カントリー音楽イベント

OCWF

橫浜LPP速報

Simg135



恒例のLily Pickin' Partyが6/18(日)開催され、今年も足を運んだ。橫浜市緑区芸術祭の一環のブルーグラス音楽祭で市の花、ゆりの名を冠している。会場はJR橫浜線中山駅(南口)から5分の緑公会堂(キャパ500席+)。所沢からノンストップで渋谷経由菊名まで1時間、橫浜線乗り換えで20分、アクセスは楽になった。

今年の特徴はブルーグラスが盛んな東北大のOB,OGバンドが2組入るなど、20代から80代まで3世代の出演陣でにぎわい、我が国カントリー界(広義)に明るい展望が示されたことである。来年の20周年記念は大いに期待されるところで、杉崎勇実行委員長(ホストバンドWindsのリーダー)も意気軒昂であった。

Rimg_4043Winds

Fd田中、緒方、杉崎、田口、Md十鳥

Rimg_4035東北大SSB
Fd佐藤、山口、竹内、岩坂、Gt尾崎


Rmg_4047東北大RS
Fd松本、尾崎、渡辺、遠藤、Bj石井

全12バンド、均等に各20分持ち。12:50、今年もオダブル(小田原ブルーグラス研究会)からスタート。ベースはいつもの三浦雅に代わり亀井昭宏が担当。Dark Hollowなど。初登場Smile Strings Band(東北大系)は山口進がギターに替えマンドリンを弾いたが、2年ほどで覚えたという。Gt尾崎達也はがオリジナル曲を若さ溢れる澄んだ声で日本詞で披露。同じく初参加のWheelingはベテランBay Grass(今年不参加)などからのメンバーで構成。Gt田中智津子の歌唱はパワフル、LonsomePineなど。

Gt 丸山佳代やGt遠藤和明のHoney NightsはTarin Long Goneなど。Then &Now EXはバンジョーレスの4人組。Gt 河谷徹孝らのハーモニーはセルダムシーンの雰囲気満点。ドブロの渡辺真人は所沢市民。前半のトリはGt杉崎、Md十鳥まことらのWinds、Hello
Mary Lou でのMa 、Fd、 Bjの軽快な弾き廻し、White Doveの4重唱もすばらしい。

Rimg_4044_2スリトパ
Do五十嵐、小島、井内、石川、梶野、Md朝暮

15分の休憩をはさみ、総合司会コンビ、リリーレンレンの紹介でThree Topersが始まった。女性のドブロ奏者(五十嵐孝子)はまれだが、ベースをDo小島慎司が弾くのも珍しい。My Heart Skips A Beatは原曲(バック・オーエンズ)よりかなりアップテンポ、またPathway Of TeardropsにしてもGt石川麻梨子らのハーモニーはすばらしい。

Country Rabbitsは群馬・栃木方面から参加した5人。東北大系の2番手はRiver The Shuffle。Gt尾崎はSSBと掛け持ち。Fd 松本啓をフィーチャーしたインスト、The Manificent Sevenは、MC尾崎が言うように確かにリズムが難しそう。松本のフィドルにも高度なスキルを感じた。

Rimg_4048尾崎ブラ
祇園、郁子、中村、恒、恭、小島

“かろうじて生きてます”と元気な声がヤスシ(86)とヒサシ(84)から。AH奥野郁子の歌唱のあと、尾崎ブラザーズの舞台挨拶に長寿を祝す客席がざわついた。介護班長のGt笹部益生の姿はなかったが 小島慎司らは付き添っているがAre Washed In The Bloodは健在。初お披露目というBefore I Met Youのデュオもまた心に響いた。プログラムにあったが省かれた”星を見つめないで”はいずれぜひ聴かせてほしい。

痛恨の極みで、残すJ プロRiver Of Timeは聴けずに会場をあとに。前者はまた小金井(9/16フラワーホール)や所沢(1/13TCMミューズ)などでの機会があり、後者の自作英詞曲Beautiful LfeはLPP20周年の楽しみに残しておきたい。
本間正敏のNessie Expeditionも今年は不在だったが、またどこかで。なおプログラムにはブルーグラス7弦楽器の写真と解説が記載される心憎いファンサービスも。

敬称略 (リポート:ロイ田沢)

写真:高松昭

| | コメント (0)

6/11 青梅WMJ 速報

昭和レトロの街、青梅市の名物音楽イベントになった青梅ウエスト・マウンテン・ジャンボリー(WMJ、主催代表:伊藤哲夫)の会場は、いつもの青梅駅前の喫茶「ここから」。昨年、所沢カントリーミーティング(TCM)ホストバンドで参加のGreat Valley Boysは、諸事情でバンド名をRoy&Golden Friendsしてデビューさせていただいた。

Simg134
Wmjアキラバンド

開演11:00から終演16:30までカントリーバンドAkira & Friendsからポップスのちゃきまみほバンドまで全9団体が出演。ダンサーは3団体ほど。会費は出演者、一般客とも一律¥1000。今年はセルフサービスのソフトドリンクスが無料だった。

