« 1/14 赤羽ウッディ速報 | トップページ | 小平フェスThe Final »

2/1 はっぽん速報

FullsizerenderL-R/角田、布施、サム、鬼塚

サム石原ショーに行ってきた。正月早々、入院内視鏡手術の試練があったものの、無事退院し自作曲を中心に元気に歌った。お客は彼が1980~1990年代に経営していたカントリー・ライブハウス、ストーンフィールズ(赤坂見附駅前)の常連が大半。英語が達者なので欧米系のファンも多いが今夏も外国記者クラブ(有楽町・電気ビル)で公演予定。活動エリアは青梅(ビーなど)や赤羽(ウッデイなど)が多い。

客で来ていたブルーグラスギターリスト、長島ひろし氏のサポートでロイ田沢はなつかしの“新聞売りのジミー少年”を歌った。サムはおなじみOne More Beer、 Cried、 Lonesome And Hopelessなどオリジナルのほか、砂に書いたラブレター、アンチェインドメロディ、フォルサム刑務所など。銀色の翼はサム流に崩しを利かせた味のある歌唱だった。17:30開演、21:30終演。MC¥2600

記:ロイ田沢

写真:高松晃

|

« 1/14 赤羽ウッディ速報 | トップページ | 小平フェスThe Final »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/14 赤羽ウッディ速報 | トップページ | 小平フェスThe Final »