« TCM 10周年 速報写真追加 | トップページ | マイク伊藤、無事帰国 »

ミューズで森山良子ショー

Simg115

森山良子のデビュー50周年のコンサートツァーが2/5(日)所沢文化センターミューズの大ホール(2000人)で開催されたので観てきた。白いマイクを握り、黒いドレスで登場、“この道が教えてくれました”から。1960年代のメドレー集では“想い出のグリーングラス”も。聞き覚えのある数々が続いたが、筆者には題名がでてこない。バックバンドはピアノ、エレキベース(Wベースも)、ドラムス、ギター(バンジョー)の4人編成。下掲総合プログラムにはカントリー音楽界でも著名な有田純弘の名もあったが、所沢公演は別のギターリストだった。良子さんは時にマーチンーも手にし、往年のフォークの女王をほうふつさせた。ロシア民謡曲?では、客席に下り、観客と握手しながらの熱唱。まるでクラシックのソプラノ歌手を思わせるすばらしい美声を響かせた。

Img116jpgs

2部では白いドレスで。“涙そうそう”、“さとうきび畑”などおなじみ曲が続く。ミュージカル風に演ずる曲もあった。息子、直太朗作の“今”は50周年の記念アルバムにあるが、これも披露。圧巻は赤いドレスに着替えて歌った“聖者の行進”。各フレーズをスキャットで、トランペットやトロンボーンの音も出しながら・・・・。フィナーレは彼女のデビュー曲、“この広い野原いっぱい”(曲:本人、詞:小園江圭子)では聴衆の希望者を30人ほど舞台に上げて、客席も一緒に合唱した。陰マイクでの開演前諸注意やお知らせも本人の声(レコーデドボイス?)、総合司会者は置かず、MCはすべて自身で、囁くようなトークで進めた。アンケート調査結果の人気曲ベスト3の一つ、“星に願いを”も聴かせてくれた。撮影厳禁のため、ライブ写真なし。開演16:30,終演 18:40

Img_1004jpgsマイク伊藤
ちなみに、次回所沢カントリーミーティング(TCM)の会場はこのミューズの中ホールで来春1/13に開催されるが、特別ゲスト出演する米・ミズリー州ブランソンでカントリーミュジシャンとして活躍中のマイク伊藤は森山良子と同い年。

リポーター:TCM代表 ロイ田沢

|

« TCM 10周年 速報写真追加 | トップページ | マイク伊藤、無事帰国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TCM 10周年 速報写真追加 | トップページ | マイク伊藤、無事帰国 »