« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の投稿

6/29所沢MOJO速報

所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンドのGreat Valley Boys(代表・ロイ田沢)はTCMの幹事ブルーグラスバンドTuesdays(代表・大庭進)と Orange Blossom (代表・古谷実)と、年2回6月、12月各最終日曜日が定例となった“カントリー&ブルーグラスの夕べ”を共催した。所沢駅西口を出て左手ワルツとパークホテル前を歩いて7分、右角のテーイングビル2階の音楽喫茶MOJOが会場。音響機材、ドラムス、ヒアノなど楽器完備、床は木製でダンスも可能、鳥唐揚げなど食事がうまいことでも知られている。

夕方の土砂降りで、参加予定者の足が懸念されたが、予定通り18:30開演、Tuesdaysから。ソリッドなブルーグラスから範囲を広げ、和製フォークも取り込み、1970年代の“さるまたの歌”やブルーグラスの名曲Banks Of The Ohioの日本詞(作・小林明人)などを披露し、メンバー紹介を各人の目方順に行うなどで笑いをとっていた。編成は大庭Gt 中村章二Md、岸野克己Bj、古谷実Bb、小林明人Bs、カントリーダンサーに人気のあるフィドラー船橋洋平は豪雨で足止め欠場した。ポピュラーなブルーグラスをメドレーでテンポよくハモり進行にメリハリをつけていた。バンドとしての新カバー曲はWhy Don't You Tell Me Soを大庭が歌った。

Mojo_003
Great Valley Boysは先の青梅フェスと同じ5名編成。一般の方にもなじみのあるAre You Lonesome Tonight、“ジャンバラヤ”、“カントリー・ロード”、“知りたくないの”、初お披露目のBranded Man(烙印を押された男)、 Sick Sober And Sorry(酔っ払ってごめん)、そしてHey Good Lookin' では間奏部でメンバー紹介をして全14曲を終えた。首を痛めて欠場した女声ボーカルのハルミはTCM2015に再起を期す。ロイGtのほかにデッド福島Dr、三浦泰介EGが歌えるので心強い。萩原昭PSGと山田雅春Bsもアンサンブルをがっちり締める。
       
Mojo_005s
Orange Blossom は複数の団員の諸事情から練習時間が十分とれず新しい曲のまとめに苦労した模様。MC古谷は“お聞き苦しいところはご容赦を”とジョークを交えて連発していたが、さすが歌い慣れたお得意ナンバーDrifting Too Far From Shoreや Dim Lights,Thick Smokeにはざわついていた客席が急に静まる絶妙のハーモニーであった。編成川野Gt、花澤Fd、小林Mn、三浦Bs、古谷Db、さらにTCMにカントリーバンドStorm Ridersを率いて出演するエディ稲田も今夕のオレンジの一員で参加した。来る9/14昭島「ウエスタンの日」(主催:藤井三雄)には総合司会を務める。

Mojo_009sMojo_013s

サプライズミュージシャンが来店したこともあり、オープンステージが設けられた。
遠路桐生市からエレキギターの名手、ケニー塚本(萩原の別のバンドメイト)と高円寺からは神戸の名門シャギーマウンティンボーイズの元バンジョー奏者、森田福司(都内ムーンストンプで活動中)が舞台に上がり、先ずは森田が“想い出のグリーングラス”を歌い塚本がハーモニーをつけた。ロイと稲田の歌をはさみ最後は全メンバーがTCMのテーマ曲、“永遠の絆”を演奏して、3時間・4ステージが無事終了した。

参加総数は20数名と少なめだったので、カントリーダンスのスペースに余裕があった。トコダンからは5名が参加してステップを楽しんだ。所沢川柳会のカントリーファンが3名、また生粋の所沢っ子T氏のファーストネームはアキラ、MOJOのご縁でいまや萩原アキラの追っかけである。また三浦や福島のお仲間ジャズピアニストY女史の姿もあった。21:30終演

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2014-6-30)
                                                 
写真:トム佐藤

*MOJOでは清瀬生まれ札幌在住のカントリーミュージシャン大野真吾(小樽フェス2004~2009年出演)の公演を9/10(水)に予定しております。
また、先述9/14(日)昭島フェスにはGVBが11:00にトップ出演の予定です。応援よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

