« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月の投稿

所沢、N饗の運命ひびく

Img20211031_06594918_20211031110401  秋晴れの週末、ミューズに出かけた。満席の大ホール(キャパ2000席)に、おなじみタタタターンのリズムから始まるベートーベン交響曲第5番(運命)が響き渡った。スエーデン出身、ヘルベルト・ブロムシュテット(94)が桂冠名誉指揮者を務めるNHK交響楽団を率い、静寂と激しさを自在にあやつった。英雄を演じた2015年以来の所沢公演。プログラムによれば、運命の扉を開く意味での運命なる日本語タイトルは欧米では用いられず、鳥の鳴き声からの着想とする説が有力らしい。約40分、歓喜、つぶやき、悲しみ、また歓喜を緩急自在に織り込む巨匠の魔術にみな酔いしれ、テンポを速め勝利を謳歌する締めくくりは最高潮。5回ものスタンデング・オーベーションに応じた100歳に迫る巨匠の足どりは軽かった。

会場アークホールのコロナ対応面をみてみると、定員の100%でチケット販売(入場制限なし)とロビーでの飲食販売自粛が特徴的。ほかは一般的な感染防止ガイドラインに基づいていた。オケの団員は約60名、約2割がマスク着用。金管楽器は着用ムリ、指揮者は指揮台ではマスクを外した。2018年1月にミューズ中ホール(マーキー、キャパ700席)で開催のTCMから4年になろうとしているいま、長い長いコロナ禍も静まりを見せている。ポピュラーの古典音楽、クラシックカントリーへの復帰に備えることにしょう。ロイ田沢

| | コメント (0)

元気と天気いただきました。

Photo_20211026093901 Charlie2_20211025チャーリ&トコダン489a2930_20211026094701

愛江&ロイ(撮影:ミュー早野)

 ★恒例、長野県駒ヶ根のカントリーライドは会場を松本空港近くの陸上競技場に移して10・24開催、トコダン(指導者:林ちひろ)から5名が参加した。出演は常連チャーリ永谷のほか坂本愛江、ディッキー北農らとその専属バンド。地の利がいい名古屋方面からのダンサーのほうが目立つ。関東からは木崎洋子率いる宿泊チームが研修ツアーを兼ねて来場していた。午前中「添付松本城写真参照」はそうとう冷え込んだが、午後からは晴天無風と相まってTシャツでもOK。最終ステージのチャーリーは演奏の合間に、好天を喜び称えるコメントを連発した。会場全体の雰囲気はキャパ6000人の競技場だけに、阿蘇アスペクタの爽快な解放感をほうふつさせる。残念ながら、告知期間の遅れがあったためか総入場者は決して多いとは言えない。駆けつけたときはディッキーの歌うsomeday like youや自作曲good day coastlineなどは聴けなかった。無念。

Img20211026_14543254  ★客席はアルプススタンド、その真下にダンスエリア、その前方にトラックをはさみ特設舞台といった配置だ。ダンサー控室は1Fなので、急な階段を下りずに済む。実行委の加藤恵一(カントリーカフェ店主)と地元歌手ブロンコは、黒ずくめの衣装で決め場内巡回していた。さて「チャーリ劇場」で流れた曲はRocky Top、人生の裏道(wild side of life)、オレはおもちゃじゃない(nobody’s fool)などなど、またグッドタイムチャーリはトコダン例会での必舞曲でgin&tonicや put on your dancing bootsの振り付けでも踊る。フィナーレは愛江とディキーが加わり、おなじみi saw the lightだった。開演11:00、終演15:30。チャーリーに元気をいただき、新雪輝く秀麗北アルプス連山を背景に晴れ渡った天気の恵みを享受した一日だった。近年まれにみる大渋滞ではあったが22:30には無事所沢に帰着した。

敬称略 ロイ田沢

 

 

| | コメント (0)

並木文化祭、今年も中止だが

10年間TCMの開催会場だった並木公民館ホール(2008-2017)での地区文化祭(例年11月上旬)はコロナ禍と衆院選がらみで2年連続の開催中止となった。TCMの共催団体、トコダン(リーダー:林ちひろ)は月例会場として本館講堂を利用しているが多目的ホールでの文化祭は年一回の学習発表の場、昨年はやむなくトコダンミニフェスを単独企画、生バンドを迎へてカントリーラインダンスイベントとして楽しんだ。

今年は11月6日は衆院選の投票会場となるため、来年3月への延期案もあったがホール設備の諸事情も重なり中止となった。しかし、講堂での月2~3回の例会はコロナ禍にもかかわらず盛況で、いやむしろコロナによる県境越え自粛ムードのため参加率は高まっていた。そんな中、韓国ヒップホップダンス7人組のBTSが歌うDynamiteに乗せて同名の振り付けで踊ったり、またチャーリ永谷のマイネーム・イズ・グッドタイム・チャーリーに合わせPut On Your Dancing Bootsのステップを踏んだりしている。

チャーリーといえば、10月17日にカントリーゴールドの後継イベント、グッドタイムカントリーがホテル日航熊本で主催されるが、翌週24日には長野県松本市のカントリーライド(駒ヶ根から会場変更)に出演する。御年85歳、相変わらずのお元気ぶりに頭が下がる。トコダンからは天下の松本城見学かたがた数名参加する。ロイ田沢

 

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »