« 1/23 第9回TCM速報総集編 | トップページ | 1/23 TCM 交流会も盛り上がる »

1/23 TCM 母からの便り

12645209_808517512611280_868503205012552973_808517222611309_8850245330
愛江を招き入れるウエイファー近藤俊策と衣装替えして登場の愛江

結成1959年のレジェンド、カレッジフォーク&ブルーグラスバンド、The Way-Faring Strangers(ウエイファー)が演じる“母からの便り”は既報のように第9回所沢カントリーミーティング(TCM)で、坂本愛江を迎え共演の運びとなりました。オートハープの調べも効果的に添えられた珠玉の母ものは田村守作詞・作曲、札幌在住のカントリー歌手、福森千花も1stCDでこの曲をカバーしております。TCM代表 ロイ田沢

|

« 1/23 第9回TCM速報総集編 | トップページ | 1/23 TCM 交流会も盛り上がる »

コメント

少々、遅れて会場に到着しましたが、大いに楽しませていただきました。出色だったのが、『母からの便り』での近藤さんのサプライズ演出ですね!?僕はコレのEP盤を所持している数少ないC&Wファンを自負しています。この曲だけはギターでコードを流しながら全編歌えます(汗)…!
降雪予報に怯えながらお邪魔したので、フィナーレの途中で会場をあとにしましたが、スタッフや演奏者の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。来年も僕が生存していたら、万難を配して足を運びます。

投稿: 凸椪 | 2016年1月29日 (金) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/23 第9回TCM速報総集編 | トップページ | 1/23 TCM 交流会も盛り上がる »