6/24 近藤俊策はっぽんBluegrass教室

ご存じだろうか国立・はっぽんの毎月第4火曜日は「近藤俊策のブルーグラス教室」。来春の所沢カントリーミーティング(TCM)のこともあり、打ち合わせを兼ねてうかがった。この日の課題曲はI'm Using My Bible For A Road Map、キーGで数名が車座で練習。ウエイファーのリーダーでもある近藤の専門はマンドリンだが、指導中は主にギターを使う。

Cimg0576_3226x1815s R/Iguchi

レッスンが終わると、生徒たちやなじみ客が舞台で歌う。この日の目玉は桐朋高校OBで成蹊大学Kentucky Cabinnersの3代目を担った井口茂。現在はカントリーバンドDrifting Cannonballsのバンマスとして活動中だが、 このほど桐朋仲間でブルーグラスバンド、多摩川カルテット(仮称)を立ち上げ、お披露目した。Fox On The Runなどは本家・ウエイファーに迫る仕上がりだった。

Cimg0580_3226x1815s C/Fujita

近藤教室の女生徒一人がマンドリを弾きながら近藤とバンジョー萩生田和弘のサポートで歌った。和製ロンダ・ビンセントとしてこれからが楽しみだ。かなり経験を積んだガールズデユオのカシオペアも演奏した。

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2014-6-26)

Photo by Kondo

| | コメント (0)

6/22横浜LPP速報

Lpp3 Jプロ

横浜ブルーグラスの祭典、第16回リリーピッキングパーティ所沢カントリーミーティング(TCM)の幹事、大庭進が表敬訪問しました。会場の同市緑公会堂では、LPP実行委員でもあるJ Project Bandや初参加のThe Way-Faring Strangersなど計12バンドが400名超えの観衆の大喝采を浴びていたとのことです。TCM代表 ロイ田沢

https://www.facebook.com/profile.php?id=100003064368444 ←詳細レポート

Lpp ウエイファー

写真:大庭進

| | コメント (0)

MOJOでカントリー&ブルーグラスの夕べ

所沢市内では数少ない音響のすばらしい音楽レストランMOJO所沢カントリーミーティング(TCM)のホストカントリーバンドが2つのブルーグラスバンドとジョイントライブを行います。 TCM代表 ロイ田沢

日時:2014-6-29(日)、18;00開店、18:30から演奏開始。詳しくは下記サイトで

http://mojo-m.com/

| | コメント (0)

6/20藤井三雄ショー速報

Mitsuo_fujii 藤井三雄(78)元気です

毎月第3金曜日に国立・はっぽん(店主:大島正光)で行われる藤井三雄ショー(スリーサンズ+キャンデイ岡田)に初参加した。7時開店、8時からステージと遅めの時間帯のため、国立駅南口を出て左手にあるユニーク居酒屋、“まっちゃん”で名物の豆腐入りもつ煮込みをさかなに熱燗をやる時間も十分あった。ここは土曜日以外は女人お断りの店、そのせいなのかいつも満席で回転が早い。

はっぽんに7時に入るとまだリハ中。30代前後と若い3人は西原兄弟(兄ツバサDr、弟潤EG)と江口徳(タダシ)Ba、日により宮城智子などのゲスト歌手がジョイントし、EGが大石善也に代わることもある。キーボード&ボーカルをケン川越バンドの紅一点、キャンディが務める。第一部は楽器演奏が中心。藤井の自作、“蛙の歌”ではSGが蛙役、EGはなにかほかの動物を演じているようだった。“息子たち”はジャズコンボでも活動していて、インストではジャジーな曲調が多い。

大月カントリーミュージック愛好会(会長:藤本昌作)が盛夏に主催する都留BBQパーティの常連でもあるアマチュアカントリー歌手が数名来店していた。第二部ではキャンディの呼び込みで次々舞台に立つ。先着順で筆者がトップ、来春(1/24)の所沢カントリーミーティング(TCM)の宣伝もさせていただきキャンディのコーラスでレイ・プライス曲を。続いて、Any Time、森の小径、テネシーワルツ、You Win Again、カントリーロードなどおなじみのナンバーを各人1曲づつ。エンディングでは大島マスターがIs Anybody Going To San Antonを日本詞(訳者不詳)で軽快に歌った。 