トップのアキラバンドは嶋崎あきらがThink Of Meを歌えば、ひとみがベースを弾きながらUnder Your Spell Againなど。彼女は弦楽器のほとんどを弾ける。夫の朝日信夫はドラムスを叩いた。2番手は青梅の街おこしに貢献少なからずの天才ばあぼんず。前夜祭のあと、市内公民館に泊まり込んで本番に臨んだ。Tiger By The Tailなどダンサー受けする曲を連発した。なお、当バンドは来春1/13の所沢市民文化センターミューズでの拡大TCMに出演する。

Img_5477ロイバンド


カントリーバンドの最後はRoy&GF。ドラムス(竹井大輔)とEB(リッキー長房)はいわばお友達。今年はトコダンからリーダー林ちひろなど6名参加したが、その一人、ケートがボーカリストとして新加入。SG萩原昭、EG野村義男とロイはそのままの布陣。TCM幹事の大庭進がゲストで1曲歌った。

Img_5479一日中(Once A Day)を歌う


演目はテーマのSteel Guiter Swing(萩原)/Together Again(ロイ)、Sing Me Back Home、Once A Day(ケート)、Crying My Heart Out Over You、 カントリーロード(野村)、母からの便り(野村)、We'll Meet Again Sweetheart (大庭)、I  Never Go Around Mirrors、メンバー紹介をしながらYour Cheatin' Heartでおしまい。

昨年、この舞台で元気にEBを弾き、きれいなハイテナーハーモニーをつけてくれたリュウ佐藤を同年11月に急病で失い、2015年にはEBの山田雅春も他界しており、2012年には所沢のジミー時田と敬愛されたSGジョン大谷が逝った。Great(大)Valley(谷)Boysを立ち上げた人だった。今年1月にTCM10周年記念を無事終えた節目にバンド名を変えたのはこんな事情からでもあった。

このあとモダンフォークのThe Welkinsなど6バンドの演奏があり、打ち上げも用意されていたようだったがお先に失礼させていただいた。WMJは今回で8年目を迎え、当会場では3回目。料金も手ごろ、アクセスよく、キャパ、音響、ダンスフロアーも充分あり、回を重ねてほしいイベントだ。

敬称略  (リポート:ロイ田沢)

写真:萩原昭、野村義男

| | コメント (0)

マイク伊藤から追報

今回演奏した場所はアイゼンハワー大統領が育った町、カンサス州、アビリーン。アイゼンハワーが功績を残したノルマンディ上陸作戦(Dーday)の記念日とテキサスからアビリーンに続く牛を追った道、チズム道の150年記念も重なり、そこで野外演奏しました。四千人に達する観客数。

バックにサライナ交響楽団。カントリーミュージシャンとしてはシンフォニーとの共演は大変珍しいことです。レイ・プライスなどは時々シンフォニーを使って公演していました。

今回レイ・プライスのナンバーI would rather be sorryも入れて合計8曲演奏しました。スタンディング・オーベーションを受けることができました。

 

 

9月の予定は9月2日は妙高高原。4日赤坂カントリーハウス。6日銀座タクト。8日高田馬場ローンスター、11日目黒リトルテキサス。

以上マイク伊藤からです。ロイ田沢

| | コメント (0)

マイク伊藤、カンザス州で

6_3_176_3_2017



Img_2073_2Img_2076
来春の所沢カントリーミーティング(TCM)に2度目の出演が決まっているマイク伊藤(ミズリー州ブランソン在住)は6/3にアメリカ中西部のカンザス州アビリーンにあるアイゼンハワー記念館の野外コンサートでフルオーケストラをバックに演奏したと連絡が入りました。聴衆は約4000人。今年からフリーランスになったため、9月に来日、数カ所で公演予定です。

記 ロイ田沢

写真提供:マイク伊藤

| | コメント (0)

池袋フォーク&カントリーフェス速報

Img_20170603_144739Dsc03458a

池袋駅西口、東京芸術劇場真ん前の公園広場で恒例の青空フェスの第12回目に初参加した。初日6/3(土)はカントリーで片山誠史(41)らの司会で10:00からスタート。好天に恵まれ、関東一円と東北各地のグルメ食品や銘酒の出店もにぎわった。13:25~はブルーグラスのサニーレタス。サウスポーマンドリン奏者のバンマス、アンディ橋場はカントリーになじみの薄い観衆に向け、ブルーグラスとカントリーの違いを分かりやすく説明した。

Img_20170603_143357左:タカシ小野と筆者


17:50~大トリステージにケイコ・ウオーカーが登場、Long Gone Lonesome Blues 、My Shoes Keep Walkin' Back To You、 Two More Bottles Of Wineほかをギターの玉三郎などをバックに歌った。片山はオハコのヨーデルを駆使してWaiting For A Trainやスイスの娘で沸かせた。通しで10バンドほどだったがスチールの音色は聴けなかった。カントリーダンサーたちは高さが適切な舞台の真ん前で踊り華を添えた。2日目はフォークでなぎら健壱も出演する。

