« あしなが基金から礼状 | トップページ | 京都オープリー速報 »

ロンスターカフェ・ライブ速報

カントリー音楽は楽しい
リッチー伊藤、都心初ライブ超満員

開店15周年を迎えたJT金平の店、ロンスターカフェに出かけた。3/6(水)は国立・はっぽんなど、もっぱら多摩地区を拠点にしていたリッチー伊藤のカントリーバンドThe Canyon Road*の都心進出ライブ第1弾で、ゲストとしてウイリー楠山が大阪から参加という。おまけにバンドメンバーには先の所沢カントリーミーティング出演のエレキギター名手、石川マキも名を連ねている。MUST GO

18:30、開店早々、店内の席はまたたくまに埋まった。ダンスフロアーにもテーブルが3,4卓しつらえられたので、ダンサーたちにはお気の毒。伊藤はNHKみんなのうたに採用され大ヒットした“コンピューターおばぁちゃん”(1981~2009)の作詞・作曲の伊藤良一その人なので、都内で音楽教室を主宰するなど生徒さんたちも多い。数十人の動員はうなずける。

P1950049イズミ、伊藤、石川

19:30、ファーストステージはエバリー・ブラザーズのWalk Right Backから。伊藤が客席に手拍子をうながしながら中村イズミとの混声デュオで軽快にスタート。バック・オーエンズのAbove And Beyondが続く。3曲目はYou're The Reason God Made Oklahoma、伊藤がソロで歌い、転調してイズミが、再度転調して伊藤が、音域を合わせるための転調かと思いきや最後は混声ハモでびしっと決めた。

P1950099中央:ウイリー


“今夜はこの歌を覚えて帰ってください”と伊藤が自作の“あの娘と俺と酒とカントリーミュージック”をレッスンし始めた。音楽の先生だけに教え上手、のせ上手。聴き手もみなのみ込みがよく、楽しそうに唱和していた。おしまいはジム・リーブスのWelcome To My Worldでしっとりと締める。

2部では舞台前の猫の額ほどのスペースでカントリーダンサーが数名踊り始めたが、その前の伊藤のしゃべりがまた愉快。“ダンサーのお尻には絶対触れないでください。しかし、年下のひとに限り・・・”。Boot Scooting Boogieに乗せ、ずばりの振り付けBoot Scooting 3を伏見直子、吉田洋子などが切れよく踊った。

P1950088_2


お待たせ、ナニワの星、ウイリー楠山が舞台に上がった。銀座ナッシュビル出演以来14年ぶりの東京という。まずは自身が信奉するウイリー・ネルソンの十八番On The Road Againから。続いてはハンク佐々木のカバー曲なのだが、“25年前に、この曲がヒットしたらナッシュビルに招待すると言っていたのに未だ約束不履行・・・”と暴露しながらTennessee Moonを英語と日本詞で披露。ものまねなのだろう、歌唱だけ聴くとそこはハンク佐々木の世界そのものだった。3曲目のTruck Driving Manでは疾走感が店内を包み、アンコールに応えたJambalayaで最高潮に達した。

“大阪もんには負けんで”と、月亭可朝そっくりさんの伊藤がハンク・ウイリアムズのLonesome Whistleを歌う。汽笛の部分を3パートハーモニー(+石川、イズミ)で聴かせてたのは新鮮。

P1950096伊藤、ウイリー、石川


3部に入る。Guitar Cadillacが始まるとダンサーたちはLowdown Dirty Boogieでステップを踏む。石川マキの至芸、替え歌コーライジャでは歌唱形態のおかしさ、特に腰の振り振りにはお笑い天国からきたウイリーも脱帽。

終演間近となり8ビートで客の引き留めに入る伊藤、“もう少しで家に帰れますから・・・”には“帰りたくな~い”と客席から黄色い声。ロカビリーバンド、The Piratesの
ジェリー中村(帯広出身)が舞台に呼ばれBlue Suade Shoesをエレキギターでバッキングすれば、終盤Hey Good Lookin'やI Saw Lightで天才ばぁぼんずの竹井大輔がドラムスを叩いた。

横浜・にぎわい座のタウンホールパーティ(4/27)を主催する樋口真一はじめ、千葉、神奈川など遠方からの参加者が少なくなかった。リッチー伊藤とウィリー楠山の人脈とファン層の広さを象徴するにぎわいぶりであった。22:00終演

なおリッチー、ウイリーにキャンディ山本(京都)を加えた3人はお笑いバンド、ズリオロス・パンチョスを組んだ模様。いつどこで初デビューを飾るのか楽しみだ。

*メンバー構成/Gt&Vo リッチー伊藤、EG   石川マキ、PSG  マッシー釜石、
Vo   中村イズミ、EB   横山ワタル、Dr   アライヒロカズ、KB   オグラヨウイチ

P1950045ウイリー、ロイ、竹井


敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2013-3-7)

写 真:松下洋一

|

« あしなが基金から礼状 | トップページ | 京都オープリー速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしなが基金から礼状 | トップページ | 京都オープリー速報 »