« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の投稿

カントリーライド2013速報

長野県でIT駆使のインドアカントリー音楽祭
生演奏とダンスは映像でシンクロ
懐かしのカントリーとニューカントリーが仲良く

BronkodaceDsc_4989s
本番のブロンコバンド(上)
前夜祭はカントリーカフェで



富士山世界遺産確定の朗報にわいた6月22日、列島のおへそ中央アルブスに囲まれた長野県駒ヶ根市でカントリーミュージック&カントリーダンスの総合イベント・カントリーライドが産声を上げた。前夜祭、後夜祭をふくむこの2日間イベント(主催代表:加藤恵一、カントリーカフェ店主)は、毎秋同店が主催するカントリーパーティ信州・収穫祭のプレミアム版として、ビッグネームを招聘し全国規模のカントリーの祭典を目指し開催されたもの。6/23のメイン会場は駒ヶ根市文化会館、梅雨の中休みにも恵まれ600名近い来場者でにぎわった。

Dsc_5824sダンスは小ホールで


名古屋方面、東京方面からもアクセスは良好。前夜祭・後夜祭会場の駒ヶ根高原リゾートリンクス(ホテル)や前夜祭第2会場のカントリーカフェも駒ヶ根ICを下りて数分と周辺移動も楽である。所沢カントリーミーティング(TCM)でおなじみのブルーグラスバンド、Jプロジェクトやカントリーカフェを拠点とするカントリー歌手、ブロンコも出演するというので、TCM代表・ロイ田沢は6/23所沢から泊まりがけで応援に駆けつけた。(入間ICから八王子IC経由駒ヶ根ICまで210キロ、2時間40分)

Dsc_5130sロビーのピーチボーイズ


Dsc_5177sJプロ


10:00~信州を中心に活動中のピーチボーイズ(代表/福沢武雄・Bj)とJプロジェクト(代表/木村孔次Gt)がウエスタングッズ、地元工芸品、出演アーテーストのCDなど物販コーナーがならぶロビー内で順次演奏、会場の雰囲気を盛り上げている。そこここにハットとブーツ姿のカントリー仲間の再会・交歓風景も見られる。

4人編成(福沢、山田Bs、中尾Gt、清野Md)のピーチボーイズはRose &Old Kentucky 、Lonesome Pine、 You Are My Sunshineなどを。首都圏で活躍する女性2人をふくむ5人組(木村、杉本Bj、十鳥Md、嘉山Fd、十鳥Bs)のJプロはRocky Top、 Night Train To Memphisなどを演奏した。なお、後夜祭ではチャーリー永谷のトークショーに先立ちマンドリ抜きのトリオピーチボーイズが再登板。ブルーグラスの醍醐味であるハーモニーボーカルの完成度は高い。同席のチャーリーは笑顔でうなずいていた。

3
中央:ブロンコ

12:00~日本BBQ協会会長、下城民夫と地元シンガーソングライターの美咲の総合司会で開演、トップはブロンコ(Gt&Vo)率いるザ・イナックス(藤塚和裕Fd&Ch)、蛇沢英夫PSG、駒沢和弘EG、大島康司EB、春日淳也DR)。美咲の歌うオリジナル“ありがとう”  からスタート。Cajaun Baby、 Honky Tonk Dancing Machine、Worlking On A Tan、Hillbilly Boneなどが続き、最後はおなじみAchy Breaky Heartで締めた。Achy~以外は高齢のカントリーファンには耳慣れない選曲だったがブラッド・ペイズリー、ブレーク・シェルトンなど現役バリバリの本場人気歌手の曲を集めたカントリーダンサー向きの曲が中心といえよう。藤塚のコーラスはそれがないとブロンコの歌も活きないほどの価値があり、東京公演(ロンスターカフェでBareback Ridersとして定期出演)ではかならず同行しているという。後半3曲では名古屋を拠点に活動するデミ&ハート・オブ・テキサスがバンドの横で踊ったが、実は他の一般ダンサーは生バンドステージとはなれた隣の小ホールで大型スクリーンに映る演奏を見ながら踊る仕組み。生バンドを見ながら・聴きながら踊る通常のスタイルと大きくことなるこの試みには賛否両論がありそう。客席大ホールから踊りに駆けつけようにも通路はわかりにくく、移動にも数分以上かかる。それでも200名ほどのダンサーたちは客席に気兼ねすることなく踊りまくっていた。

