« 7/26バックインタウン/ブルーグラスライブ速報 | トップページ | 昭和の森 ウエスタンの日 出演バンド »

8/2大月・カントリーBBQパーティ速報

大月カントリー音楽愛好会(会長・藤本昌作)主催の盛夏恒例カントリーBBQパーティは会場を都留市・すげのレジャーセンターから大月市鳥沢・ハッピーランド(小俣邸ガーデン)に代え、8/2に通算12回目が開催された。公式総入場者数(130名)の割にはコンサートエリアは手狭であったが猛烈な暑さと強い日差しのなか、、 熱中症さわぎもなく、坂本愛江のサプライズ出演効果もあり、3つのプロバンド、6つのアマバンドはみな気力の演奏、16名のゲスト歌手の熱唱や30名超のカントリーダンサーたちの応援と相まって、文字通り会場はわきにわいた。

10:20開演。地元山梨のハワイアンバンドのリーダー日原厚(SG)は尾崎孝を師とするが、涼しげにズムを刻みながら口もなめらかだった。カントリーのトップは笠原夫妻のWalkin' Back、Okie From MuskogeeやWorking Man Bluesなど。リーダー、ドン笠原は2Lペットボトルから直接水分補給しながらの熱演だった。

Img_5704GVB


続いて所沢カントリーミーティング(TCM)・ホストバンド、Great Valley Boysが新編成で登場、縁があって加入のリュー佐藤(EB、所沢・Rラウンジ経営・詳細下記)が、Little Ole Wine Drinker MeやI Never Go Around Mirrorsでロイ田沢(AcGt)の歌唱をコーラスでもサポートした。テッド福島(Dr)はSick Sober And Sorryで、On The Road Agianでは森田福司(Fd、Gt)がそれぞれリードボーカルと歌い手も多彩に。バンドの最高顧問、萩原昭(SG)は3バンド掛け持ちの重責にめげず円熟のサウンド、ハーモニカを吹く野村義男(EG兼)も健闘した。

立教大オザーク・マウンテニアーズ時代に東理夫と親しかったという鶴巻英樹(Gt)のEmptygrassはリーダー鶴巻が白樺湖付近在住の地縁もあり初参加となった。Salty Dog Bluesなどブルーグラスの名曲を5人編成で披露。“へーちゃんカントリー”(代表:一色平一郎・会社社長)のメンバーは小金井市フラワーホールで活動するカントリーパートナーズの団員が約半数を占め、プラス佐藤かおり(Gt)、ケニー塚本(EG)、ジャック笹島(Fd)など他バンドでもなじみの顔ぶれで8名編成。The Bottle Let Me Downなどなど。

アマバンドのトリは藤本(SG)率いるGrass Country Boys。先述Wakin' Backと後述Three SonsともどもTCMの常連バンドだ。尾崎孝(EG)を先生に迎え、比国出身の女性シンガー、エマ&アルマを目玉に、カントリーダンサー筋に人気のあるオールカントリーボーイズ所属のヤン加藤(Dr)とファイアー西村(KB)も揃えた11名の大所帯。Strong Enoughなどのほか7/30に死去したリン・アンダーソン(67)を偲び、急きょRose Gardenも披露。スペースを工面しながら、ダンサーたちはターンが多く広い場所がほしい踊りをこなしていた。

藤井三雄は3人の“息子たち”を連れ昨年に続き参加、自作Breezeなどをインストで。30歳前後の3人は西原ツバサ(Dr)、西原潤(EG)、江口徳(EB)。Three Sonsはふだん、キャンデイ岡田を加えた5人編成で国立・はっぽんなどでも活動中だ。79歳の藤井は今秋も9/19に昭島駅前でウエスタンの日を主催する。自分より若い国際的シンガーソングライター、ハンク佐々木(77)を失った(膠原病)ばかりで淋しそうであった。

