« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の投稿

8/16 ロンスター速報

20842292_1401644943205653_521564915石川・ロイのロンスター会談


来春1/13の所沢カントリーミーティング(TCM)でSG名手、尾崎孝とともにTCM The  Bandとしてチャーリー永谷などメインアクトのバックを務めるEG石川眞起、Drバッバ・マーツ、Voナバホらが所属するYYバンドのライブが彼らの演奏拠点ロンスターカフェであった。西新宿5丁目でカップルダンス教室を主宰するハーレー吉田の呼びかけで、ここの生徒たちも数組集まった。

19:30開演。30分前までは生ビールが安くなるハッピーアワーのため、早々から満席状態。YYの正EB横山渉のトラで、今人気の長坂勇一郎の出演で女性客も多い。ひげのEG雨宮直己のMCでノリのいい曲が続く。Lookin For Love、 Swingin Door、 Coca Cola Cowboy、ナバホはOnce A Dayを歌い、ケント石井のSGも冴え渡った。カントリーダンサーたちはStroll Along Cha ChaやElecric Slideなどのステップを楽しんだ。

20882623_1401644209872393_964777469
長坂、ロイ、石川

2部のゲストタイムでは石川の呼び込みで10人ほど舞台に立った。Red River Valley、 Two More Bottles Of Wine、 Back In The Saddle Againはみな女性。筆者はTCMの宣伝をさせていただきながら、Release Meを。吉田夫妻の采配でテキサス2ステップの実習時間もあった。20915542_1401643236539157_683083111右端:吉田星子

21:30、3rd ステージが始まった。歌うスチールギターリスト、ケントのSan Antonio Rose、歌えるドラマー、バッバのFire Man、勇ちゃんはToo Cold At Homeを。紅一点、ナバホこと宮路悦子はOh Lonesome Meで締め、アンコールは故デーブ久保井の“想い出の海”だった。

来春、開店20周年を迎える当店。2/12(月)、ヒルトン東京で盛大に祝うという。そして恒例の航空公園ロンスターピクニックは5/14(日)に22回目、継続は力なり。

敬称略  ロイ田沢 記

写真:吉田徹

| | コメント (0)

8/13 はっぽん 速報

SfullsizerenderBS


2016年6月のスチューデント・フェス(日本橋三井ホール)以降、複数のメンバーの体調不良で活動を休止していたウエイファーリングストレンジャーズ(WF)がブルーサイド・オブ・ロンサム(BS)の呼びかけで復活お披露目をした。会場は国立・はっぽん、17:00開店、18:00開演で早めのスタート。両バンドとも所沢カントリーミーティング(TCM)おなじみのグループ。2016年1月のTCMではWFと坂本愛江の“母からの便り”の初共演が実現している。

坂本愛江と笹部益生のBSのキックオフはHow Mountain Girls Can Loveから。大きめのセンターマイクが銀色に輝く中でブルーグラス音楽がドライブした。数曲のあとWFの近藤俊策が呼ばれBSの加藤保久とのツインマンドリンでインストを。さらにSomeday We'll Meet Againをハーモニーボーカルで聴かせ、最後はボブ・ウイルスのテキサス・スイングをブルーグラス調にアレンジしたMy Window Faces The Southで締めた。

Simg_0058WF


18:55,1年余のごぶさた、WF登場。左端にDo武田温志、右端にBj萩生田和弘といつもの布陣。彼らのバンド名にふさわしいA Wayfaring Strangerが美しい5重唱で流れる。Blueridgeの4パートコーラスもすばらしい。WF3っの特徴を思い出す、全員桐朋高校OB、譜面台禁(萩生田はアンチョコ楽器貼り付け常習犯だが)、そして鉄壁のブルーグラスハーモニー。

最近レパートリーに加えたマール・ハガードのコロラドをニュー・トラデションのバージョンで。Md近藤、Gt金子武美、 Bs林京亮の3パートハーモニーは金子のギターソロと相まって圧巻。次のマーダーソング、Long Black Veilもまたいつ聴いてもしびれる。先述の“母からの便り”の時間が来て、愛江が呼ばれた。父孝昭もカバーしているこの曲は、3桁の郵便番号時代に生まれたカレッジフォークの名曲だ。

10曲以上も続いたWFの舞台が終わり、BSが再登場。最近81歳で他界したグレン・キャンベルを偲び、Gentle On My Mind を歌う。WFのブルーリッジのお返しにとBlueridge Cabin Homeが続く。愛江のカントリーメドレーも飛び出した。Crazy Arms、 Under Your Spell Again 、Heartaches By The Numberの3曲だ。

最後にWFも加えて、Banks Of The Ohioと Little Cabin Home、アンコールに応えRoll In My Sweetbaby's Armsを軽快に響かせ21:00すぎ閉会した。来店客の大半はWFファミリーのようで、この夜のはっぽんはBSの支援による正にWF復活ライブであった。なお、年内のWFライブは9/30はっぽんミニフェス、11/18にはバックインタウンでザ・フロッギーズと共演する。

敬称略  記:ロイ田沢

写真:大庭進

 

| | コメント (0)

TCMチケット先行発売開始

Eimg152Eimg153
デザイン:Miew Hayano(Yumaの弾き屋)

所沢市民文化センターミューズで来春1/13(土)に開催される第11回所沢カントリーミーティング(TCM)の入場チケットはミューズチケットカウンターで本日8/1(火)、10:00から発売開始となります。全席自由¥2500

チケットのお求めは、ほかにTCM事務局、都内協力ライブハウス、協力出演団体にて順次取り扱います。

TCM代表 ロイ田沢

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