« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月の投稿

2年ぶりMOJOでカントリーライブ

GfOobaImg_20211226_165128361Eddy6dance 1203__b12月26日の昼下がり、10月に新店に移動したばかりのMOJOでカントリー&ブルーグラス&カントリーダンス「納会」が行われた。参加総数36名限定の内輪の集まりだが、旧店舗にくらべ舞台は広く、ダンススペースも充分で、コロナ対応の緊張の中にもリラックスでき、みな大いに楽しめた様子

ホストバンド、ロイ田沢とゴールデンフレンズからスタート。持ち時間50分で11曲を一気に演奏。リードボーカルはロイと小野が分担、コーラスはすべてケイトand/orロイがつけた。以下は曲順とMC要旨。①萩原Steel Guitar SwingーロイTogether Again  SGの名曲とバックオーエンズの佳曲をメドレーで。コーラスなし➁小野Cotton Fields アメリカ南部に広がる綿花畑。舞台はLA州③小野Sing Me Back Home 加州の刑務所での実話。処刑される囚人が仲間のギター弾きに看守を通じて、死ぬ前にと故郷の歌をリクエスト④ロイWild Side Of Life 恋に破れた酒場のギター弾きが、叶わぬ気持ちを歌に託して・・・⑤小野Rednecks White Socks and Blue Ribbon Beer 首筋を赤くした白人労働者が行きつけの酒場で盛り上がる様子を歌う

⑥ロイThe Alabama Woltz 4大ワルツの一つ。ハンク・ウイリアムズの出身州を冠して⑦小野Living On Love 現役カントリースター、Aジャクソンのヒット曲。人生ぜいたくさえしなければ楽しく生きて行ける⑧小野The Cowboy Rides away 同、Gストレートが歌うカウボーイソング。彼女にはカードゲームで勝てない、この地ともおさらばだ⑨ロイWalk Through This World With Me Gジョーンズ(故人)のスローバラード。ふたりで進めば、やがて地平線も見えてくる⑽小野High Cotton AL州のコットンピッキングソング。最高品質の綿花をたたえる⑪小野You Are My Sunshine 日本人にもっともなじみのあるカントリーソング。メンバー紹介をしながら・・・

ブルーグラスチーム3バンドが続く。散歩日和 ちゅうずでぃず オレンジブロッサムワンマイクを囲んでのBG特有のステージングの80分だった。高石ともや流の日本語ブルーグラス、24日に他界したバンジョーの名手JDクロー(84)を偲ぶ曲もあった。大音響のエレキ楽器やドラムスが響くカントリー系と異なり、爽快なアコーステックサウンドが真ん中に入り、癒されるひと時だったとダンサー女子らにも好評だった。

結成16年目のトコダンのデモダンスが始まった。シャナイア・トウエィンの歌に乗せて定番のオープニングダンス、Your Chewing Gum、 Rock This Christmasなどを披露したが、初会場での不慣れか練習不足か、一糸乱れぬラインダンスとは言い切れなかった。

エデイ稲田とミルキーウエイがトリを飾った。稲田バンドは旧MOJOで今年2回の公演歴があり、ここ新店では解放感あふれるパーフォーマンスを展開。所沢のエディ&リリーに会えたうれしさを逆説的に語るなど、持ち前のユーモアでも客席をわかせた。How Long やThe Cowboy Rides Awayなどダンサブルな曲が流れ、稲田ジュニアの剛はドラムを叩きながら歌い、アンコールに応えたAchy Breaky Heartはフィナーレにふさわしく、ダンススペースは満杯になった。 工藤昭太郎マスター、適切な音響操作もありがとうございました。

継承略 ロイ田沢     

写真提供:佐藤久仁子、大庭進、萩原昭

 

 

 

| | コメント (1)

ゴム長ブーツで踊る

Img20211219_09484142   ★元自民党幹事長、武部勤(80)先生の外国人材との共生を説いた著作(写真)を読み終えた。東アジアのハーバードを目指す日越大学のこと、ラグビーのリーチマイケル(父NJ,母フィージー)の日本留学のこと、172万人ものベトナム、インドネシア、比国、タイなどからの就労者が農業、建設、介護、外食分野で活躍中で、中でもベトナム人が45万人と際立っている等々。

実は、小樽フェス運営のため北海道通いをしていた2004年ころ、北見で開催のカントリー音楽&ダンスイベントに出向いたときのこと。地元斜里町出身の先生も参加されていた。ブーツ姿のダンサーたちに交じりゴム長靴でのステップがほほえましかった。同じころ、先生はブランソンを訪問しマイク伊藤のショーを観たようで、このような劇場街も北海道に欲しいねとつぶやかれた由。小樽に腰を落ちつける覚悟があったらと悔やまれる。Too late。ロイ Img20211219_09455936   

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »