« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の投稿

6/7はっぽん速報

X20180608_105525右:サム

英詞の自作曲が豊富で、外国人ファンも多いカントリーミュージシャン、サム石原のライブに行ってきた。赤坂見附駅近くのライブハウス、ストンフィールズ(1979~1999)の元オーナーとしても知られる。この店でカントリー歌唱を鍛えられたオールドファンは筆者をふくめ少なくない。サムの歌うポピュラー曲は、Your Cheatin' Heartにせよ Green Green Grass Of Homeにせよ胸に迫るものがある。オリジナルのOne More Beerはヒット曲だしCryなどは傾聴ものだ。

桃山学院大OBだが、1960年代の大学バンド合戦全盛期に東京の某有名私大に勝利した勲章もある。この日は大阪遠征で夏風邪をもらってきたと声の不調を訴えてはいたが、そこはプロ各40分の2ステージに店内は、ゲストタイムあり、ダンスもありといいムードであった。バックは角田EG、布施DR、鬼塚EBの編成。青梅線沿線や日暮里、赤羽のライブハウスで活躍中。

敬称略 記:ロイ田沢

写真:サム夫人

| | コメント (0)

6/2池袋フォーク&カントリーフェス

Ximg199
池袋西口、東京芸術劇場真ん前の広場で例年初夏に開催される首題イベントの初日6/2(土)はカントリーの日。所沢から急行で30分と近いので今年も出かけた。13:00過ぎにはちょうどサニーレタスが熱演中だった。汗ばむほどの好天で生ビールもうまい。カントリーダンサーたちはCowgirl Twist や Strall Along Cha Chaのステップを楽しんでいた。北大ブル研OBの染田屋光高率いるブルーグラスポリスは若林ゆう子のフィドルでCotton Eyed Joeを手始めに、自作の“酒をのもう”などを持ち前のドライブを利かせた演奏で躍動した。Img_0029
Img_0021サニーレタスバンドで歌う寺田(左から4人目)

カントリー好きの芸能人は少なくないが、ゲストで招かれた俳優、寺田農がハンクWのYou Win AgainとI Saw The Lightを歌った。MCで“ミュージシャンになりたかったが楽器をひかなくてもいい俳優に落ち着いた・・・”と観衆を沸かせた。総合司会はおなじみ片山誠史、森山公一とトリを飾ったが、自身がプロデユースする上野ビッグ・ウエスタン(8/12)や茅ヶ崎ジャンボリー(9/23)の宣伝にも熱が入った。なお、ブルーグラスポリスの7月公演は12日、14日、18日。https://bluegrasspolice.jimdo.com/

敬称略 記:ロイ田沢
写真:大庭進

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »