« 11/19 サムズアップ速報 | トップページ | TCMのショーケースライブ »

11/23 東青梅beeライブ速報

世界5大ハンクの特集も
浪花のウエスタン伝道師、ウイリーが上京

福生、小作、河辺と難読駅名が連なるJR青梅線、東青梅駅を立川方面から進行左手に下りてすぐ左折徒歩2分にあるレストランbeeは昭和レトロの街として知られる青梅市内にある。当店経営の朝日信夫・ひとみ夫妻のバンド、Very Old St.Nickは所沢カントリーミーティングの常連であり、1/23第9回TCMの宣伝もあってうかがった。この日のイベント名はNice Fellows' Meeting、祝日の昼下がり,浪花のウエスタン伝道師、ウイリー楠山を東のカントリーバンドBig Forest Cowboys(代表:佐藤明Gt)が迎え入れる形で開催された。

Fb_img_1448343293713BFC


先ずはロンスターカフェやロンスターピクニックでおなじみBFCから。今年も札幌のカントリーアース(主演・福森千花、10/31)遠征を終えたばかり。紅一点ナッチーKbをふくむ、角田和重EG、村田良一Bs、西名牧夫Dr、一瀬功SGの6名編成。Act Naturallyを快調に飛ばし、 My Shoes KeepWalking Back To You 、Hello Mery Louと続く。1950年代の懐かしい Singing The Bluesなども。最後はカウボーイを名乗っているので歌わない訳にはいかないと、カウボーイ映画スターでもあったJオートリーの Back In The Saddle Againを披露した。                                                         
ウイリー楠山登場。ウイさん~の叫びが店内に響く。岡山、倉敷方面から応援ダンサー数名が同行しているので、関西での人気ぶりが分かる。筆者は9月に彼の招きで大阪・石橋のアビリーンで歌わせていただいたので2ヶ月ぶりの再会。出だしは3ハンクスに佐々木とロクリンを入れ5ハンクスの名曲集からだ。ウイリアムズのHonky Tonk Blues 、スノーのA Fool Such As I、トンプソンの The Wild Side Of Life 、ハンク佐々木(今夏77歳で他界)を偲びTennessee Moon、そしてロクリンの Please Help Me I'm Falling、好企画である。I Never Go Around Mirrors の次はSing Me Back Home、ダンサーたちは緩やかにクルージング(1ウオールダンスなので狭いスペースでは最適)を踊った。男女がペアで踊るカップルダンスも見ているとトンキトンク酒場にはふさわしい。

Fb_img_1448343186331中央:ウイリー、右:石井


後半のステージはウイリーが進行役でエレキギターやベースが入れ替わったり、歌手陣が増えたりと東西ナイスフェローの共演である。WネルソンのOn The Road Agianをウイリーが歌えば、佐藤はロカビリーOne Way Ticket To The Bluesなどを。終盤には、横浜・関内の“ダイニングライブYankee's”で活動中の石井ふき子が呼ばれ舞台に。前夜は赤坂・ステージワンで“リハ”もしたMy Kind Of Woman/My Kind Of Manを、PラブレスとVギルになりきり、ふき子&ウイリーがデュオでお披露目、Sweet Memoriesなど彼女のソロも続いた。

TCMのフィナーレソングでもある永遠の絆、Will The Circle Be Unbrokenがステージと客席が一緒に歌い、アンコールにはCotton Fieldsで応えた。腕に覚えのあるカントリーシンガーの姿も多かったが、当日はゲストタイムはなく、何人かはロンスターカフェ(オープンマイクの日)に流れた。
13;00開演、16:00終演、MC¥4000(Food and Drink 自由)、総入場者数30名ほど

敬称略 (リポーター:TCM代表 ロイ田沢、2015-11-24)
写 真    朝日ひとみ

|

« 11/19 サムズアップ速報 | トップページ | TCMのショーケースライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/19 サムズアップ速報 | トップページ | TCMのショーケースライブ »