Kur_8753s愛江


Kur_8914s田中バンド

5

L-R村中、北農、愛江、田中、北口、坂野

13:00~いま人気沸騰中の坂本愛江(ヨシエ)がカントリーライドのために特別編成した田中秀(DR &Vo)スペシャルバンドとともに登場した。ドラムスを叩きながら歌えるカントリー歌手が少ないなか田中のSuntan Cityでキックオフ。Silver Wingsでは愛江が歌いデッキー北農(Gt& Vo)がハーモニーをつけた。同じく北農とのデユオでSend A Message To My Heartもよかったが愛江の父、坂本孝昭との父娘デュオを聴けたのはハッピーサプライズであった。曲名はWe Must Have Been Out Of Our Minds、艶のある2つ豊かな声が大ホールを震わせた。京都の永富研二・真梨のように、これからも父娘デユオをたくさんきかせてほしいものだ。この舞台ではナツコグレースとダンシングテキサスが華を添えた。舞台背後の大型スクリーンには小ホールでのダンスシーンが随時リアルタイムで投影(高精細映像とまではいかないが)された。バック陣はほかにフィドル
坂野克幸、ベース北口博之、エレキギター村中靖愛が務めた。

Kur_9074f福原バンド
1
R-L尾崎、高杉、奥沢、古橋、福原、岸本、加藤


14:00~福原照晃&ザ・ウエスタンバンド。キーボードをふくむ8名編成。福原のホームは西宮の“フォートワース”、通常は自身が率いるカウボーイ・ドリーマーズで歌うが、今回はPSGの第一人者、尾崎孝はじめそうそうたる面々がバックを固めたザ・ウエスタンバンドで。ギター&ボーカルの奥沢明雄、フィドルの岸本一遙、エレキギターの古橋一晃・・・。Western Blue Sky、 Honk If You Honkytonk、 Amarillo By Morningのあと福原はいつもながら“元気にコンサートに参加できて歌える幸せ”を聴衆に語り、さらに“人生そう長くはないのだから楽しく生きたい”とHere For A Good Timeが続く。そしてオールドファンにはこたえられない曲、古くから歌い継がれてきて、さまざまな香りが込められた歌(福原)がどんどん出てくる。South Of The Border、I Love You Because、 Love's Gonna Live Here Again、You Are My Best Friend・・・。舞台照明も効果的だ。

8_2
チャーリー永谷

6_2
LーR有田、尾崎、岩本、井上、チャ-リー、小池、はるか

15:00~さあ、チャーリー永谷の時間がきた。熊本カントリーゴールドを4半世紀にわたり引っ張ってきた男、喜寿を迎えた77歳。白いものが混じらない黒々した頭髪とあごひげ、その風貌からも日本カントリー音楽界の教祖さまと尊称したい。率いるバンド名はキャノンボールズ、結成した1961年いらい在籍したメンバーは80名という。現在の団員は30歳~50歳代(推定)とみな若く、6名中5名がボーカル、コーラスともこなせるのが強みだ。すなわちドラムスのチック井上、ギターのマーク有田、エレアコのハリー岩本、ベースのフレディ小池が歌う。PSGのランディ尾崎(尾崎孝息子)、フィドラー吉富はるかが楽器専任である。チャーリーのリードボーカルではTiger By The Tail、Together Again 、The Bottle Let Me Downを独特の節回しで聴かせてくれたが、次々歌う若手の歌は筆者にはなじみがないため曲名を聞き取れなかっが、みなカントリーフィバー満点の歌唱と言いたい。正に日本カントリー界の星たちである。圧巻はアラバマのヒット曲、Mountain  Musicだった。重量感あふれるカルテットボーカルは鳥肌もの。スモークが床から3本吹き上がり、ミラーボールが派手に輝き、はるかのフィドルーがアップテンポで炸裂したところで会場はクライマックスに達した。最後はMy Name Is Good Time Charlie、1956年からカントリー歌手となった自らの音楽人生を情感込めて歌う。彼が主催するカントリーゴールドでの必演曲であり、本場ナッシュビル、

