« あしなが基金から礼状 | トップページ | 航空公園・さくらコンサート出演決定 »

第15回ジミー時田メモリアル速報

Img_5151
009

今年もジミー時田メモリアルコンサート(3/7土、主催:花岡詠二、会場:赤坂区民センター)に参加した。あと5日で64歳になる2000年3月10日に他界したジミーをしのぶこのイベントはカントリー、ブルース、ブルーグラス、デキシーランドジャズ、ウエスタンスイングと多彩。カントリーファンならずともアメリカ南部音楽を堪能できると言えそうだ。

オープニングは花岡のクラリネットが情感豊かに聖歌What A Friend We Have In Jesusをソロで奏で、デキシーランブラーズ(トランペット/下間哲/トロンボーン/刈込博之、ギター/佐久間和、バンジョー/青木研(4弦)吉原聡(5弦)、ウッドベース/加藤人、ドラムス/野呂尚史)の合奏に入る。昨年はヘンリー矢板(2011年の所沢カントリーミーティンングに出演)のアカペラボーカルだったが今年はインストで。続いてジミー時田の後継者、ヘンリーがLong Gone Lonesome Blues とWeary Blues From Waitinを歌い、プログラムにはないHey Good Lookin'も披露。昨年は都合で欠場した青木が入り、バンジョーバトルが可能になりダンス曲にもなっているDueling Banjoが演じられた。2人は舞台両袖に立ち、始めは音を押さえスローに、次第に音量とスピードを上げていくパターン。最高潮に達すると曲弾きになる。相手の楽器に指を絡めながらの2重奏。8名が数珠つなぎでやるのは京都カントリードリームで見たが、青木・吉原によるこのようなツイン曲芸は初めて。おみごとでした。
軽快なデキシーバンド演奏Maskrat Rambleなど2曲をはさみ、ヘンリーのSomeday、On The Road Again 、Changing Partnersで第1部終了。

Img_5196


16:15、第2部はファー・イースト・ウエスタナーズ*がヘンリーのバックを固める。スティールギター/大江(ムッシュ)俊幸、ギター/北農(デッキー)英則、フィドル/阪野克幸、エレキベース/小宮山隆、ドラムス/野呂尚史。キックオフはLove's Gonna Live Here Again、いつ聴いても胸躍る名曲。ぐっとスローなI Never Go Around Mirrorsが続く。情けない男の歌(ヘンリー)なのに、レフテイ・フリーゼル、マール・ハガード、ダリル・シングルトリーなどなど1ダース以上の歌手がカバーしているほどの人気曲。そしてMy Shoes Keep Walking Back To Youでは北農がハーモニーをつけた。さらに今売れっ子のキャリー・アンダーウッドのI Told You Soを歌い、ブルーグラス編に移る。

021


おなじみニューヨーク・マイアミ間を走る豪華列車を称えるOrange Blossom Specialはフィドラー阪野が際立つ。続くRoky Topでは、“銀座にある同名の店で、演奏したことがあるような気がする”と花岡、そしてもともとブルーグラスにも強い北農がマンドリンで盛り上げた。圧巻はフォギマンことFoggy Muntain Breakdown、バンジョー曲の愁眉、ツインバンジョーや骨太なスチール(大江)サウンドの効果もあってか、厚みといい疾走感といいふだん耳にするそれとは異なる。

Img_5176


若草カラーのシャツに着替えたヘンリーがふたたびセンターマイクに立つ。ジミー時田のジミーはジミー・ロジャースからいだだいたもの(花岡)だけに、35歳の若さで他界(結核)した彼の曲を愛唱したものだ。その中からMiss The Mississippi And You、 Mississippi Delta Blues いずれもヨーデルが聴かせどころだ。花岡のサックスを加えて、いわばテキサススイングのTake Me Back To Tulsaでのハーモニーは花岡を入れた3声で軽快にさわやかに。ラス前は4曲目となるハンク・ウイリアムズのナンバーからI'm So Lonesome I Could Cry。最後にカントリーの国民的愛唱歌、カントリー・ロードを観客とともに合唱、さらにI Saw The Lightで閉幕。帯同したクラシック系の家内は帰路、次回は友人を誘ってみようかなとつぶやいていた。
15:00開演、17:30終演、入場料¥4000、 入場者数400名(推定)、来年の開催は2月6日(土)

敬称略 (レポーター:ロイ田沢 2015-3-9)

 

写真:安川忠男、花岡詠二

 

*来る6/6お台場で開催のイベントで当バンドに伴奏いただきロイ田沢も歌わせていただきます。(詳細追報)

|

« あしなが基金から礼状 | トップページ | 航空公園・さくらコンサート出演決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしなが基金から礼状 | トップページ | 航空公園・さくらコンサート出演決定 »