« はっぽんでブルーグラス忘年会 | トップページ | ブルーグラスの故郷から »

所沢MOJOでTCMミニプレイベント

Img_3577s
Img_3575s

RG           名物とりの唐揚げ

歳末の12/28(日)、1/24(土)の所沢カントリーミーティング(TCM)に出演するバンドの約1/3が集まり“前夜祭”を開催した。会場はレストラン・ライブハウス、MOJO(店主・工藤昭太郎、所沢駅西口から徒歩7分)、TCMのホストを務めるカントリーバンドとブルーグラス2バンド、総勢17名が“カントリー&ブルーグラスの夕べ”(18:30~21:30)で競演した。一般客の中には最近カントリー音楽に触れ、ナマで聴きたくなったという20代の若い男女グループ、また航空発祥の地だけあり、入間航空自衛隊元パイロットと現役航空管制官の姿もあった。

トップを切ったのは内田不二雄率いるRound Grass。活動拠点の小金井フラワーホールの月例サンディ・アフタヌーン・カントリーでの出番を終えての参加。米製粉大手、マーサホワイトのCMソングのハモりで軽快に走り始めた。途中、大庭進(TCM幹事)が仲間に入り歌い慣れたLove Me Darling Just Tonightなどを熱唱した。

Img_3580sImg_3579s
GVB

スチールの名手、萩原昭と車いすで健闘するベース山田雅春を擁するGreat Valley Boysはクラシックカントリーを1ダースほど披露。ドラムスを叩きながらテッド福島がSick Sober And Sorry、エレキーベース三浦泰介はLove's Gonna Live Here Again、ボーカル&MCのロイ田沢(TCM代表)は“知りたくないの”、Sing Me Back Homeなどを歌ったが、初心者にも分かりやすい曲説明を心がけていた。

Img_3586sOB

古谷実(TCM幹事)などベテラン揃いのOrange Blossomがトリを飾る。Old Home Place、Cukoo Bird 、Drifting Too Far From The Shore 、Thick Smokeなどブルーグラスの名曲がずらりと並ぶ。ハーモニーボーカルの洗練度がブルーグラスの死命を制すだけにみな真剣だ。カントリー歌手のエディ稲田が最近加わり4重唱Drifting~が完成したようだ。

Img_3591sImg_3592s
Will The Circle Be Unbroken

フィナーレに先立ち、遊びにきていた小平在住の菅野一弥が舞台に呼ばれ、Blue Eyes Crying In The Rainを歌い終わるとアンコールの声、One Thing On My Mindを萩原など速成バック陣の伴奏で気持ちよく歌っていた。TCMのテーマソング、“永遠の絆”は出演3バンド有志が身体を寄せ合いながらが合唱した。クリスマスの余韻醒めやらぬ稲田(1/24は藤井三雄バンドでも歌う)は客に“聖夜”を歌わせる余興もあった。

敬称略 (リポーター:ロイ田沢 2014-12-29)

写真:大庭進

|

« はっぽんでブルーグラス忘年会 | トップページ | ブルーグラスの故郷から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はっぽんでブルーグラス忘年会 | トップページ | ブルーグラスの故郷から »