グランド・オール・オープリーの舞台でも、アメリカの観客や日本から引率したファンを前に毎年披露されている。
Dsc_6246sフィナーレ


フィナーレは出演者全員が舞台に揃いOn The Road Againを。     16:00終演

18:00からの後夜祭にも参加し会場ホテルに宿泊。翌朝ホテルロビーでチェックアウトしたばかりのチャーリーと第25回熊本カントリーゴールド(10/20)での再会約束の握手をしてお別れした。あいにく駒ヶ岳ロープウエイはメンテ休業中でアルプスの壮大な眺めは体験できなかったが、目の前に駒ヶ岳を臨むカントリーカフェの店内を見学したあと帰路に。会場で買い求めた愛江の最新アルバムSOMEDAYには、先述の孝昭・愛江デユオ曲、~Out Of Our Mindsも収録されておりコンサートの余韻にひたりながら車を走らせた。

敬称略 (リポーター:ロイ田沢 2013-6-25)

写真提供:黒田耕司

| | コメント (0)

東大和・クーライブ速報

R0010963s右手にステージ


所沢や小平から至近距離にある東大和市の癒やしの隠れ家、カフェバー・クー所沢カントリーミーティング(TCM)の主催グループによるカントリーナイトが、梅雨空が一服した9/16(日)夕刻から開催された。当店の杏ふるやママには今年のTCMから総合司会を努めていただいており、ジョージ桑名とともに来年も続投予定。

R0010909s福島&萩原


R0010925sR0010920s
GVB:L-R福島、山田、萩原、ロイ                     下:杏&ロイ



19:00開演。総合司会、TCMのスタッフ古谷実の紹介によりトップはTCMのホストGreat Valley Boysが務めた。当バンドの大黒柱、名門明大カントリーケーパーズの初代PSG奏者萩原昭のしらべをフィーチャーしたSteel Guitar Swing(インスト)に続き即、アカペラでTogether Againのボーカルが始まる・・・これがこのバンドのキックオフパターンだ。Oh Lonesame Me 、Love's Gonna Live Here Again、Today I Stared Loving You Again、Four Wallsなどが続き、ボーカル&MCのロイ田沢が客席のカントリー歌手、エデイ稲田(Storm Riders代表)を招きHeartaches  By The Numberなどを披露いただき、続いて杏ふるやママが白いカントリーハット姿で登場、ピアノを弾きながらJambalayaや,Country Roads のハーモニーに。Your Cheatin' Heartの間奏中にメンバー紹介をしYou Are My Sunshineを客席と唱和しながら終えた。当夜はエレキギターの名手、棚沢潤が仕事都合で不在だったのは残念。
構成:萩原昭(PSG) 山田雅春(EBs)、テッド福島(Dr& Vo)、ロイ田沢(AGt& Vo)

R0010931sクリッカーズ


R0010975s杏ふるや


2番手はハウスバンド、Crickers 129、先ずはWild Wood Flowersが心地よいサウンドで流れた。ロカビリーバンドとの触れ込みであったが、ふたを開けてみると駄洒落や気の利いた冗談を交えたコメディバンド、本場で言う(http://ja.wikipedia.org/wiki/ミンストレル・ショー)と呼ぶのがふさわしいと古谷が解説した。ミッキーマウスそっくりのしゃべりとプレスリーのものまね歌唱(That's Alright 、I Can't Stop Loving You、 Blue Suade Shoesなど)で客席をわかせた。TCM常連の関西系エンタメ志向バンド、Jプロジェトも顔負け?
編成:A.Gt、 E.Bs、 EA.Gt、 Piano、 EGt  (リーダー杏ふるや、メインボーカル&ものまねミッキー)

