« 4/27 リバティベル速報 | トップページ | 5/21 小金井FHJ速報 »

5/14 第21回ロンピク速報

13239341_1542273042748760_656091275

青空に響き渡るカントリー音楽、ピクニック気分満喫

1996年、所沢航空公園野外ステージで初回開催のロンスターピクニック(主催:金平隆)が21周年を迎えた。当時は屋根がないこの会場で故ジミー時田やなぎら健壱も出演していたという。ロンスターカフェのレギュラー出演バンドから9団体が参加、うち1バンドだけが入れ替わった。

12:00開演。 竹井大輔率いる天才ばあぼんずが今年もトップバッタ-。いきなりカントリーダンス向きのアラン・ジャクソン曲、Laid Back'n Low Keyが流れる。センターマイク前には、九州男児、竹井手作りの熊本地震災害復興支援の募金箱が置かれた。                                                                

13177658_834083510055736_7200577261ひとみ

★所沢カントリーミーティング
(TCM)にも毎年参加のVery Old St.Nickはおそろいのブルーのシャツ。朝日ひとみは“ラストダンスを私と”など。プログラムのバンド名のカタカナ表記がセイントではなくストリート、略字の弊害が出たようだ。 

★Big Forest Cowboysの舞台では、懐かしのカントリーの数々のあとに福森千花(札幌)が呼ばれ“カウボーイの恋人になりたい”など2曲を熱演。彼女は岩内出身で、小樽フェス(2004~09)のスターシンガーだった。近年は札幌のインドアフェス、カントリー・アースなどで活躍中。

★石川マキ率いるY-Yバンド。バッバ・マーツ(ルイジアナ州出身)がドラムスを叩きながらマール・ハガードのMixed Up Mess A Heartを歯切れよく歌ってくれた。SG奏者で歌えるひとが少ない中、ケント石井は名曲San Antonio Roseをみごとに披露。ナバホ(女声)のボーカルも冴えた。

13244794_834122446718509_9145675023OCBの大ちゃん


ベテラン揃いOle Country Boysの出番だ。マコが歌うWrapped Aroundではサポーターダンサーたちが“蜘蛛を殺せ”を軽快に踊る。マール・ハガードを偲ぶSilver Wingsもしめやかに。故人の葬儀ではこの曲が生で流れたようだ。プログラムに名前がないがトクさんは、元気に舞台で歌っていた。人気上昇のリッチー伊藤がゲストで自作の“あの娘と俺~”を伸びのある声で歌う。今年はオールの“ローハイド”が聴けず残念。

13232952_834122740051813_9348772519ブロンコバンド


昨年はILC60(今年は欠場)のゲストで歌ったブロンコ(長野)が自前のバンドCowboy Spiritsとともに出演。East Bound And Downでキックオフ。ブレーク・シェルトンのHillbilly Boneでは観衆はイーハーと合いの手を入れた。1990代にカントリーラインダンスブームに火をつけたビリー・レイ・サイラスのAcky Breaky Heartで最後を盛り上げた。なお、ブロンコとフィドラー藤塚和裕は来春1/28のTCMに出演が決定している。

13239059_1542273069415424_821446042トコダン


T.G.寺尾&Net Focusは10人編成。パンチョ&デンバーとして知られる朝来野、須賀コンビも一緒だ。Country Roadsは須賀のオハコで必演曲、女性ボーカル・ナミー秋元はロンピクはまだ浅いがパンチのある歌声。 インストで演じたI Love You Becauseでは、今年18名(昨年11名)参加のトコダンチームはLove Trick で足並みをそろえた。

総合司会も務めるWild Wood Rosesの横地みずほは持ち前の長身細身に、ショートパンツで大きな手振りで歌い始めた。結成15年のこのバンドは2012年の熊本カントリーゴールドにも出演、貫禄十分。あいにく曲名の大半はオールドファンにはなじみがなく、ジェネレーションギャップを感じさせた。

ファゼイ代表・藤井三雄が舞台に呼ばれ、昭島駅前での「ウエスタンの日」の開催決定(9/17土)を告げた。カントリーバンド全10団体。特別ゲストとしてアメリカからスチールギターの名手Steve Sanfordと大御所・大野義夫も再演するという。TCMのホストバンド、Great Valley Boysも参加させていただく。

金平隆&Texas CompanyがOkie From Muskogee やOn The Road Agianなどおなじみ曲でトリを飾り終幕。昨年節目の20周年から、あっという間の1年だった。控え室通路には“音だし/12:00~17:00厳守”の大きなサイン。黙認されていた午前中のリハーサルが禁となり、調整不足らしきバンドも散見されたのもやむなしか。震災で熊本カントリーゴールドの開催が危惧されているが、“アスペクタ会場へのアクセス難を乗り切り、開催する”との強い決意が主催者側から入電したと募金箱世話役の竹井がアナウンスした。やめるのは簡単、“継続こそ力”の格言が身にしみる。

開演12:00、終演17:00、前売りチケット¥3,000

敬称略 (リポーター:ロイ田沢 2016-5-15)

写 真:野村義男、エマ 、吉田徹https://www.facebook.com/tooru.yoshida.71←写真はこちらにたくさん

|

« 4/27 リバティベル速報 | トップページ | 5/21 小金井FHJ速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/27 リバティベル速報 | トップページ | 5/21 小金井FHJ速報 »