« 小樽でカントリー&ブルーグラスイベント | トップページ | 7/8、ヲタル座・出演団体紹介 »

小樽生まれのブルーグラスバンド、グラス07

Grass074s


小樽オール・オープリーのホストバンド、グラス07「写真」は2007年1月小樽で誕生したブルーグラスバンドで、同年6月開催の第4回小樽フェスでデビュー。“小樽ワルツ”(作詞作曲:柴岡好人)は当時、小樽駅周辺目抜き通りの街宣放送で流れ大きな話題となった。インスト・テクに走りがちな我が国ブルーグラス界にあって、リスナーとのふれあいを重視、カントリー系やオリジナル楽曲にも力を入れ、お笑いトークも聴きどころだ。このたび、カナダ生活が長い女性ボーカリスト、ライアンめぐみがメンバー入りし彩りを添えている。なお、メインボーカル柴岡は専修大学時代にブルーグラスを始め、現在はシンガーソングライターおよびカントリーダンス指導者としても活動中。

<バンド編成>
プリティ堺(Fi)、ディーン柴岡(Gi&Vo)、ジェリー佐々木(Do&Vo)、
タック初山(Ma)、ジェイク斉藤(WB)、ドック太田(Bj)、ライアンめぐみ(Vo)

<ライアンめぐみ>
岩手県生まれ。小樽商大、軽音楽部出身でロック系で活動。ギターの師匠である堺清のすすめでグラス07に入団。7/8ヲタル座ではオリジナル曲2曲を披露する。小樽市内で英会話教室経営。

|

« 小樽でカントリー&ブルーグラスイベント | トップページ | 7/8、ヲタル座・出演団体紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽でカントリー&ブルーグラスイベント | トップページ | 7/8、ヲタル座・出演団体紹介 »