« 第1回軽井沢タウンフェス速報 | トップページ | 第10回京都カントリードリーム写真速報 »

カントリーダンサー・井口和博氏逝く

さようならファーリー
Farylily小樽フェス参加当時のファーリ(右)&リリー

小樽フェスに初回の2004年から連続4回、2007年まで参加いただき、小樽市民会館・マリンホールのステージを華麗なカントリーダンスで飾ってくれたファーリー井口(井口和博)さんが、10/8(金)入院先の病院で逝去されました。1月に大腸ガンが見つかり闘病中でした。享年59歳。
10/11(祝・月)の通夜(@大森・おおとり会館斎場)では300名超えの弔問客が、我が国トップクラスのカントリーダンス指導者の早世を悼みました。昨年、同じくカントリーダンスの先駆指導者のお一人であるリリー飯塚(飯塚勢津子)さんと結婚、夫婦むつまじく後進の指導に意欲を燃やされていた矢先の悲報です。斎場にはファーリー&リリーのデュオでマール・ハガードの名曲、Today I Started LovingYou AgainなどのDVDが流れ、会葬者が涙ぐむ場面もありました。ファリーさんはまた、筆者のカントリーダンスの先生でした。1996年から所沢市並木公民館ホール(新春カントリー音楽祭の会場)で教室Tangle Footを立ち上げ、筆者夫妻は2年後に入会、2004年ころまで文字通り手取り足取りの指導を受けました。現在の所沢カントリーダンスクラブ(指導:林ちひろ)の源流がTangle Footという訳です。ファーリーさん、日本人ばなれのその長い脚で、天国でまたすばらしい踊りを観せてくださいね。(ロイ田沢)

*当サイトのバックナンバー:2006年6月、2007年6月で、ファーリー&リリーの小樽フェスでの活躍ぶりをご覧いただけます。

|

« 第1回軽井沢タウンフェス速報 | トップページ | 第10回京都カントリードリーム写真速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1回軽井沢タウンフェス速報 | トップページ | 第10回京都カントリードリーム写真速報 »