« モダンフォーク2012速報 | トップページ | 博多の名門ライブ探訪 »

ジョンさん、さようなら

11john中央


0071


所沢カントリーミーティンング
(TCM)のホストバンド、Great Valley Boys(GVB)の初代リーダー、ジョン大谷さん(4/18死去、72歳)の葬送式が4/24(火)11:30、所沢市斎場・第3式場にてキリスト教式でしめやか執り行われました。会葬者がカントリーハット姿の遺影に献花のときには、TCM2011で故人が歌った「写真上」テネシーワルツが流れ、出棺の際はカントリー音楽を通じ、十数年交流のある、大月カントリー音楽愛好会、藤本昌作会長の発声で、“永遠の絆”(Will The Circle Be Unbroken)を合唱しました。会葬者の中には、カントリーミュージシャンでPSG製作会社の藤井三雄代表や、マイク友田(当日ドブロを演奏)など多くの昔のバンド仲間の姿がありました。カントリーバンドにはPSGが不可欠と、2007年からPSGを習い始め、翌年にはGVBで、“歌うPSG奏者”「写真下」として、所沢市民音楽(2008-10-13,@ミューズ・中ホール)でみごとなステージを見せました。大腸がんが見つかった2010年4月には、そのことをバンド仲間に公表した上で、抗がん剤と戦いながら指導を続けてくれました。4/8の所沢市民フェア・桜コンサートにGVBが出演する前日には、激励のメールメッセージが届いたばかりだっただけに、メンバー一同喪失感でいっぱいです。44年間連れ添った大谷壽美子さま、そして長女のまゆさん(TCM総合司会担当)ほかご遺族のみなさまに、改めまして深くお悔やみ申し上げます。

TCM代表 ロイ田沢



|

« モダンフォーク2012速報 | トップページ | 博多の名門ライブ探訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モダンフォーク2012速報 | トップページ | 博多の名門ライブ探訪 »