« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の投稿

12/24MOJOクリスマスライブ速報

25594079_1361790763933056_564782402GF/萩原SG、福島Dr&Vo(陰)、ケイトVo、古谷EB(陰)、ロイVoMC
25552270_1361790703933062_439802973Bluegrass Holiday
小林EB、秋山Md、古谷Do(陰)、大庭Gt、川野Bj



25659447_1361790913933041_628448193散歩日和/
市野沢BJ、秋山Md、藤岡Gt、町田Bs

25995022_1361790933933039_458575864Orange Blossom
小林Md、斉藤Bj、稲田EB(陰)、川野Gt、古谷Do

所沢カントリーミーティング(TCM)のホストバンドとTCM主幹事大庭進と古谷実のブルーグラスバンドよるMOJO恒例年末カントリー&ブルーグラスの夕べがイブの日にめぐりあった。18:30、ロイ田沢&Godlen Friendsがトップを切り、ブルーグラス3バンド、最後にまたGFが登場、みんなで聖夜を歌い、フィナーレでは3.11あしなが基金に続き熊本支援を行なっているTCMのテーマーソング“永遠の絆”を。1/13ミューズの総合司会を務めるエディ稲田もOrange Blossomのベースで参加、腕に覚えのあるゲストフィドラーや歌手らもステージを盛り上げた。21:30終演

25591608_1361790727266393_1151141_2GF
R-L鴛海ゆかりFd、野村義男EG&Vo

敬称略 記:ロイ田沢

写真:大庭進

| | コメント (0)

12/19バックインタウン速報

Img_4685

忘年会シーズンたけなわ。ミューズTCMに2年ぶりに参加するブルーグラスバンド、The Way-Faring Strangersの応援に行ってきた。共演は坂本愛江&笹部益生のThe Blueside Of Lonesome。19:00開演、両バンド勢揃いでジャムスタイルのインストThis Morning At Nineから。

Img_4687


特筆すべきは武田温志Doがバンジョーを持ちBefore I Met Youを歌い仲間がそれを暖かくサポートする姿。そして2016年1月の所沢カントリーミーティング(TCM)で実現した、途中坂本愛江が歌いながら現れウエイファーと歌う“母からの便り”が再現されたことだ。体調不良で欠場した萩生田和弘Bjのオートハープがないのは淋しかったが。

ウエイファーに愛江と笹部が入り、A Pathway Of Teardropsを。近藤俊策Mdと笹部Gtだけが舞台に残りブラザーデユオスタイルでDrifting From The Shoreを披露するなど斬新な構成で1部が終了。

Img_4694


ブルーサイドはカントリー歌手坂本孝昭の娘、愛江を擁するだけにカントリー色が強い。さらにこの夜はSGに尾崎博志がいる。熊本、チャーリー永谷とキャノンボールのSGランディ尾崎その人で、ミューズのTCM The BandでSGを務める尾崎孝の息子でもある。ナマ弦楽器の中でペダルスチールギターに乗せてPlease Help Me Falling Love With You 、Hey Good Lookin'、A Fool Such As I、 Window Faces The Southなどカントリーオンパレード。ブルーグラスにもSGはよく合うことが分かる。

フィナーレはTCMのコンセプトでもある“永遠の絆”。終演21:00、MC¥2700

敬称略  記:ロイ田沢

写真;高松晃

| | コメント (0)

12/16はっぽん速報

Dsc03746ajpgL-R
村中、エディ、木島、江口、ケニー

25348289_1801049996647152_3570181_2ひとみ

ミューズTCM(1/13,@所沢市民文化センター)の総合司会を杏ふるやとともに務めるエディ稲田のはっぽん定例ライブに行ってきた。バンドはおなじみストーム・ライダース、この夜のゲスト歌手は朝日ひとみ。エディのTequila Sunrise、Pretty Womanなどに続きひとみ登場、長いイントロのあとLove’s Gonna Live Here Again、 Pick Me Up On Your Waydown 、Stand By Your Manを持ち前のよく通る美声で歌う。Hotel Californiaもエディの得意曲、風邪気味にしてはお見事だった。

記:TCM代表 ロイ田沢

写真:小野孝司、西脇由和 

| | コメント (0)

あと1ヶ月でミューズTCM

★新春所沢カントリー・チャリティ音楽祭

★第11回所沢カントリーミーティング(TCM)もうすぐです。

★ゲスト歌手:チャーリー永谷(熊本)、トミ藤山(東京)、

        マイク伊藤(米国)、山下直子(東京)、ブロンコ(長野)

