみSanfransisco Bay Bluesでキックオフ。フォークバンドには珍しくエレキ・ギターも加え、さらにメタル・ボディのスライド・ギター(林)やハワイ産の8弦テナー・ウクレレ(鳥羽孝)なども駆使した愉快な5人組。1人だけ、あるのにかぶらない嶋崎俊一(Gi)は、残りの4人の帽子を指さしながら何故かぶっているのかと追求したかと思えば、パンフ協賛広告(外食大手)のスポンサーの立場からおいしいチキンの宣伝も怠りない。「母からの便り」の作詞・作曲で知られる田村守の「北風吹くころ」や高倉健主演映画に流れた「幸せの黄色いリボン」なども聴き応えがあった。

Img_6647_r ★Rainy Blue(リーダー:小島常男/左2)
朝4時起きで大阪から参加、オリジナルフォークに特化したバンド。会場売り場では3枚目のCDを販売するなど実力派。青いドレスの紅一点、森野かおりのボーカルをフィチャーして♪アイルランドのような田舎へ行きたい~を手始めに、♪私は風になりたい~など5曲のうち1曲のみ英詞で。ギター2本のほかマンドリンは効果的。歌唱中に多少の字余りが出てくるのは日本語フォークの宿命か。

Img_6654_r ★Weavers Again(リーダー:網代修一/右)
結成2000年。PPMの故マリーをほうふつさせる杉野澄枝の迫力ある女声ボーカルが印象に残る5人組。楽器はバンジョー、ギター、WBと3本のみ。腰を痛めて着座の濱野晃司(Bj)のバリトンのソロからカルテットボーカルに入る最初の2曲もいいが、Miner's Lifeも聞き慣れた曲。モダンフォークの元祖、1940年代に活躍したウイーバーズを再現できるのは世界でも当バンドのみというからすごい。

★約20分の休憩時間に客席を見回してみる。出演陣の大半は61~63歳の団塊の世代、ないしはアラカン(アラウンド還暦)、いきおい応援に駆けつけるファンや友人知人も同年齢層が多い。キャパ550席に対し空席(実入場者数350くらいか)こそ目立ったが、PAMF会長で総合司会も務めた河出卓郎から、“このようなコンサートはやめるのは簡単だが、再開するには多大なエネルギーが必要。熱心なファンの交流の場としても存続させるべきだし、PAMFとしても広報力を更に高め、次世代への啓蒙活動も大切”と、翌日使命感に燃えたメールが寄せられた。自らブルーグラスバンドHillside Travelers(東大OB中心)を立ち上げるなどアコースティック・サウンドへの思いは深い。

Img_6728_r ★The Roving Gamblers(リーダー:安井治武/右)
アコースティック・ライブの殿堂、Back In Town(新宿・曙橋)の支配人でもある安井が率いる、S&Gのトリビュートバンド。まだ60歳代の本家S&Gが昨年来日公演したばかりなのでMCではこの話題も。1965年、高校一年で結成、1999年に再結成。「コンドルは飛んでいく」や「ミセス・ロビンソン」などを即興的に披露した。

Img_6743_r

★The Way-Faring Strangers(リーダー:近藤俊策/左2)
1/23の所沢カントリミーティングに続く、今年2度目の公演。1959年からの初代リーダー武田温志は山高帽子をかぶり、ツナギにジャケットとまたも風変わりな衣装で登場。いつもの立ち位置で、Fox On The Runから。2曲目は久々の新曲でThis World's No Place To Live、次のThe Fields Have Turned Brownもそうだが、ブルーグラスの特徴でもある歌詞の内容はさえないのに曲調は明るい。そして、田村守が喝破しているように“モダン・フォークの仲間で育ったからこそのハーモニーボーカル重視”、を象徴する鉄壁の4重唱だ。インストEl Dedoではまず萩生田和弘(Bj)が愛用のRED FOXでソロ、近藤(Ma)が右奥から回り込みソロ、同じ動作で武田 (Do)がつなぎ、林京亮(WB)に引き継ぐ。ワンマイク方式ではよく見られるビジュアル効果満点の演出であった。おなじみ「母からの便り」のあと、ボブ・ディランが歌い有名になったFare Thee Wellをオール桐朋高校OBの中で最年少の金子武美(Gi)のリードボーカルで仕上げ、PAMF会員唯一のブルーグラスバンドがコンサートにアクセントを添えた。

Img_6796_r ★Mash Liquor(リーダー:飯塚精一/左2)
学生時代、キングストン・トリオにあこがれて以来40年。就職後一時解散、10年前に再結成、長身に長尺バンジョーが似合うジョン宮澤、ボブ役は飯塚、ニック役が竹内、WBは三輪富成と不動のメンバー。竹内の日本詞ナレーションに続き、原詩でWhere Have Flowers Goneが流れてきた。この曲をよく聴いていた青春時代に思いを馳せたのか、目尻を押さえるリスナーが何と多かったことか。

Img_6801_r 5時を回ってフィナーレ。安井の先導でPuff, The Magic Dragonが出演7団体とPAMFスタッフが舞台に並び、歌詞カードを手にした観客と一緒に歌う。次回の開催場所と時期は未定とはいうが、この日のバレンタイン・ディのように、永遠のイベントであってほしいと願うばかりである。

敬称略 (リポーター:ロイ田沢 2010-1-15)

写真:藤岡 潔

|

« 所沢カントリミーティングの反響ー追報 | トップページ | ブルーグラスライブ速報 »

コメント

大阪のレイニーブルー小島常男と申します。速報ありがとうございます。東京でモダンフォーク好きの面々とお会いでき、演奏を聴き、演奏もできる機会はとても貴重なので大切なPAMFコンサートであります。

投稿: あいらんど | 2010年2月16日 (火) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所沢カントリミーティングの反響ー追報 | トップページ | ブルーグラスライブ速報 »