藤井三雄が主催する昭和の森「ウエスタンの日」(昭島市)の詳細が公表された。TCMホストバンドのGreat Valley Boysは11:00からのオープニングを務め、TCM常連Grass Country BoysはじめOle Country Boys、天才ばあぼんずなど計8つのカントリーバンドが出演する。またゲスト歌手として宮城智子、ケン川越、エディ稲田がホストバンド藤井三雄&スリーサンズで歌い、稲田はアナウンサー三谷啓子とともに総合司会を務める。昨年は台風で中止だったが、9/14は好天でありますように。
敬称略 (レポーター:ロイ田沢)

| | コメント (0)

“音まちプロジェクト”始動

所沢市が音楽のあるまちづくりに取り組み始めました。様々な分野のミュージシャンたちが市内で気兼ねなく演奏活動をするための環境作りのため繁華街路上にライブが可能なコーナーを設けたり、所沢駅ナカの“とこテラス”を西武鉄道と相談しながらライブスペースとしての活用を推進しようというものです。また、近々市内のライブハウス(MOJO、スワン、ネーブ、サウンドストーンなどなど)のマップも完成させる予定です。さらに、活動歴5年以上の音楽団体に関しては、その公演コンサート情報を広報告知するなどで支援を行います。

所沢カントリーミーティング(TCM)の代表が、市の経営企画部企画総務課・吉田謙治主幹にお会いして上記お話をうかがいました。同氏は伝統ある所沢市民吹奏楽団のコンダクターとしても活躍されてます。

TCM代表:ロイ田沢  2014-6-18

| | コメント (0)

6/8青梅WMJ速報

2010年6月に昭和レトロの街、青梅市の街おこしの一環で産声を上げた青梅ウエスト・マウンテン・ジャンボリー(主催代表:伊藤哲夫、@青梅織物組合内・ボックス・キオク)は会場を新たに6/8(日)5回目を開催した。例年より早い梅雨入りで、あいにくの雨にもかかわらず、首都圏立川・青梅沿線のJR青梅駅から徒歩圏内でアクセスよく、インドア会場でもあり来場総数は200名超えでにぎわった。11時開演のトップを切ったのは001s 天才ばあぼんず、このイベントには初回から参加しており、漫画家・赤塚不二夫ゆかりの青梅には故人の記念館があり、その公認バンドでもある。今年バンド結成20周年を迎えての登壇だ。

004s 005s2番手は地元で音楽レストランを経営する朝日夫妻率いるバンドで、昨年の所沢カントリーミーティング(TCM)にも出演したVery Old St.Nick。3番手は先の所沢航空公園のロンピクでもおなじみリッチー伊藤とその仲間たち。舞台の左手には手ごろなダンススペースもありカントリーダンサーたちはなじみのカントリーソングの数々に合わせステップを踏む。

010s_2持ち時間35分でオンタイムで進行、カントリーロックバンドに続き、13:25にはフルバンドとしては初参加のGreat Valley Boysの出番。TCMのホストバンドとして、来春1/24の第8回目をPRをしながら10曲披露。TCMのホストダンサーであるトコダンからも3名が駆けつけた。

14:00、70年代のフォークを歌う2人組がおわり、新企画・ヒッホップダンスグループが舞台前に並びCD音源で踊る。近年は小学校でもこの踊りを教えているようで、みたところ小中学生の男女のようだ。小金井のフラワーホールでサンディ・アフタヌーン・カントリー(毎週第4日曜日)を主催する015s Country  Partnersとカントリー・ロックバンド(フィドラー笹島や陶山の姿も)が演奏し、主催代表の伊藤が率いるブルースバンドSSSが最後を飾った。終演 16:55   

福生(フッサ)、河辺(カベ)など 難解駅名が多い青梅沿線の小作(オザク)で知名度があったライブハウス、ルシールが閉店した。銀座のナッシュビルも8月にクローズ。こんな中で、東青梅駅前にbeeが誕生した。今回の打ち上げ会場も実はここ。音響機材付きステージがあり床は木製でカントリーダンスにも申し分なしである。

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2014-6-8)

写真:トム佐藤

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »