« “音まちプロジェクト”始動 | トップページ | MOJOでカントリー&ブルーグラスの夕べ »

6/20藤井三雄ショー速報

Mitsuo_fujii 藤井三雄(78)元気です

毎月第3金曜日に国立・はっぽん(店主:大島正光)で行われる藤井三雄ショー(スリーサンズ+キャンデイ岡田)に初参加した。7時開店、8時からステージと遅めの時間帯のため、国立駅南口を出て左手にあるユニーク居酒屋、“まっちゃん”で名物の豆腐入りもつ煮込みをさかなに熱燗をやる時間も十分あった。ここは土曜日以外は女人お断りの店、そのせいなのかいつも満席で回転が早い。

はっぽんに7時に入るとまだリハ中。30代前後と若い3人は西原兄弟(兄ツバサDr、弟潤EG)と江口徳(タダシ)Ba、日により宮城智子などのゲスト歌手がジョイントし、EGが大石善也に代わることもある。キーボード&ボーカルをケン川越バンドの紅一点、キャンディが務める。第一部は楽器演奏が中心。藤井の自作、“蛙の歌”ではSGが蛙役、EGはなにかほかの動物を演じているようだった。“息子たち”はジャズコンボでも活動していて、インストではジャジーな曲調が多い。

大月カントリーミュージック愛好会(会長:藤本昌作)が盛夏に主催する都留BBQパーティの常連でもあるアマチュアカントリー歌手が数名来店していた。第二部ではキャンディの呼び込みで次々舞台に立つ。先着順で筆者がトップ、来春(1/24)の所沢カントリーミーティング(TCM)の宣伝もさせていただきキャンディのコーラスでレイ・プライス曲を。続いて、Any Time、森の小径、テネシーワルツ、You Win Again、カントリーロードなどおなじみのナンバーを各人1曲づつ。エンディングでは大島マスターがIs Anybody Going To San Antonを日本詞(訳者不詳)で軽快に歌った。 

藤井三雄が主催する昭和の森「ウエスタンの日」(昭島市)の詳細が公表された。TCMホストバンドのGreat Valley Boysは11:00からのオープニングを務め、TCM常連Grass Country BoysはじめOle Country Boys、天才ばあぼんずなど計8つのカントリーバンドが出演する。またゲスト歌手として宮城智子、ケン川越、エディ稲田がホストバンド藤井三雄&スリーサンズで歌い、稲田はアナウンサー三谷啓子とともに総合司会を務める。昨年は台風で中止だったが、9/14は好天でありますように。
敬称略 (レポーター:ロイ田沢)

|

« “音まちプロジェクト”始動 | トップページ | MOJOでカントリー&ブルーグラスの夕べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “音まちプロジェクト”始動 | トップページ | MOJOでカントリー&ブルーグラスの夕べ »