« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月の投稿

ギターの修理

Dsc_0052  航空公園ロウバイ満開

2年前にオーバーホールしたマーチンD28のボディ周りのプラ製モールが剥離、いつもの楽器店に持ち込んだものの1週間経つのに修理費と納期の回答がない。督促を兼ね再訪、セカンドギターの弦張りなどメンテを頼み、カポ用ラバー部品を3個分予約した。スタッフによればコロナ禍によるステイホームの影響で古い楽器を弾き始める昔取った杵柄組が急増、同社工房は多忙を極めてるそうだ。

さて同店の入る商業施パルコには自然食品専門店があり完全無添加の干し柿を買い駐輪場に戻るもまたも失せもの、カギがない。買い物をした店のレジ付近で落としたのではと探しに戻ったが見当たらない。やむなくバスで自宅に、スペアキーを手にUターン。遺失物届けのため施設内の防災室に向かう。タイミングよく制服の係員と目が合い、事情を話すとそれらしきものが届いているという。部屋に案内されサインをして一件落着。

思えば発見場所、届けてくれた人など訊くべきだったが、セキュリティ管理の行き届いた当施設に感服の気持ちが先行したようだ。爽快な気分で日課のウオーキングをこなすため航空公園に。そこは透明な薄黄色のロウ梅が満開で、わずかながら紅梅も顔を見せていた。神明社と多門院への初詣でのお賽銭増額のご利益か、お年玉年賀ハガキの3等当選は昨年ゼロに対し、今年は7枚とラッキーが続く。ロイ田沢

 

| | コメント (0)

3回目ワクチン

所沢市からライトブルーの封書で接種案内が届いた15日土曜日、すぐさま指定のコールセンター(すぐつながった)に電話。17日のXXクリニックなら取れるとのことで11:30~12:00を予約。西武池袋線の狭山ヶ丘(徒歩10分)まで行ってきた。玄関を入るなり人また人、受付も待合室も・・。行列中に係に封書をかざしてここでいいのか訊くとワクチンは別会場という。事前案内にも、当日の本館にもサインはない。いわれたまま外に出て特設会場に入ると整然としたエリアが用意されていて受付も速やかに完了、医師の問診、注射もスピーディ。

15分間の様子見を経て無事退出、安堵の一息。それにしても一般病棟の混雑ぶりはコロナ関連の受付も兼ねていたのだろうか。「ワクチン接種特設会場」の案内サインは館内には見当あたらなかった。国の3回目前倒し政策も反映された結果なのだろうか。ともあれ、オミクロン感染の懸念は取り除かれた。とはいえ、何ごとも100%はあり得ない。まだまだ寒さは続くし、浮かれることなく、ライブハウス巡り自粛緩和に舵をきることにしよう。ロイ田沢

| | コメント (0)

第22回京都オープリー

Img20220113_15343193歯科医のカントリーミュージシャン、永富研二が主催代表の主題コンサートの案内が届いた。公立施設だが客席飲食可なので長丁場(09:45~17:30)でもリラックスできたのだが、コロナ禍の中それは叶わない。永富&娘マリのテネシー5やブルーグラスカーネルズは健在の上カントリーダンスも踊れる構成になっているので大いに楽しめることだろう。

問い合わせ&チケットは090-5419-6656(谷岡)まで。

ロイ田沢

| | コメント (0)

横浜にぎわいの正月興行

1月4日、カントリー音楽イベント、タウンホールパーティ(2005ー2019 代表:樋口真一)の会場として通いなれた桜木町・にぎわい座で笑い初めをしてきた。落語は入飲み食い芸連発の滝川鯉昇、見た夢を言わせたい説得役がつぎつぎ代わる話の入船亭扇遊、おとぼけ夫婦漫才の東 京太・ゆめ子、マジカルジャグリングのストレート松浦など。コロナ禍対応で館内飲食禁と分かり、持ち込んだビールは飲めなかったが2時間半はすぐ過ぎた。参加した東京小樽会の面々8人は足どり軽く、すぐ裏手にある野毛山不動尊・成田山横浜別院のお参りに向かった。ロイ田沢

| | コメント (0)

年賀状雑感

コロナ禍のせいで賀状の枚数は増えてるのか。喪中、身辺整理のための辞退通知、所属組織内での欠礼申し合わせなどの自然減はあるものの今年も相当枚数頂戴した。元旦の午前中、おとそ気分で目を通し、友人知人の動静確認ができるのはやはり有難いことである。この年代になると出かけるのは病院にだけですとか、近所をうろつくだけの日々でした、XXで入院してましたのコメントもどこか微笑ましい。パソコン印刷された宛名と文面に添え書きがないのは淋しい。プリント時に数がダブり、そのまま出状されるケースもよくあること。

手にしてうれしいのは毛筆手書き、絵手紙や漫画イラスト入り、幸せそうな家族写真入りのもの。旧年の出来事をまとめたアニュアルレポート調、満月の日々12か月分をデザイン化した創作賀状も保存版の価値ありだ。郵便番号制度が制定された1970年初めに、そのキャンペーンソングとして歌われたカレッジフォーク♪母からの便りの作者、田村守氏からの賀状もバードウオッチング写真でいつも飾られていた。IT時代とはいえ公衆電話と違い、年賀状は激減したり消えることはないだろう。ロイ田沢

| | コメント (0)

謹賀新年2022

Img20211231_10484445  ★あけましておめでとうございます。2006年開設の当ウエブサイト、各地でのカントリーライブレポートをメインに書き続ける所存です。昨年末は2年ぶりにMOJO新店でカントリー&ブルーグラスの会を開催、地元ダンサーとともに無事終えることができました。ラジオ体操&ウオーキングを日課とし、カントリーラインダンス月2回、バレーボールの肩慣らし週1回などで体力維持。昼食はバナナとヨーグルトのみで減量に努め、体重67キロ台キープが目標です。

Roy_20211231114601マーチンD28を抱えた25年前の写真と現在の写真を並べました。1枚はアメリカ南部ルイジアナ州ニューオリンズの地元楽器店で購入した新品をホテルの一室で。もう1枚は先述MOJOで舞台演奏中のもの。ギターは2年前に、島村楽器でオーバーホールしてます。ギタースキルのうんちくは持ちあわせませんが、ライブでは譜面なし(あっても見えない)で歌うようにしてます。これからはフリーランスでカントリー音楽を愛しつづけます。ロイ田沢

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »