« 速報:6/18バック・イン・タウン | トップページ | 速報:7/3小樽オープリー »

速報:6/28はっぽんライブ

ウエイファーみな元気です

国立でブルーグラスの遊び方伝授

Dsc03075s Dsc03074s「近藤俊策流ブルーグラスの遊び方」(毎月第4火曜日@国立・はっぽん)が久々に再開された。この日(6/28)は近藤がリーダーを務めるThe Way-Faring Strangers(WF)としての演奏も聴けるというので勇んで参加した。通常はあらかじめ決められた曲のワークショップから。“生徒”はキター、マンドリンなど思い思いの楽器を持参して勉強、授業料もないので気楽に参加しているが、生徒の中からはすでにガールズ・デュオ、“カシオペア”(マンドリン&ギター)がデビューを飾っている。ワークショップが終わり、参加生徒やリスナーが舞台に上がり、先ずは“カシオペア”から。近藤が介護役を兼ねマンドリンとハーモニーボーカルで、WベースでWFの林京亮が援護、Keep On The Sunny Side、Song For Life、Where Could I Go Back To The Load の3曲を発表した。

続いて、“小樽フェスや新春所沢カントリー音楽祭で、またカントリーやブルーグラスのフェス、コンサートのライブ評でもおなじみの・・・”と筆者が紹介され、Together Againなどカントリー3曲を歌わせていただく栄誉に。本来カントリーでの間奏にはマンドリンは向かないとされているのに、さすがうまくこなし、Heartaches By The Numberではハーモニーボーカルまでつけてもらい感激のステージであった。元Castle And Gateの田村守が次ぎに呼ばれた。東大在学中に“おはなし”、“母からの便り”、“チャペルの鐘の音”など50曲あまりのフォークソングを作詞作曲、飲料大手退職を機に、昔取った杵柄の仲間入りを果たすべく目下準備中という。この夜はThis World's No Place To Live In But It's Homeを聴かせてくれた。

Dsc03078s Dsc03076s近藤の持病治療のため休止していたWF5人男の時間がきた。“病気持ちの多い我々、持久力はなくなっが、30分程度のステージなら。医者からも大きな声を出してもいいといわれた ”(近藤)とMC。おなじみOld Flame、Blue Ridge、Long Black Veilなど不動のブルーグラス・ハーモニーで、30名近いリスナーを魅了した。エンディング曲はバンド名にふさわしいWayfaring Stranger。ドブロの武田温志もコーラスに参加して健在ぶりを示した。バンジョーの萩生田和弘はノン・アルコール・ビールから本物ビールへの切り替えはまだできないようだが、若さもありギターの金子武美がその分、ハードリカーでもなんでもこいの酒豪ぶりである。フリーランス・フィドラーの陶山直義(立川在住)がWFに加わった。ブルーグラス編成での“オレンジ列車”もまた楽し。陶山の弓は滑らか、もともとバンジョーが得意な金子のソロに、マンドリン近藤のソロも炸裂した。客席から、これまた列車ソングの名曲“ワバッシ・キャノンボール”のリクエストが飛び、舞台から下りていた武田は、ドブロはこの曲に不可欠なので急きょ呼ばれ、“弾いたことがない”といいながらも間奏をそつなくこなしていた。ボーカルもうまい陶山は満足げであった。実は、この辺が今までのWFと変わったところだ。なじみのない曲にも柔軟に対応、リスナーへのサービス精神とエンターテイナー魂が垣間見られた一夜であった。

WFより10年若く、1969年結成のモダンフォーク・グループ、KENTのリーダー、石上巌(Bj)と笹木昌樹(Gi)が舞台に。都内の高校時代から息のあった2人、ブラザーデュオ・スタイルで披露したのはColumbus Stockade Bluesだ。笹木の裏声も、石上のバンジョーも冴える。極め付きはアンコールで歌った“かしまし娘のテーマ”、三味線の代わりのバンジョー効果、笹木のお笑いポーズと“ウエイファーよ永遠なれ”の励ましの言葉と相まって、客席のテンションは一気に上がった。

<WF関連の今後の予定>
7/26(火):「近藤俊策流ブルーグラスの遊び方」国立・はっぽん、
8/23(火):同上

敬称略 (リポーター:ロイ田沢 2011-6-29)

写真:笹木昌樹

|

« 速報:6/18バック・イン・タウン | トップページ | 速報:7/3小樽オープリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速報:6/18バック・イン・タウン | トップページ | 速報:7/3小樽オープリー »