出演団体:カントリー7、ブルーグラス4、舞台デモダンス4

開催日:2018年1月13(土)

会 場:所沢市民文化センターミューズ、

     マーキーホール(中ホール)

開 場(客席ドアオープン):12:30

開 演:12:50

終演予定:19:00

チケット:¥2500

お求めはミューズチケットカウンター、04-2998-7777

またはTCM事務局、04-2942-0552

| | コメント (0)

TCMでショッピングも

1/13所沢カントリーミーティンング(TCM)の会場、所沢市民文化センター・ミューズ・マーキーホールのホワイエ(ロビー)は航空公園に面し、広くて明るい空間です。当日は3店舗が店を出します。

武蔵屋・ヨーカン/本店・上尾市。ハーレー用品とウエスタングッズの品揃え豊富。店主・林裕氏は慶応大学ワンダーフォーゲル部OB、ギターを弾きカントリーを歌います。

オン・ザ・ボーダー/本店・水道橋。マンドリンなど楽器と各種付属品とCD/DVD販売。店主、北農英則氏はディッキー北農としてカントリー界で多忙。ブルーグラスミュジシャンとしても活躍。

ウイザード・レザー/手縫い革製品の製作、販売。カントリー歌手、田村大介のギターストラップなども手がける。所沢市内に工房。代表の山田ミチローさんは趣味でエレキ・ギターも。

記:ロイ田沢

| | コメント (0)

TCMのチケット

会場ミューズのチケットカウンター、出演関係者、協力ライブハウスなどで販売中ですが、TCM事務局(このウエブサイトの運営者、電話04-2942-0552)でもお受けしております。速報版プログラムを同封して郵送いたしますのでお気軽に申しつけください。ロイ田沢

| | コメント (0)

TCM/ この一曲

もうすぐミューズTCM。出演ミュージシャン全66名。その歌手やグループが歌う各1曲を順不同でならべてみました。先に公開したプログラムと見比べて、イマジネーションを。Country Polka 、 Route66、 Tom & Jerry、 Rose Garden、  Long Black Veil、 Gone Gone Gone 、酒をのもう、 花 、Cajun Baby 、Redneck Woman 、Whisky Lullaby、 Shilver Threads And Golden Needles、Fujiyama Mama 、Silver Wings。1/13本番ではナマをお楽しみください。

TCM代表 ロイ田沢

| | コメント (0)

TCM顔ぶれ/尾崎孝

4_2尾崎孝/1951年東京生まれ。カントリーミュージシャン。法政大学時代からスチールギター奏者としてプロ活動。1981年までファゼイ社でSG製作担当。1989年、熊本カントリーゴールドではハンク・トンプソン、ワンダ・ジャクソンらのサポート。1992年黒田美治ディナーショーや1993年小坂一也とカントリーの仲間たちの音楽監督。2000年代にアルバム「Sweet Slide Music」、 「Feel Me Touch Me」などリリース。南こうせつのツアー、松任谷由美,永渕剛らのセッシヨンに参画。

1/13ミューズTCMではチャーリー永谷、トミ藤山、マイク伊藤のバックとしてTCM The Bandを石川眞起EGともども率いる。息子、尾崎ヒロシはチャーリー永谷&キャノンボールズのSGを担当。TCMの常連参加バンド、グラス・カントリー・ボーイズのEG奏者。大月市在住。

記:ロイ田沢

| | コメント (0)

TCM顔ぶれ/バッバ・マーツ

16684084_1348433055220191_779318776左から2人目

★バッバ・マーツ/ルイジアナ州出身。ドラムスを叩きながらボーカル、さらにギター、ベースもこなす。トミ藤山バンド「写真」ほかフリーランスカントリーミュージシャンとして活動中。1/13ミューズTCMではチャーリー永谷のコーラスも務める。都内在住。

記:ロイ田沢

.

| | コメント (0)

ミューズTCMもうすぐ/プログラム公表

Img184
1/13開催の第11回所沢カントリーミーティング(TCM)のプログラムは当日、受付でお渡しいたしますが、演奏順のみ先行告知いたします。なお、12:50~ロイ田沢&Golden Friendsでは酒見美恵子&林ちひろチームがウエルカムダンスを、14:30~チャーリー永谷ショーではリリー井口&クラブハウディダンサーズが踊ります。Photo

TCM代表 ロイ田沢

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »