« 2017年8月 | トップページ

2017年9月の投稿

9/23 長青寺お彼岸カントリーコンサート速報

21762212_1282210941891039_13086303521766354_1551175524965042_379204921

所沢市内、曹洞宗長青寺(住職:引間維一)の本堂で、彼岸法要のあとお彼岸カントリーコンサートが催され、所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンド、ロイ田沢とGolden Friendsが出演させていただいた。21765206_1551175564965038_309443579
21687843_1551175608298367_767197304
数十名の檀家のみなさまの前でカントリーとブルーグラスに童謡なども交え約50分のステージをつつがなく終えた。“お寺にカントリーも合うものだ・・・”などのうれしい声もあり、カントリー音楽にくわしい引間住職の手作りプログラムや解説文は演奏したわれわれにも勉強になった。

敬称略  TCM代表 ロイ田沢

写真:大庭進、萩原昭

| | コメント (0)

9/17昭島フェス雨天中止

Img161Cimg4366s
主催代表:藤井三雄

列島縦断の台風18号の暴風雨でファゼイ社(代表:藤井三雄)主催恒例、昭和の森・ウエスタンの日は中止のやむなきに至ったが、同社立川スタジオでは前夜祭があり、当日都内ヒーホーなど各所では残念ライブもあったようだ。通常この種イベントでの出演参加料は返金されないが、今回は「次回開催時に持ち越し」の知らせ(9/19電子版)が届いた。プロ野球でいう“レイン・チケット”適用のようなものでありがたい。来秋?の好天をみんなで祈りましょう。

ロイ田沢

| | コメント (0)

9/8 マイク伊藤速報

1マイク&JT

8月末に来日、首都圏ツアー中のマイク伊藤のロンスターカフェ公演に行ってきた。バック陣はロンスターメイツ(EG&Vo金平隆、SG&Voケント石井、EB&Voマック佐々木、Dr岸辺成一、Gt&Vo秋元ナミ)。マイクは特別ゲストとして1部と3部で歌い、2部は一般客が舞台に立つ。相変わらず、カントリーダンサー客も多い。正月だけの里帰りライブが続いたが、9月の日本は46年ぶりという。この4月にブランソンの所属劇場を辞め、フリーランスミュージシャンとして活動エリアが広がった。

2ラインダンサーも軽快

ルート66、Back In The Saddle Again、Don't You Ever Get Tired Of Hurting Meなどつやと伸びのあるバリトンボイスは不動だが、極めつきはOrange Blossom Special。NYの富裕客を避寒地マイアミに運ぶ豪華客車を称えたこの曲はカントリーフィドラーの腕の見せどころ。ケントのSGと相まってグルーブ感と疾走感は圧巻だった。マイクは後半にも別バージョンで披露したが、舞台から下り客席前まで進み出て熱演。“スピードUP”と叫びながら、これでもかこれでもかと迫る、客席はもう興奮の渦。

21369250_1420356271334520_246932326ジャンバラヤを歌うロイ

20:30、オープンマイクが始まった。ボーカルはGreen Green Grass Of Home、Wild Side Of Life、A Wayfaring Stranger、Jambalaya、 Excuse Me、 Stroll Along Cha Cha 、Together Again、Once A Day、おしまいはバンジョー客をフィチャーしてインストFoggy Mountain Breakdown。たたみかけるドライブが店内に響いた。当店のレギュラーバンド、ネットフォーカスのFd寺尾玄太郎(愛称:TG)も別枠で歌った。ビンス・ギルのWhich Bridge To Cross、すばらしいワルツ曲である。

21432725_1420354521334695_657224043萩原夫妻とロイ
ちなみにSG萩原昭(74)の明大同窓は金平(71)、石川眞起(71)、宇崎竜童(71)、マイク(70)

マイクはこの後、9/11にリトルテキサス、9/15ステージコーチ、9/18横須加YTYに出演してから京都、熊本に向かう。熊本ではチャーリー永谷に再会するという。所沢カントリーミーティング(TCM)ミューズ(1/13)ではご両人の共演があり楽しみだ。

敬称略  記:TCM代表 ロイ田沢

写真 吉田徹

| | コメント (0)

TCM にウエイファー復帰出演決定

Img_5728TCM2016のWF


来春の所沢カントリーミーティング(TCM)に伝説のブルーグラスバンド、The Way-Faring Strangers(代表:近藤俊策、略称・ウエイファーまたはWF)がカムバックする。2016年1月のTCMに出演し、同年6月のスチューデント・フェス以降、複数のメンバーの健康上の理由で活動を休止していたが、去る8/13のはっぽん公演(当サイトに記事あり)で“全快ぶり”を証明、9/30はっぽん、11/18はバックインタウンでのライブが決まり、このほど1/13のTCMミューズの出演が確定した。

Img_5739L-R
武田、近藤、萩生田、林、金子

1959年、桐朋高校で誕生したこのバンドの初代リーダーは武田温志、持病と折り合いをつけながら、今なおドブロ(時にはフィドル)とボーカルで健在である。流麗なブルーグラスハーモニーが最大の持ち味のウエイファーは、音響専門家・林京亮をメンバーに擁し、音楽の殿堂マーキーホールの卓抜の音響システムと相まって、観衆を魅了するものと期待がふくらむ。また、昨年は坂本愛江とのサプライズステージが実現した。来春はまたなにかが起こるのだろうか。

Img_5732
Bj萩生田和弘、Bs林京亮、Gt金子武美

なお、既報のようにカントリーバンドのWalkin'Backがやむなき事情で出演キャンセルとなり、カントリーバンドは6に減少、かわりにブルーグラスバンドはウエイファー参加により4から5になった。

敬称略 記:ロイ田沢

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