« TCM速報<3> | トップページ | TCM速報<5> »

TCM速報<4>

Img_2956sフィナーレ
こんなうれしい反響もあった。これほど熱気のある、楽しかった並木公民館多目的ホールでのイベントは初めて・・・、 http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/40091556.html

Img_2957s藤井
Img_2960s
交流会も賑わった。80名以上の参加者が約2時間のバライティ・ショーを楽しんだ。糟谷館長の挨拶、藤井三雄ファゼイ代表の乾杯音頭、ロイ田沢による総入場者数発表、3.11あしなが基金の公開集計立ち合い人、生田直(地元ふれあい会会長)の募金総額発表に続き、早速カントリーの部が始まる。トップは大御所、テラケイこと寺本圭一に師事した石川寛(北見市・ブロンコスのバンマス、北見中央病院理事長)が大学後輩の笠原のリクエストでジョニー・キャッシュの刑務所ものを。千葉オープリーの副委員長、藤倉孝義、この地域Img_8988sImg_8996s

石川、藤倉

の元住人菅野一弥が続く。

会場の講堂は防音室。ギターを抱えたテディ船橋のエルビス・プレスリーショーが始まった。ろくな打ち合わせもないのに、カントリー編成のバック陣は歯切れよくフォローしてくれる。この辺も当イベントのレベルの高さであろう。

Img_2964sJプロ
Img_2962s


ブルーグラスの部のトップはJプロ、5人そろっての円熟のステージ。熊本カントリーゴールドの主催者、チャーリー永谷も出演するカントリーライド(6/23@長野県・駒ヶ根市民会館)に参加が決まっている、よしもと色豊かなエンターテイナー集団だ。遠路、藤沢から・・・頭がさがる。

Img_2965sウイル
TCMは米国ブルーグラス専門誌、Bluegrass Unlimitedのフェスティバル名簿に登録されている。それを見たミネソタ州の読者が日本にいるブルーグラス好きの孫にTCMのことを知らせた。青年ウイル・ヒベン(狭山市在住の英語教師)がそのひとで、フィドルとマンドリンを持って会場にはせ参じ、交流会は日米交歓の場ともなった。

裏方さん紹介コーナーでは、照明担当の地元ボランティア3名と音響担当の4名のかたがたにロイ田沢がねぎらいのコメント。今年は客席照明も適切、ダンス照明は昨年より明るいなどさまざまな工夫がなされた。音響は、ここ3年連続メインスピーカーからマイクまでPA機材をまるごと持ち込み、前日からの設営である。コンサートの成否、バンド演奏の善し悪しに決定的な役割を負う、カントリー音楽にも精通した音響のエキスパートに改めて敬意を表したい。

シルバー川柳がブームという。実は筆者、2006年に地元川柳会の門を叩たき、柳号もロイ田沢で月1の句会に通っている。今年は師である所沢市川柳連盟の願法充会長(元航空自衛隊パイロット)を交流会にお誘いした。カントリー川柳の数々を吐いてもらい、色紙にしたためた作品は希望者にプレセントされた。

1.裏方の技が支えるカントリー
2.効果音その気にさせるローハイド
3.和して同ぜずブルーグラスとカントリー
4.カウボーイハットで爺と婆の歌
5.カントリーダンス美脚が売りである 
6.たき火などしてみたくなるウエスタン
7.こころ唄カントリー節演歌節

など計20句

Img_2969sロディオ&パッツイ

Img_9020s

テネーシーワルツを歌う長文子


カントリー第2部では自薦他薦の歌手が次々と繰り出した。TCMにバンド参加歴のあるボブ宮本、坂戸のレイチャールズことプロ・ハモンドオルガニストのケイ鈴木、九州から参加の長文子、ダンスチームで踊った佐生七千子、出演陣では俺も歌えるとPSGの藤井三雄が知りたくないのを。大月のナイス小宮、フィドラーのジャック笹島・・・。 <続く>

写真:野村義男、山本繁夫

|

« TCM速報<3> | トップページ | TCM速報<5> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TCM速報<3> | トップページ | TCM速報<5> »