« TCM2013総集編 | トップページ | あしなが基金から礼状 »

はっぽん・ブルーグラス速報

北風に乗ってやってきた
東北大ブルーグラスバンドが東京初公演

20130222北風

近年、ブルーグラスといえば私大より国立大学で人気があり、北大、東北大、神戸大、名古屋大あたりでは数十人から100名近くの部員を擁しているようだ。昨日2/22(金)、国立・はっぽんでブルーグラス教室を主宰(毎月第4火曜日)する近藤俊策の企画により、はっぽん・ミニフェスなる3団体参加の小型ブルーグラスフェスがあったので参加した。トップ出演は杜の都、仙台から6時間かけて車でやってきた5人編成の現役学生バンド、“北風めがね”、近藤が昨秋、岐阜県の多治見フェスで“スカウト”し、今回の東京遠征が実現したという。構成は鈴木瑶平(Gt&Vo、茨城)、渡辺奈々子(リーダー/Md&VO、奈良)、佐藤宏美(Fd&Vo、熊本)、石井彩子(Bj、仙台)、今野克洸(Bs& Vo、秋田)でブルーグラスの基本形。なお、一般に幼時にバイオリンを習い成人してブルーグラスフィドラーなどに転向するケースが多いのだが、佐藤の場合は大学に入っていきなりバイオリンを手にしたとのことで演奏前から話題騒然であった。みな楽器演奏もコーラスも、結成2,3年とは思えぬ出来映えである。残念ながら演目は筆者には“9ポンド・ハンマー”くらいしかなじみがなかったものの、ブルーグラス入門編、これぞブルーグラスを楽しませてくれたことは間違いない。曲の構成やMCに工夫を重ね、これからいいものにしていくことであろう。12曲目Ain't Nobody Miss Me When I Goneで、45分のステージを終えたが、ブルーグラス第3世代を見つめる中高年リスナーたちには、後継世代への期待感とともに、我が国ブルーグラスの将来は安泰なりの思いを強くしたのではなかろうか。

20130222thewayfaringstrangersWF

2番手にホストバンドのThe Way-Faring Strangers(リーダー/マンドリン・近藤俊策)が登場した。先月開催の小平フェスに続き今年第2弾。小平での演目とのかぶりは2曲だけで、追っかけファンにとってはありがたい。
1.Bluebirds Are Singing For Me /新曲
2.Sea Of Heartbreak/近藤がリードボーカル
3.A Good Woman's Love/バンジョーの萩生田和弘がリードボーカル
4.Remembrance Of You
5.Double Eagle/金子武美のギターソロ冴える
6.Willie Roy The Crippled Boy
7.The Fields Have Turned Brown/4声、何度聴いても飽きることはない
8.Aunt Dinah's Quilting Party /南軍の帽子をかぶりドブロの武田温志がセンターマイク前でリードボーカル。 そして林京亮の4ビートベースが歯切れよい
9.Long Black Veil/アリバイがありながら死罪に甘んじた愛人を悼む黒いベールの女・・・・、金子の解説に続く濃厚なブルーグラス4重唱が心にしみる
10.Matterhorn/ブルーグラスには珍しくスイスが舞台の曲。これもブルーグラスハーモニーの傑作

68歳の武田を頭に最年少の金子は62歳、結成は1959年だから来年はめでたく55周年を迎える。この長寿バンドが紡ぎ出す円熟・鉄壁のブルーグラス・ハーモニーはチームワークのたまものにほかならない。近藤によれば、毎度の練習時間は体力的なこともあり長くはないが、一緒に過ごす時間はかなり長いという。それに奥方連のゆるぎないサポートがある。この夜も全員がはっぽんの指定席から声援をおくり、カメラのシャッターを切っていた。

20130222honeycookiesHC

最後に若手トリオが舞台に立った。先述小平フェスでは別のバンドでやっていた平塚夫妻、ギター(洋輔)&Wベース(里美)とフィドル・手島宏夢のHoney Cookiesである。ブルーグラスではBurry Me BeneathThe Willow Treeなどを聴かせてくれたが洋輔のキーがかなり高いのには驚いた。ワンマイクを囲むトリオボーカルが40席ほどの店内に柔らかく響く。3人の口とマイクとの距離は4、50センチ離れていたがよく通る。手島がウエイファーのように、うまく曲の説明ができるようになりたいと白状していたが、確かに手元にはプログラムがあるわけでもなく、曲名もよく分からないまま舞台は進んでいたが、流れてくる楽曲は心地よい。特に中盤のジャグバンド風の2曲と、ラス前のオリジナル曲は、♪今日はいい天気、明日は何があるかな~と歌詞も素朴でよかった。手島が指でつまびくフィドルも効果的であった。

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2013-2-23)

写真:近藤俊策

|

« TCM2013総集編 | トップページ | あしなが基金から礼状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TCM2013総集編 | トップページ | あしなが基金から礼状 »