プロの尾崎孝(SG)、尾崎博志(EG)や小寺八(EB)などが舞台に並び、“お客さんコーナー”の準備が整い、ゲッター山本が以下のゲスト歌手を次々舞台に呼びこむ。昨年より倍増している。
1.小林玲子      フォートワースの想い出
2.菅野一弥      I Love You Because
3.ボブ宮本      Mansion On The Hill
4.上田美智子  Time Changes Everything
5.陶山直義      Oh John
6.Mr金田        Walk On By
7.山本能弘    You Win Again
8.Ms小野        谷間の灯火
9.杉山(名古屋)
11.最賀和明    Old Country
12.パンチョ朝来野     When My Blue Moon Turns To Gold
13.関口浩一・森田福司 Livin' On Love
14.後藤守正                Tennessee Waltz
15.藤井三雄           I Really Don't Want To Know

Img_5789フィナーレ


スチール奏者が尾崎から大江俊幸に代わり、おまちかね坂本孝昭&ヘンリー矢板、そして坂本愛江も加わりスペシャルショーが始まった。先ずは坂本がDon't Rock The Jukeboxなどを歌ってから愛江を呼び 6月にお台場でも披露したOut Of Our Mindを。プログラムにはなかった親子のうつくしい鉄壁のハーモニーにリスナーはもう暑さなど吹き飛んだことであろう。“折角だからもう1曲2人で”と父、“それではHeartaches By The Numberを歌いましょう”と娘。孝昭は Cowboy Rides Awayもおなじみの美声で聴かせ、ヘンリーにつなぐ。Okie From Musgogee、Your Cheatin' Heartなどのあとの圧巻はI Never Go Around MirrorsをDシングルトリーのバージョンで。孝昭がコーラス部をハモリ、これぞプロのお手本であった。坂本先生と敬称で呼びかけるヘンリーにはこれからもどうぞ元気でとの願いが込められているように思えた。フィナーレ はYou Are My Sunshineを会場のみなで合唱、間奏部分で山本が終演の挨拶を歯切れよく添えた。
16:30終演、会費¥3,500、実入場者105名(プロ&スタッフ除く)

翌日、藤本会長から電話.来年は会場再検討と時季の変更(盛夏では暑すぎる)是非など課題山積とのこと。筆者としては2013年10月に都留オープリーが開催されたあの戸沢の森がベストと思うのだが、電源装置レンタル、火気使用制限、最寄り駅からのアクセスなど予算面で難点があるという。

当会場の小俣幸一オーナーは駒大OB、現在マーシィ・グラスフォーカスのバンマスでWベース奏者として、はっぽんなどで活動中。小俣手作りによるアメリカンテイストの当庭園では例年数バンドが揃い収穫祭などでもにぎわっている。

<アメリカンレストランバー The R Loungeご案内>
場所:所沢市元町8-6(西武線所沢駅西口から徒歩10分ほど)
電話:090-1810-5498
開店:09:30~13;00、18:00~21:30(日祝定休)
自家製ミートローフがおすすめで、メニューはみなリーズナブル
店主、佐藤達夫はTDLのベアジャンボリーのボーカリストとして有名。今でもこのショーで音声がながれている。♪ギター、マンドリン、ベース常備

<関連イベントお知らせ>
9/19(土):「ウエスタンの日」(主催:藤井三雄)
@JR昭島市駅前の屋外商業施設内  GVBも出演させていただきます

1/23(土):第9回所沢カントリーミーティング(主催:TCM)
@並木公民館ホール
今回プロ出演の「坂本愛江」、「藤井三雄&Three Sons」は参加が決定しております

敬称略 (リポーター:TCM代表 ロイ田沢 2015-8-4)

写 真:安川忠男

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008982372957&fref=%2Freqs.php←野村義男FBで追加写真をご覧いただけます

|

« 7/26バックインタウン/ブルーグラスライブ速報 | トップページ | 昭和の森 ウエスタンの日 出演バンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/26バックインタウン/ブルーグラスライブ速報 | トップページ | 昭和の森 ウエスタンの日 出演バンド »