« 小平ブルーグラスフェスThe Final | トップページ | 1/14 赤羽ウッディ速報 »

1/5小平The Final続報

Dsc09979ハッピーフィドラーズ

12:30開演。トップは小平ギャザリーング(この集まりは今後も継続される)の選抜チームで11名のフィドラーをフィーチャーしてAshokan Farewellなど3曲。サポートメンバーにギターのナオミ(フェスの広報スタッフ)や所沢カントリーミーティング(TCM)の幹事、古谷実Bsの姿も。

Xbgオダブル

2番手はいつも元気な小田原ブルーグラス研究会(オダブル)。TCM2017に出演いただいてる。ここのメンバーとは昨秋の熊本・カントリーゴールドで宿舎がたまたま同じで親近感を覚える。Hello Mery Louや My Heart Skips A Beatなどカントリーも交え、ノルマのアツシへの哀悼曲はAmelia Earhartだった。松宮正典Mdの早弾きは圧巻。

X阪神


MC佐々木に“これから花を咲かせるお二人です”と紹介され、遠路大坂からデユオユニット鮫島夫妻が登場。登志子夫人は小型ギター状のベースを弾きながら、オリジナル曲を歌い、幸子ウオーラーに20年前の米国フェスで声を掛けられたエピソードを語り、アツシがこよなく愛したチャーリー・ウオーラーのカントリージェントルマンに触れた。バンド名は一風変わった「阪神パークがないでしょう」。

X_2タヒチ


タヒチクラブはウクレレとマンドリンの女声ボーカル2名をふくむ異色バンド。ハモニカとギター改造型打楽器をこなしながらMCを務めるアシュラ(ブルーグラス界のイラストレーターとして著名)も存在感大。アツシ曲はRed River Valley。最後はBye Bye Blues。(日本の)カントリージェントルメンを主宰する須貝Gtは近く同バンドを解散するという残念な知らせも。終了後15分休憩。

Dsc00227中央:山口、右:奥沢

後半トップは変な名前のデッドマン・ウオーキング。山口Gt,奥沢Gtのほか柴木健一Md、上野秀夫Bjらのハーモニーボーカルがすばらしい。山口は古稀のたすきを掛けられて円熟の熱唱。With Care From Someone、Desert Rose 、Bluebirds Are Singing For Me(アツシ)など。

X_3ネッシー


昨年の訪米でリッキー・スキャグスの前座で演奏したというネッシー・エクスペディション登場。それ以前には観衆2000人のロレッタ・リンのコンサートでの演奏歴も。いきなりネッシーサウンドが炸裂、First Whippoowill 、It's Mighty Dark To Travelと続く。本間Mdのハイロンサムボーカルは特筆ものだが、松本康男Gtと窪田光紀Bjとのハモリがあってのもの。アツシ曲にアメリアを予定していたがオダブルとかぶったためThis Morning At Nineに代えて歌った。アメリカ遠征のジャム会で最後に演奏することが多いというI Can't Go On This Wayでは紅一点佐藤美和Bsの女声ハモが効果的。客席のリクエストに応えたローハイド(カントリーのローハイドとは同名異曲)では本間のマンドリン弦が切れんばかりの超高速で響き渡った。

Dsc09970中央:近藤,右:佐々木


武田温志を失ったウエイファーは4人編成で当コンサートに臨む手はずだったがベース奏者の緊急入院のためキャンセル。穴埋めに麻田浩ショーが設けられた。1/18発売予定の彼の著作「聴かずに死ねるか/小さな呼び屋、トムス・キャビンの全仕事」のPRを兼ね本人が2曲歌い、ウエイファー(TCM2014~2016)のリーダー近藤俊策Mdも1曲歌う趣向。サポートは須貝と柴木が務めた。(麻田:City Of New Orleans、White Dove、近藤:Willie Roy The Crippled Boy)

X_4ロンサム

Dsc00629フィナーレ

トリは今年もブルーサイド・オブ・ロンサム(TCM2015~16)。坂本愛江も加えたおなじみのメンバー。Ice Cold Love、 The Darkest Hour Is Just Before Dawnなど。アツシに捧げる曲はBlue Ridge Cabin Homeだった。このあと、全出演陣が舞台に勢揃いしてSomeday We'll Meet Againなどを歌い16:00閉幕となった。仁(ジン)さん、10年間ありがとうございました。お疲れさまでした。

敬称略 記:TCM代表 ロイ田沢

写真:ミユキ,高松晃

|

« 小平ブルーグラスフェスThe Final | トップページ | 1/14 赤羽ウッディ速報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小平ブルーグラスフェスThe Final | トップページ | 1/14 赤羽ウッディ速報 »