R0010986s

R0010993sLーR:小林、斎藤、花沢、川野、古谷、エディ



R0011001s


トリは当店の常連バンドでもあるOrange Brossom。リーダーの古谷実はほかにも数バンドに所属し、ベースやドブロを弾きコーラスにも参加する。キックオフは彼らの定番Long Goneから。終わるといきなり前バンドの余韻冷めぬ中、エディによるミッキーマウスのものまねご挨拶が飛び出し店内はまた笑いの渦。最近メンバーを補強しボーカルにエディを迎え、フィドラーとしてハーモン花沢が加入、ブルーグラスには不可欠のハーモニーボーカルの厚みがぐっと増した。カントリー界でもおなじみのDim Lights Thick Smoke(今年の熊本カントリーゴールドに参加するダリル・シングルトリーも持ち歌)、Cuckoo Bird 、Drifting Too Far From The Shore (セルダムシーンの珠玉のセイクレッド)、Once Moreなどブルーグラスゴスペル(ハーモニー)の名曲が続く。最後はこれぞブルーグラスとばかりに特有のドライブを利かせた超有名インスト曲、Foggy Mountain Breakdownが店内に響き渡った。古谷の呼び込みお客として来店のファン数名も舞台に立ち、お得意の曲を披露した。
構成:レスター川野(Gt&Vo)、エディ稲田(G&Vo)、アール斎藤(Bj&Vo)、ヒューズ三浦EBs)、クラレンス小林(Mn&Vo)、ハーモン花沢Fd)、ジョンソン古谷(Db&Vo)

R0011007R0011011

ゲスト:佐々木仁(上)                三浦&ゲスト:菅野一弥


22:00終演

敬称略 (レポーターロイ田沢 2013-6-18)

写真提供:大庭進

| | コメント (0)

MOJOでカントリー&ブルーグラスの夕べ

所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンドと2つのTCM常連ブルーグラスバンドが地元、所沢市内のカフェレストランでジョイントライブを開催することになりました。応援よろしくお願いいたします。 TCM代表 ロイ田沢

「130630_r4.pdf」をダウンロード←チラシはこちらから

日 時:2013-6-30(日) 18:00開場 18:30開演

場 所:MOJO 所沢駅西口から徒歩7分 04-2923-3323 www.mojo-m.com

料金:¥3000(食事+MC、飲み物別)

出演:Great Valley Boys、Orange Blossom 、Bluegrass Tuesday

| | コメント (0)

あすCOOでカントリーミュージックナイト

東京都東大和市(小平市、所沢市から至近距離)、いやしの隠れ家・カフェバー・クー(Coo)でも所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンドがその仲間たちと競演します。クリッカーズ129はクーのママさん、杏ふるやが率いる新生カントリーバンド。どうぞお楽しみください。 カントリーダンスもたっぷり踊れます。TCM代表 ロイ田沢

「130616_r2.pdf」をダウンロード←ちらしはこちら

日時:2013-6-16(日) 18:00開場 19:00開演

場所:カフェバー クー  www.cafebar-coo.com 西武拝島線・東大和駅 徒歩5分

料金:¥2,000 (1ドリンク付き)

出演:Great Valley Boys、Crickers 129、Orange Blossom 

| | コメント (0)

こんぴらマウンティン・ジャンボリー速報

所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンドGreat Valley BoysとBluegrass Tuesdayが混成で参加、所沢カントリーダンスクラブなどダンサーも踊る

065ssTCM077ssBT岸野&GVBロイ

青梅ウエスト・マウンティン・ジャンボリーとして3年間続いたインドア・カントリーコンサートは会場をアウトドアに代え、青梅商店街の守り神、JR青梅駅裏山にあるこんぴら神社境内で開催の運びとなり、地元バンドなど計5団体の参加により実現した。主催は従来通りWMJ実行委員会(代表・伊藤哲夫)

084ss常連・天才ばーぼんず086ss地元・SSS

こんぴら神社の斎藤慎一神主(前青梅文化財審議会会長、武州青梅金比羅宮祭主)により定刻12:00より奉納儀式が執り行われた。こんぴら様は音楽の神様、12:20から16:00まで数十名の参拝を兼ねた観衆が奉納演奏を楽しんだ。境内までは急峻な階段と坂道の苦行を強いられたが、好天に恵まれたことがなにより。

出演:
3ペアーズ(青梅・カントリーポップス)
カントリーパートナーズ(花小金井・カントリー)
TCMホストバンドチーム(所沢・カントリー&ブルーグラス)017ss右手がステージ



天才ばーぼんず(東京・カントリー)
Six Silver Strings(青梅・ブルース) 

ジャムセッション:Coywboy Boots/ 伊藤哲夫チーム、Jambalaya/ リッチー伊藤チーム、Will The Circle Be unbroken/ ロイ田沢チーム

開催日:6/9(日)、入場料はお賽銭のみ

(レポーター:ロイ田沢  2013-6-9)

写真:トム佐藤

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »