« 「音楽でまちづくり」 | トップページ | 8/4カントリーBBQ大会速報 »

サンデーお昼間ライブ速報

オールドカントリーファンの穴場

毎月第4日曜日、小金井のサンデー・アフタヌーン・カントリーには沿線のカントリー大好きシニアが集まる。今月は例外的に一週間繰り上げ7/20に行われた。会場はJR中央線、武蔵小金井駅南口から徒歩7分のフラワーホール(商業ビル2階)で所沢方面からもアクセスがよく、沿線に住むカントリー&カントリーダンス愛好家の穴場である。地元で地道に活動するアマチュアカントリーバンド、カントリーパートナーズ(代表:本木隆)がホストを務めており、筆者は半年ぶりにうかがった。

13:00、米沢の名司会で1部が始まった。森田福司(Fd&Gt)のカントリー・ロードではナンシー上野のハーモニーが効果的。トミー黒田(75)のコーライジャは日本詞も入れベテランの味わい。星野夫妻(EG&AcGt)はUnder Your Spell AgainとKeep On The Sunny Sideを披露、さすが夫婦デュオ、ハモりがすばらしい。キャロライン夫人はカントリーダンスも踊る。PSG本木、Dr布施、EB米沢はがっちりバックを固める。ジェニーは懐かしのオーキャロルを身体のひねりを利かせながら熱唱した。このバンドはニューズ・ペーパーを本木の手書き、手作りで発行しており、直近6月分の小金井市社会福祉協議会への寄付金は¥8,350とあり、年間ざっと10万円。若き日の本木や仲間の黒田が歌手田代みどりのバックでギターを弾く古い写真(撮影場所:立川日活映画館)も掲載されていた。

みんなのステージでは各2曲づつ、数名の男女が次々と舞台に立った。おなじみの名曲の数々に客席から暖かい声援が飛び、ダンサーたちはカウガール・ツイストやらスライドのステップを踏んで盛り上げた。ロイ田沢は最後に呼ばれ、所沢カントリーミーティング(TCM)2015の宣伝かたがたMansion On The Hill、Kentucky Waltzなどを歌わせていただいた。

続いてブルーグラスバンド。前回と顔ぶれが異なりバンド名はラウンド・グラスと称し、ギター森田、マンドリン橋本、ドブロ古谷(TCM幹事)、ベース(縦型エレキ)新藤、バンジョー奈佐の面々。ギター内田不二雄(青梅)の代わりに本来フィドルの森田がギターを務める構成だ。Rolling My Sweet Baby's Armsのハーモニーボーカルは聴き応え満点、ブルーグラスの定番インストおじいさんの古時計とFoggy Mountain Breakdownでも店内を沸かせた。後者はいかに早く弾けるかを競うバンジョー奏者必演の曲、55歳と最年少の伊佐はみごとに演じた。国立・はっぽんで別のバンドで定期出演している橋本のマンドリンも火花を散らした。最後のステージではエレキギター&ボーカルの田村が登場。ジミー時田バンドでの活躍歴もあるだけに第三の男のギターソロは秀逸。ルート66の歌唱もよかった。 終演16:00

次回開催日:21014-8-24(日)開場12:45 開演13:00
入場料:¥500(1ドリンク付き)+寄付金¥200

またカントリー・パートナーズの有志も毎回参加する高円寺・ムーンストンプでのカントリーセッションライブは毎月第2金曜日に開催されている。8月は8日、18:00開店、19:30からスタート。MCなし。

問合先: fkmorita@etude.ocn.ne.jp(森田)

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2014-7-21)

|

« 「音楽でまちづくり」 | トップページ | 8/4カントリーBBQ大会速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「音楽でまちづくり」 | トップページ | 8/4カントリーBBQ大会速報 »