« あしながおじさん大勝受賞 | トップページ | TCM2013のちらし »

バンド名がI Love Country

005

1/26に第6回目が開催される所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンド、Great Valley BoysのPSG奏者、萩原昭(明大カントリー・ケーパーズOB)が所属するもう一つのバンド、ILC(I Love Country)60のライブ(11/29,@笹塚・リバティベル)があった。リーダーで小平市在住の画家、ルーク水野はハンク・ウイリアムズやアーネスト・タブからジョージ・ストレートまで典型的どカントリーを味わい深く聴かせてくれた。19:30からの3ステージ制で、2ステージ目はお客さまタイム、随所にカントリーダンスもと、今日のカントリーバンドの標準的ライブ進行だが、セット毎にキックオフ・インストの曲名を変えていたのが印象に残った。

メンバーはほかにEGとハーモニーボーカルのケニー塚本(TCMにWalkin' Backとして出演)、笑顔を絶やさない慶応ボーイ、フィドラー・ボビー西(インスト、ワルツAshokan Farewellは秀逸)、長身でヨーデルが持ち玉のベース・ダン内田、ベテランドラマー乙部英明(明大OB)の計6人編成。水野は腰の手術をしたばかりとかで、着座演奏だったが、来年からは高田馬場・ロンスターカフェで奇数月、第1土曜日に定期出演が決まり、その第1弾Hank Williams Memorial Live 2013(1/5,19:30~、MC¥1800)では、生誕90年、没後60年を記念してハンクオンパレードで盛り上げたいと張り切っている。なお、萩原昭のPSGの名演はOklahoma Capersのリーダーとして出演する毎月第3木曜日にも、ロンスターカフェで聴くことができる。

敬称略 (リポーター:TCM代表 ロイ田沢、2012-11-30)

写 真   大庭進

|

« あしながおじさん大勝受賞 | トップページ | TCM2013のちらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしながおじさん大勝受賞 | トップページ | TCM2013のちらし »