Dsc03466a_2ケイコ

Dsc03468a_2セイジ

敬称略 リポート:ロイ田沢

写真:藤川寿夫、小野孝司

| | コメント (0)

BG☆PCとAsh Groveが銀座で

今月の銀座老舗ライブハウス・ロッキートップでは、次回所沢カントリーミーティング(TCM)に初参加するブルーグラスバンドが2つ出演します。

S左:染田屋

6/21(水)ブルーグラスポリス
リーダー染田屋光高は北大ブル研OB、TCMの先行イベント、小樽フェス(2004~09年)に当時の現役チーム、Star's Dreamとして6年連続参加、農学部院卒後ビール大手に就職、ブル研仲間と耳夢(ミミム)を結成、仙台、大阪、東京と活躍、2010年にBG☆PCを立ち上げた。染田屋Gt、桑原達也Bj、平泉友誠(トモナリ)Bs、若林ゆう子Fd、星川慧(サトシ)Md。桑原は橫浜バンジョーコンテスト優勝歴。若林は神戸大ブル研出身。星川も北大ブル研OB。

Ash_grove_4Md北農

6/30(金)アッシュ グローブ 
我が国ウエストコーストブルーグラスの旗手、結成1994年。リーダー・ディッキー北農Md/Vo、山本喜允Gt/Vo、原さとしBj/Vo、三上太茂都Bsの4人編成。バンド名はメンバーがこよなく愛する本場のケンタッキー・カーネルズが出演していたロスアンジェルスのライブハウスに由来する。

なお、第11回TCMは1/13に所沢市民文化センターミューズ・ミューズ中ホールで開催。ブルーグラスバンドはほかに、木村孔次率いるJプロジェクトなど。

敬称略:  記 ロイ田沢

| | コメント (0)

杏ふるやバンドご紹介

Fullsizer

第11回所沢カントリーミーティング(TCM)の出演バンドとしてMickey&Killersも決まりました。メンバーは
ミッキー(Vo)
キム(EG&Vo)
杏(Dr、Per&Vo)
グーフィー(EB)
ドナルド(EG)
エルビス・プレスリーなど1950年代のロカビリー曲を中心にミッキーマウス軍団が大騒ぎいたします。

記 ロイ田沢

| | コメント (0)

おもしろい写真

FullsizerenderWベース(bass)を盗んで逃げると塁(base)を盗むをかけたジョーク

バージニア州のブルーグラス教師、旧知のマーク・マジオロ氏が送信してくれました。野球とルーツミュージックの大国ならではの発想。ロイ田沢

| | コメント (0)

5/20 第8回FHJ 速報

18519554_1383937718355491_681953639SG萩原、歌エマ


18620160_1383937781688818_63737603518556259_1383938075022122_250378488

松本チーム、酒見チーム、赤羽チーム



JR武蔵小金井の民間ホールで奇数月第3土曜日に開催されるカントリー&カントリーダンスイベント、フラワーホールジャンクション(主催:エディ稲田)の8回目は夕刻5時から9時までにぎわった。なにせ駅から徒歩4分、ワンドリンク付きで¥1000のお手頃参加料とあってこの日も満席。一色平一郎のへーちゃんバンドからエディのミルキーウイウエイまで計7バンドが、中央沿線などからのダンサーたちの踊りを前に熱演。所沢カントリーミーティング(TCM)の幹事を始め常連ミュージシャンやダンサーも多数参加した。

18527643_1383937978355465_703176906タウンホールクラブの樋口眞一(右)も団員の応援のため橫浜から参加


敬称略  ロイ田沢

写真:萩原昭

| | コメント (0)

カントリー川柳

Simg129
L-R 願法さん、大塚さん

所沢の拙宅の近所に、川柳人 願法みつる(埼玉川柳社代表・所沢市川柳連盟会長)がおられます。航空自衛隊のOBで、所沢カントリーミーティング(TCM)鑑賞の常連です。

同氏とロイとの話し合いの中から、愉快な事実が判りました。実は、鎌倉FMの大塚哲夫氏(おやじのカントリー担当DJ)が、願法氏の高校時代の友人だったということです。もっともご本人は、悪友だったとのべておられますが・・・。そんなお二人が昨年、卒業以来60年振りに再会「写真」したそうです。お互いに高校卒業以来の人生については、全く存じなかったといいます。

願法みつる氏はご多忙な本格川柳の活動家ですが、TCM鑑賞がてらカントリー讃歌的な川柳を寄せて下さいました。カントリー川柳とでも言えるでしょうか。そんな中から少しばかり紹介させて頂きます。ロイ田沢

1.ウエスタンブーツに隠す脚線美

 2.ごった煮のジャンバラヤで肩を組み

 3.腹の出た牧童然とギター抱く

 4.フィナーレは永遠の絆と決まってる

 5.バックルが天下御免の家宝だぜ

 6.街中じゃ一寸は目立つデカハット

 7.アイソーザライトで締める大ホール

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

カントリー音楽イベント